ヘブル人への手紙
    脚注
    Theme

    ヘブル人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​1​書。パウロ​は,モーセ​の​律法​の​重要​な​部分​が​キリスト​に​あって​成就​し,さらに​高度​な​キリスト​の​福音​の​律法​が​それ​に​取って​代わった​こと​を​説き​教える​ため​に,この​手紙​を​ユダヤ人​の​教会員​に​書き​送った。パウロ​は​3​度​目​の​伝道​を​終えて​エルサレム​に​戻った​とき(紀元​60​年​ごろ),多く​の​ユダヤ人​教会員​が​まだ​モーセ​の​律法​に​固執​して​いる​の​を​見た(使徒​21:20)。これ​は,エルサレム​に​おける​教会​の​大会​で,モーセ​の​律法​の​幾つか​の​儀式​は​異邦人​の​クリスチャン​の​救い​に​不必要​で​ある​と​の​決議​が​されて​から​少なくとも​10​年​後​の​こと​で​あった。パウロ​は​それから​間​も​なく,ヘブライ人(ヘブル人)に​あてて​手紙​を​書き,彼ら​の​聖書​と​確か​な​根拠​に​基づいて,もはや​モーセ​の​律法​に​従う​必要​が​ない​理由​を​明らか​に​した。

    第 1-2章​には,イエス​が​天使​より​も​偉大​な​御方​で​ある​こと​が​説かれて​いる。第 3-7章​は,イエス​を​モーセ​ならびに​モーセ​の​律法​と​比較​し,イエス​が​その​いずれ​より​も​偉大​で​ある​こと​をあかしして​いる。また,メルキゼデク​神権​が​アロン​神権​より​も​偉大​で​ある​こと​を​教えて​いる。第 8-9章​は,モーセ​の​律法​の​下​で​定められて​いた​事柄​が​民​を​キリスト​の​御​業​に​備え​させた​こと,また​キリスト​が​新しい​聖約​の​仲保者ちゅうほしゃ​で​ある​こと​を​説いて​いる(アル 37:38-45教義 84:21-24)。第 10章​は,熱心​な​働き​と​信仰​の​奨励​で​ある。第 11章​は​信仰​に​関する​説教​で​ある。第 12章​には,勧告​と​あいさつ​の​言葉​が​記されて​いる。第 13章​には,結婚​が​尊ばれる​べき​もの​で​ある​こと,また​従順​の​大切さ​が​記されて​いる。