学習ヘルプ
公式の宣言二
戻る 次へ

公式の宣言二

神権がだれに授けられるかについての教義的な声明。『教義と聖約』の末尾に掲載されている。1978年6月の初めに,主はスペンサー・W・キンボール大管長に,神権が教会のすべてのふさわしい男性会員に授けられることを啓示された。これによって,人種や肌の色にかかわりなく,すべてのふさわしい男性が神権を受けることができ,またすべてのふさわしい会員が神殿の祝福にあずかれるようになった。1978年9月30日,この宣言は教会の総大会において提示され,全会一致で受け入れられた。