ルカによる福音書22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 さて、過越すぎこしといわれている除酵祭じょこうさいちかづいた。

    2 祭司長さいしちょうたちや律法りっぽう学者がくしゃたちは、どうかしてイエスをころそうとはかっていた。民衆みんしゅうおそれていたからである。

    3 そのとき、十二弟子でしのひとりで、イスカリオテとばれていたユダに、サタンがはいった。

    4 すなわち、かれ祭司長さいしちょうたちや宮守みやもりがしらたちのところへって、どうしてイエスをかれらにわたそうかと、その方法ほうほうについて協議きょうぎした。

    5 かれらはよろこんで、ユダにかねあたえる取決とりきめをした。

    6 ユダはそれを承諾しょうだくした。そして、群衆ぐんしゅうのいないときにイエスをわたそうと、機会きかいをねらっていた。

    7 さて、過越すぎこし小羊こひつじをほふるべき除酵祭じょこうさいがきたので、

    8 イエスはペテロとヨハネとを使つかいにしてわれた、「って、過越すぎこし食事しょくじができるように準備じゅんびをしなさい」。

    9 かれらはった、「どこに準備じゅんびをしたらよいのですか」。

    10 イエスはわれた、「市内しないにはいったら、みずがめをっているおとこ出会であうであろう。そのひとがはいるいえまでついてって、

    11 そのいえ主人しゅじんいなさい、『弟子でしたちと一緒いっしょ過越すぎこし食事しょくじをする座敷ざしきはどこか、と先生せんせいっておられます』。

    12 すると、その主人しゅじんせきととのえられた二かい広間ひろませてくれるから、そこに用意よういをしなさい」。

    13 弟子でしたちはってみると、イエスがわれたとおりであったので、過越すぎこし食事しょくじ用意よういをした。

    14 時間じかんになったので、イエスは食卓しょくたくにつかれ、使徒しとたちもともせきについた。

    15 イエスはかれらにわれた、「わたしはくるしみをけるまえに、あなたがたとこの過越すぎこし食事しょくじをしようと、せつのぞんでいた。

    16 あなたがたにってくが、かみくに過越すぎこし成就じょうじゅするときまでは、わたしは二と、この過越すぎこし食事しょくじをすることはない」。

    17 そしてさかずきり、感謝かんしゃしてわれた、「これをって、たがいけてめ。

    18 あなたがたにっておくが、いまからのちかみくにるまでは、わたしはぶどうのからつくったものを、いっさいまない」。

    19 またパンをり、感謝かんしゃしてこれをさき、弟子でしたちにあたえてわれた、「これは、あなたがたのためにあたえるわたしのからだである。わたしを記念きねんするため、このようにおこないなさい」。

    20 食事しょくじののち、さかずきおなようにしてわれた、「このさかずきは、あなたがたのためにながすわたしのてられるあたらしい契約けいやくである。

    21 しかし、そこに、わたしを裏切うらぎものが、わたしと一緒いっしょ食卓しょくたくいている。

    22 ひとさだめられたとおりに、ってく。しかしひと裏切うらぎるそのひとは、わざわいである」。

    23 弟子でしたちは、自分じぶんたちのうちのだれが、そんなことをしようとしているのだろうと、たがいろんじはじめた。

    24 それから、自分じぶんたちのなかでだれがいちばんえらいだろうかとって、争論そうろんかれらのあいだに、おこった。

    25 そこでイエスがわれた、「異邦いほうおうたちはそのたみうえ君臨くんりんし、また、権力けんりょくをふるっているものたちは恩人おんじんばれる。

    26 しかし、あなたがたは、そうであってはならない。かえって、あなたがたのなかでいちばんえらひとはいちばんわかもののように、指導しどうするひとつかえるもののようになるべきである。

    27 食卓しょくたくにつくひと給仕きゅうじするものと、どちらがえらいのか。食卓しょくたくにつくひとほうではないか。しかし、わたしはあなたがたのなかで、給仕きゅうじをするもののようにしている。

    28 あなたがたは、わたしの試錬しれんのあいだ、わたしと一緒いっしょ最後さいごまでしのんでくれたひとたちである。

    29 それで、わたしのちちくに支配しはいをわたしにゆだねてくださったように、わたしもそれをあなたがたにゆだね、

    30 わたしのくに食卓しょくたくについていをさせ、またくらいしてイスラエルの十二の部族ぶぞくをさばかせるであろう。

    31 シモン、シモン、よ、サタンはあなたがたをむぎのようにふるいにかけることをねがってゆるされた。

    32 しかし、わたしはあなたの信仰しんこうがなくならないように、あなたのためにいのった。それで、あなたがなおったときには、兄弟きょうだいたちをちからづけてやりなさい」。

    33 シモンがった、「しゅよ、わたしはごくにでも、またいたるまでも、あなたとご一緒いっしょ覚悟かくごです」。

    34 するとイエスがわれた、「ペテロよ、あなたにっておく。きょう、にわとりくまでに、あなたは三わたしをらないとうだろう」。

    35 そしてかれらにわれた、「わたしが財布さいふふくろもくつもたせずにあなたがたをつかわしたとき、なにかこまったことがあったか」。かれらは、「いいえ、なにもありませんでした」とこたえた。

