学習ヘルプ
士師記
戻る 次へ

士師記

『旧約聖書』の中の1書。士師記は,ヨシュアの死からサムエルの誕生に至るまでのイスラエル人を扱ったものである。

第1-3章は,士師記全体の序に当たり,イスラエル人が敵をことごとく追い出すことをしなかったために(士師1:16-35),信仰の喪失,不信者との結婚,偶像礼拝という結果を招いてしまったことが説明されている。第4-5章には,イスラエルをカナン人から救ったデボラとバラクの話が記されている。第6-8章は,主の祝福を受けてイスラエルをミデアン人から救った,信仰を鼓舞するギデオンの話である。第9-12章には,イスラエルの民のほとんどが背教し,異国の支配者により治められていたときにイスラエルの士師として働いた幾人かの話が載せられている。第13-16章には,最後の士師サムソンの隆盛と衰亡が描かれている。最後の第17-21章は付録に相当するもので,イスラエルの罪の深さを明らかにしている。