ヤコブ(リーハイ​の​息子)
    脚注
    Theme

    ヤコブ(リーハイ​の​息子)

    『モルモン書』の​中​の​預言者。ニーファイ第二書​と​ヤコブ書​に​記されて​いる​幾つか​の​説教​の​著者(2ニフ 6-11章ヤコ 1-7章)。

    ヤコブ書

    『モルモン書』の​3​番​目​の​書。第 1章​には,ニーファイ​が​ヤコブ​に​記録​を​渡し,その後​ヤコブ​と​その​弟​ヨセフ​を​民​を​導く​祭司​と​教師​に​任じた​こと​が​記されて​いる。第 2-4章​は,道徳的​に​清く​ある​よう​に​民​を​諭す​説教​で​ある。ヤコブ​は​また,人類​を​あがなう​メシヤ​の​来臨​に​ついて​教え,イスラエル​の​民​の​中​に​地上​に​来る​メシヤ​を​受け入れよう​と​しない​人々​が​いる​理由​を​挙げて​いる。第 5-6章​には,イスラエル​の​民​の​歴史​と​使命​に​関する​預言的​な​比喩ひゆ​と​ヤコブ​のあかしが​記されて​いる。第 7章​には,シーレム​と​いう​博学​な​反抗​者​に​ついて​の​話​が​載って​いる。シーレム​は​ヤコブ​の​神聖​なあかしに​打ち​負かされた。