コリント人への第二の手紙11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 わたしがすこしばかりおろかなことをうのを、どうか、しのんでほしい。もちろんしのんでくれるのだ。

    2 わたしはかみねつじょうをもって、あなたがたを熱愛ねつあいしている。あなたがたを、きよいおとめとして、ただひとりの男子だんしキリストにささげるために、婚約こんやくさせたのである。

    3 ただおそれるのは、エバがへびの悪巧わるだくみで誘惑ゆうわくされたように、あなたがたのおもいがけがされて、キリストにたいする純情じゅんじょう貞操ていそうとをうしないはしないかということである。

    4 というのは、もしあるひとがきて、わたしたちがつたえもしなかったようなことなるイエスをつたえ、あるいは、あなたがたがけたことのないちがったれいけ、あるいは、けいれたことのないちがった福音ふくいん場合ばあいに、あなたがたはよくもそれをしのんでいる。

    5 事実じじつ、わたしは、あの大使徒だいしとたちにいささかもおとってはいないとおもう。

    6 たとい弁舌べんぜつはつたなくても、知識ちしきはそうでない。わたしは、ことごとに、いろいろの場合ばあいに、あなたがたにたいしてそれをあきらかにした。

    7 それとも、あなたがたをたかめるために自分じぶんひくくして、かみ福音ふくいんあたいなしにあなたがたにつたえたことが、つみになるのだろうか。

    8 わたしはしょ教会きょうかいをかすめたとわれながらかねで、あなたがたに奉仕ほうしし、

    9 あなたがたのところにいて貧乏びんぼうをしたときにも、だれにも負担ふたんをかけたことはなかった。わたしの欠乏けつぼうは、マケドニヤからきた兄弟きょうだいたちが、おぎなってくれた。こうして、わたしはすべてのことにつき、あなたがたに重荷おもにわせまいとつとめてきたし、今後こんごつとめよう。

    10 わたしのうちにあるキリストの真実しんじつにかけてう、このほこりがアカヤ地方ちほうふうじられるようなことは、けっしてない。

    11 なぜであるか。わたしがあなたがたをあいしていないからか。それは、かみがごぞんじである。

    12 しかし、わたしは、現在げんざいしていることを今後こんごもしていこう。それは、わたしたちとおなじようにほこりうるようと機会きかいをねらっているものどもから、その機会きかいってしまうためである。

    13 こういう人々ひとびとはにせ使徒しとひとをだますはたらびとであって、キリストの使徒しと擬装ぎそうしているにすぎないからである。

    14 しかし、おどろくにはおよばない。サタンもひかり天使てんし擬装ぎそうするのだから。

    15 だから、たといサタンのしたどもが、奉仕者ほうししゃのように擬装ぎそうしたとしても、不思議ふしぎではない。かれらの最期さいごは、そのしわざにったものとなろう。

    16 かえしてうが、だれも、わたしをおろものおもわないでほしい。もしそうおもうなら、おろものあつかいにされてもよいから、わたしにも、すこほこらせてほしい。

    17 いまうことは、しゅによってうのではなく、おろもののように、自分じぶんほこりとするところをしんじきってうのである。

    18 おおくのひとにくによってほこっているから、わたしもほころう。

    19 あなたがたはかしこひとたちなのだから、よろこんでおろものしのんでくれるだろう。

    20 実際じっさい、あなたがたは奴隷どれいにされても、たおされても、略奪りゃくだつされても、いばられても、かおをたたかれても、それをしのんでいる。

    21 うのもずかしいことだが、わたしたちはよわすぎたのだ。もしあるひとがあえてほこるなら、わたしはおろものになってうが、わたしもあえてほころう。

    22 かれらはヘブルびとなのか。わたしもそうである。かれらはイスラエルびとなのか。わたしもそうである。かれらはアブラハムの子孫しそんなのか。わたしもそうである。

    23 かれらはキリストのしもべなのか。わたしはくるったようになってう、わたしはかれ以上いじょうにそうである。苦労くろうしたことはもっとおおく、投獄とうごくされたことももっとおおく、むちたれたことは、はるかにおびただしく、めんしたこともしばしばあった。

    24 ユダヤじんから四十に一つりないむちをけたことが五

    25 ローマじんにむちでたれたことが三いしたれたことが一度いちど難船なんせんしたことが三、そして、一昼夜いっちゅうやうみうえただよったこともある。

    26 いくたびもたびをし、かわなん盗賊とうぞくなん同国民どうこくみんなん異邦人いほうじんなん都会とかいなん荒野あらのなん海上かいじょうなん、にせ兄弟きょうだいなんい、

    27 ろうくるしみ、たびたびねむられぬよるごし、えかわき、しばしば食物しょくもつがなく、さむさにこごえ、はだかでいたこともあった。

    28 なおいろいろのことがあったほかに、日々ひびわたしにせまってしょ教会きょうかい心配しんぱいごとがある。

    29 だれかがよわっているのに、わたしもよわらないでおれようか。だれかがつみおかしているのに、わたしのこころえないでおれようか。

    30 もしほこらねばならないのなら、わたしは自分じぶんよわさをほころう。

    31 永遠えいえんにほむべき、しゅイエス・キリストのちちなるかみは、わたしがいつわりをっていないことを、ごぞんじである。

    32 ダマスコでアレタおうだいかんが、わたしをとらえるためにダマスコびとまち監視かんししたことがあったが、

    33 そのときわたしはまどからまち城壁じょうへきづたいに、かごでつりろされて、かれからのがれた。