    36 そこでわれた、「しかしいまは、財布さいふのあるものは、それをってけ。ふくろ同様どうようってけ。また、つるぎのないものは、自分じぶん上着うわぎって、それをうがよい。

    37 あなたがたにうが、『かれ罪人つみびとのひとりにかぞえられた』としるしてあることは、わたしのしとげられねばならない。そうだ、わたしにかかわることは成就じょうじゅしている」。

    38 弟子でしたちがった、「しゅよ、ごらんなさい、ここにつるぎが二りございます」。イエスはわれた、「それでよい」。

    39 イエスはて、いつものようにオリブやまかれると、弟子でしたちもしたがってった。

    40 いつもの場所ばしょいてから、かれらにわれた、「誘惑ゆうわくおちいらないようにいのりなさい」。

    41 そしてご自分じぶんは、いしげてとどくほどはなれたところへ退しりぞき、ひざまずいて、いのってわれた、

    42 ちちよ、みこころならば、どうぞ、このさかずきをわたしからりのけてください。しかし、わたしのおもいではなく、みこころがるようにしてください」。

    43 そのとき、御使みつかいてんからあらわれてイエスをちからづけた。

    44 イエスはくるしみもだえて、ますますせついのられた。そして、そのあせのしたたりのようにちた。

    45 いのりえてちあがり、弟子でしたちのところへかれると、かれらがかなしみのはて寝入ねいっているのをごらんになって

    46 われた、「なぜねむっているのか。誘惑ゆうわくおちいらないように、きていのっていなさい」。

    47 イエスがまだそうっておられるうちに、そこに群衆ぐんしゅうあらわれ、十二弟子でしのひとりでユダというもの先頭せんとうって、イエスに接吻せっぷんしようとしてちかづいてきた。

    48 そこでイエスはわれた、「ユダ、あなたは接吻せっぷんをもってひと裏切うらぎるのか」。

    49 イエスのそばにいたひとたちは、ことのなりゆきをて、「しゅよ、つるぎでりつけてやりましょうか」とって、

    50 そのうちのひとりが、祭司長さいしちょうしもべりつけ、そのみぎみみおとした。

    51 イエスはこれにたいしてわれた、「それだけでやめなさい」。そして、そのしもべみみふれて、おいやしになった。

    52 それから、自分じぶんにむかって祭司長さいしちょう宮守みやもりがしら、長老ちょうろうたちにたいしてわれた、「あなたがたは、強盗ごうとうにむかうようにけんぼうっててきたのか。

    53 毎日まいにちあなたがたと一緒いっしょみやにいたときには、わたしにをかけなかった。だが、いまはあなたがたのとき、また、やみの支配しはいときである」。

    54 それから人々ひとびとはイエスをとらえ、ひっぱって大祭司だいさいし邸宅ていたくへつれてった。ペテロはとおくからついてった。

    55 人々ひとびと中庭なかにわのまんなかをたいて、一緒いっしょにすわっていたので、ペテロもそのなかにすわった。

    56 すると、ある女中じょちゅうが、かれのそばにすわっているのをかれつめて、「このひともイエスと一緒いっしょにいました」とった。

    57 ペテロはそれをして、「わたしはそのひとらない」とった。

    58 しばらくして、ほかのひとがペテロをった、「あなたもあの仲間なかまのひとりだ」。するとペテロはった、「いや、それはちがう」。

    59 やく時間じかんたってから、またほかのものった、「たしかにこのひともイエスと一緒いっしょだった。このひともガリラヤびとなのだから」。

    60 ペテロはった、「あなたのっていることは、わたしにわからない」。すると、かれがまだおわらぬうちに、たちまち、にわとりいた。

    61 しゅりむいてペテロをつめられた。そのときペテロは、「きょう、にわとりまえに、三わたしをらないとうであろう」とわれたしゅのお言葉ことばおもした。

    62 そしてそとて、はげしくいた。

    63 イエスを監視かんししていたひとたちは、イエスを嘲弄ちょうろうし、ちたたき、

    64 かくしをして、「いあててみよ。ったのは、だれか」ときいたりした。

    65 そのほか、いろいろなことって、イエスを愚弄ぐろうした。

    66 けたとき、人民じんみん長老ちょうろう祭司長さいしちょうたち、律法りっぽう学者がくしゃたちがあつまり、イエスを議会ぎかいしてった、

    67 「あなたがキリストなら、そうってもらいたい」。イエスはわれた、「わたしがっても、あなたがたはしんじないだろう。

    68 また、わたしがたずねても、こたえないだろう。

    69 しかし、ひといまからのち、全能ぜんのうかみみぎするであろう」。

    70 かれらはった、「では、あなたはかみなのか」。イエスはわれた、「あなたがたのうとおりである」。

    71 するとかれらはった、「これ以上いじょう、なんの証拠しょうこがいるか。われわれは直接ちょくせつかれくちからいたのだから」。