申命記
    脚注
    Theme

    申命記

    「律法​の​写し」の​意味​が​ある。『旧約​聖書』の​5​番​目​の​書。

    申命記​には,モーセ​が​身​を​変えられる​直前​に​モアブ​の​地​で​話した​最後​の​3つ​の​説教​が​載って​いる。最初​の​説教(第 1-4章)は​導入​で​ある。第 2​の​説教(第 5-26章)は​次​の​二つ​の​部分​から​成って​いる。(1)第 5-11章:十戒​と​その​実践​的​説明。(2)第 12-26章:申命記​全体​の​核​と​なる​律法​の​規定。第 3​の​説教(第 27-30章)には,イスラエル​と​神​の​間​の​聖約(契約)の​厳粛​な​更新,また​従順​に​伴う​祝福​と​不​従順​の​招く​のろい​に​関する​記述​が​ある。第 31-34章​には,律法​が​レビ人​に​渡された​こと,また​モーセ​の​歌​と​最後​の​祝福,モーセ​の​最期​が​記されて​いる。