学習ヘルプ
ダニエル
戻る 次へ

ダニエル

『旧約聖書』のダニエル書の中の人物。神の預言者であり,偉大な信仰の人であった。

貴族の出身と思われるが(ダニ1:3),その両親については何も知られていない。ダニエルはとりことしてバビロンへ連れて行かれ,そこでベルテシャザルと名付けられた(ダニ1:6-7)。ダニエルと他の3人のとりこは,宗教上の理由から王の食物を拒んだ(ダニ1:8-16)。

ダニエルは夢を解き明かす能力によって,ネブカデネザルとダリヨスのちょうあいを得た(ダニ246章)。彼はまた壁に指で描かれた文字を読み,解き明かした(ダニ5章)。ダニエルは敵意を持つ者たちの策略によって,ししの穴に投げ入れられたが,主にその命を守られた(ダニ6章)。

ダニエル書

この書は二つに区分される。第1-6章はダニエルとその3人の同輩に関する物語,第7-12章はダニエルが見た預言的な示現である。ダニエル書は神に忠実であることの大切さを教え,主が忠実な者を祝福されることを説いている。

ダニエル書が大きく貢献しているのは,ネブカデネザル王の夢の解き明かしが記されていることである。その夢の中では,終わりの時における神の王国が,山から切り出される石として描かれている。その石は転がり進んで,やがて全地に満ちるであろう(ダニ2章教義65:2)。