ローマ人への手紙
    脚注
    Theme

    ローマ人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​1​書。パウロ​が​ローマ​の​聖徒​たち​に​書き​送った​手紙。パウロ​は​エルサレム​へ​行く​こと​を​考えて​いた​が,その​旅​が​危険​な​もの​と​なる​の​は​確実​で​あった。パウロ​は​危機​を​脱したら,その​後​で​ローマ​に​行く​こと​を​望んで​いた。この​手紙​には,ローマ​に​着いた​とき​に​自分​を​受け入れる​備え​を​教会員​に​させる​意図​が​含まれて​いた。また​この​手紙​には​論争​の​的​に​なって​いた​幾つか​の​教義​に​関する​明確​な​主張​が​載って​いる​と​考えられて​いる。パウロ​は​それら​の​問題​に​ついて​は​最終​的​な​決着​が​ついて​いる​と​考えて​いた。

    第 1章​には,ローマ人​へ​の​パウロ​の​あいさつ​が​書かれて​いる。第 2-11章​で​は,信仰​や​行い,あわれみの​教義​に​ついて​幾つか​の​主張​が​なされて​いる。第 12-16章​には,愛,義務,きよさ​に​ついて​の​実際​的​な​教え​が​述べられて​いる。

    True