コリント人への第二の手紙8
戻る 次へ

第8章

1 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちはここで、マケドニヤのしょ教会きょうかいあたえられたかみめぐみを、あなたがたにらせよう。

2 すなわち、かれらは、患難かんなんのためにはげしい試錬しれんをうけたが、そのちあふれるよろこびは、極度きょくどまずしさにもかかわらず、あふれしみなくほどことみとなったのである。

3 わたしはあかしするが、かれらはちからおうじて、いなちから以上いじょうほどこしをした。すなわち、みずかすすんで、

4 聖徒せいとたちへの奉仕ほうしくわわるめぐみにあずかりたいと、わたしたちに熱心ねっしんねがて、

5 わたしたちの希望きぼうどおりにしたばかりか、自分じぶん自身じしんをまず、かみのみこころにしたがって、しゅにささげ、また、わたしたちにもささげたのである。

6 そこで、この募金ぼきんをテトスがあなたがたのところで、すでにはじめた以上いじょう、またそれを完成かんせいするようにと、わたしたちはかれすすめたのである。

7 さて、あなたがたがあらゆることがらについてんでいるように、すなわち、信仰しんこうにも言葉ことばにも知識ちしきにも、あらゆるねつじょうにも、また、あなたがたにたいするわたしたちのあいにもんでいるように、このめぐみのわざにもんでほしい。

8 こうっても、わたしは命令めいれいするのではない。ただ、ひとたちのねつじょうによって、あなたがたのあい純真じゅんしんさをためそうとするのである。

9 あなたがたは、わたしたちのしゅイエス・キリストのめぐみをっている。すなわち、しゅんでおられたのに、あなたがたのためにまずしくなられた。それは、あなたがたが、かれまずしさによってものになるためである。

10 そこで、わたしは、このめぐみのわざについて意見いけんべよう。それがあなたがたのえきになるからである。あなたがたはこのことを、昨年さくねん以来いらいほかさきんじて実行じっこうしたばかりではなく、それをねがっていた。

11 だからいま、それをやりとげなさい。あなたがたがこころからねがっているように、っているところにおうじて、それをやりとげなさい。

12 もしこころからねがってそうするなら、たないところによらず、っているところによって、かみけいれられるのである。

13 それは、ほかの人々ひとびとらくをさせて、あなたがたに苦労くろうをさせようとするのではなく、ものひとしくするためである。

14 すなわち、いま場合ばあいは、あなたがたの余裕よゆうがあのひとたちの欠乏けつぼうおぎない、のちには、かれらの余裕よゆうがあなたがたの欠乏けつぼうおぎない、こうしてひとしくなるようにするのである。

15 それは「おおものあまることがなく、すこししかなかったものりないことはなかった」といてあるとおりである。

16 わたしがあなたがたにたいしてっているおなねつじょうを、テトスのこころにもあたえてくださったかみ感謝かんしゃする。

17 かれはわたしのすすめをけいれ、そしてさら熱心ねっしんになって、自分じぶんからすすんであなたがたのところにった。

18 わたしたちはまた、テトスと一緒いっしょに、ひとりの兄弟きょうだいおくる。この兄弟きょうだい福音ふくいん宣伝せんでんうえたほまれは、すべての教会きょうかいきこえているが、

19 そのうえ、かれは、しゅ自身じしん栄光えいこうがあらわれるため、また、わたしたちの好意こういしめすために、ほねっておくものあつめているわたしたちの同伴者どうはんしゃとして、しょ教会きょうかいからえらばれたのである。

20 そうしたのは、わたしたちがあつめているこの寄附きふきんのことについて、ひとにかれこれわれるのをけるためである。

21 わたしたちは、しゅのみまえばかりではなく、ひとまえでも公正こうせいであるように、くばっているのである。

22 また、もうひとりの兄弟きょうだいかれらと一緒いっしょおくる。わたしたちは、おおくのことについてかれ熱心ねっしんであったことを、たびたびみとめた。かれいま、あなたがたを非常ひじょう信頼しんらいして、ますます熱心ねっしんになっている。

23 テトスについてえば、かれはわたしの仲間なかまであり、あなたがたにたいするわたしの協力者きょうりょくしゃである。この兄弟きょうだいたちについてえば、かれらはしょ教会きょうかい使者ししゃ、キリストの栄光えいこうである。

24 だから、あなたがたのあいと、また、あなたがたについてわたしたちがいだいているほこりとが、真実しんじつであることを、しょ教会きょうかいまえかれらにあかししていただきたい。