教義と聖約
    脚注
    Theme

    教義と聖約

    末日​に​おける​神​の​啓示​と​霊感​に​よる​宣言​を​集めた​書。主​は​それら​を,終わり​の​時​に​神​の​王国​を​地上​に​設立​し​治める​ため​に,ジョセフ・スミス​と​その​継承​者​たち​に​与えられた。『教義と聖約』は,『聖書』『モルモン書』『高価な真珠』と​ともに,末日​聖徒​イエス・キリスト​教会​の​標準​聖典​の​一つ​に​数えられて​いる。しかし,昔​の​記録​の​翻訳​で​は​ない​と​いう​点​で,『教義と聖約』は​特異​な​聖典​で​ある。主​は​神​の​王国​を​回復​する​ため​に,近代​の​選ばれた​預言者​たち​に​啓示​を​与えられた​の​で​ある。これら​の​啓示​を​読む​人​には,主​イエス・キリスト​の​優しい,それ​で​いて​確固​と​した​声​が​聞こえて​くる(教義 18:35-36)。

    預言者​ジョセフ・スミス​は,『教義と聖約』は​終わり​の​時​に​おける​教会​の​基​で​あり,世​に​益​を​もたらす​もの​で​ある​と​語った(教義 70章​の​前書き)。『教義と聖約』に​含まれる​啓示​は,世界​が​始まって​以来​預言者​たち​に​よって​語られた​すべて​の​言葉​を​成就​する​もの​として,主​の​再臨​に​道​を​備える​業​を​開始​する​もの​と​なった。