コリント人への第一の手紙15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 兄弟きょうだいたちよ。わたしが以前いぜんあなたがたにつたえた福音ふくいん、あなたがたがけいれ、それによってってきたあの福音ふくいんを、おもおこしてもらいたい。

    2 もしあなたがたが、いたずらにしんじないで、わたしのつたえたとおりの言葉ことばかたまもっておれば、この福音ふくいんによってすくわれるのである。

    3 わたしがもっと大事だいじなこととしてあなたがたにつたえたのは、わたし自身じしんけたことであった。すなわちキリストが、聖書せいしょいてあるとおり、わたしたちのつみのためにんだこと、

    4 そしてほうむられたこと、聖書せいしょいてあるとおり、三によみがえったこと、

    5 ケパにあらわれ、つぎに、十二にんあらわれたことである。

    6 そののち、五百にん以上いじょう兄弟きょうだいたちに、同時どうじあらわれた。そのなかにはすでにねむったものたちもいるが、大多数だいたすうはいまなお生存せいぞんしている。

    7 そののち、ヤコブにあらわれ、つぎに、すべての使徒しとたちにあらわれ、

    8 そして最後さいごに、いわば、つきらずにうまれたようなわたしにも、あらわれたのである。

    9 実際じっさいわたしは、かみ教会きょうかい迫害はくがいしたのであるから、使徒しとたちのなかでいちばんちいさいものであって、使徒しとばれるうちのないものである。

    10 しかし、かみめぐみによって、わたしは今日こんにちあるをているのである。そして、わたしにたまわったかみめぐみはむだにならず、むしろ、わたしはかれらのなかのだれよりもおおはたらいてきた。しかしそれは、わたし自身じしんではなく、わたしとともにあったかみめぐみである。

    11 とにかく、わたしにせよかれらにせよ、そのように、わたしたちはつたえており、そのように、あなたがたはしんじたのである。

    12 さて、キリストは死人しにんなかからよみがえったのだとつたえられているのに、あなたがたのなかのあるものが、死人しにん復活ふっかつなどはないとっているのは、どうしたことか。

    13 もし死人しにん復活ふっかつがないならば、キリストもよみがえらなかったであろう。

    14 もしキリストがよみがえらなかったとしたら、わたしたちの宣教せんきょうはむなしく、あなたがたの信仰しんこうもまたむなしい。

    15 すると、わたしたちはかみにそむく偽証人ぎしょうにんにさえなるわけだ。なぜなら、万一まんいち死人しにんがよみがえらないとしたら、わたしたちはかみ実際じっさいよみがえらせなかったはずのキリストを、よみがえらせたとって、かみはんするあかしをてたことになるからである。

    16 もし死人しにんがよみがえらないなら、キリストもよみがえらなかったであろう。

    17 もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰しんこう空虚くうきょなものとなり、あなたがたは、いまなおつみなかにいることになろう。

    18 そうだとすると、キリストにあってねむったものたちは、ほろんでしまったのである。

    19 もしわたしたちが、この生活せいかつでキリストにあってたんなるのぞみをいだいているだけだとすれば、わたしたちは、すべてのひとなかもっともあわれむべき存在そんざいとなる。

    20 しかし事実じじつ、キリストはねむっているもの初穂はつほとして、死人しにんなかからよみがえったのである。

    21 それは、がひとりのひとによってきたのだから、死人しにん復活ふっかつもまた、ひとりのひとによってこなければならない。

    22 アダムにあってすべてのひとんでいるのとおなじように、キリストにあってすべてのひとかされるのである。

    23 ただ、各自かくじはそれぞれの順序じゅんじょしたがわねばならない。最初さいしょはキリスト、つぎに、しゅ来臨らいりんさいしてキリストにぞくするものたち、

    24 それから終末しゅうまつとなって、そのときに、キリストはすべてのきみたち、すべての権威けんい権力けんりょくとをほろぼして、くにちちなるかみわたされるのである。

    25 なぜなら、キリストはあらゆるてきをそのあしもとにときまでは、支配しはいつづけることになっているからである。

    26 最後さいごてきとしてほろぼされるのが、である。

    27 かみ万物ばんぶつかれあしもとにしたがわせた」からである。ところが、万物ばんぶつしたがわせたとわれるとき万物ばんぶつしたがわせたかたがそれにふくまれていないことは、あきらかである。

    28 そして、万物ばんぶつかみしたがときには、御子みこ自身じしんもまた、万物ばんぶつしたがわせたそのかたにしたがうであろう。それは、かみがすべてのものにあって、すべてとなられるためである。

    29 そうでないとすれば、死者ししゃのためにバプテスマをける人々ひとびとは、なぜそれをするのだろうか。もし死者ししゃまったくよみがえらないとすれば、なぜ人々ひとびと死者ししゃのためにバプテスマをけるのか。

    30 また、なんのために、わたしたちはいつも危険きけんおかしているのか。

    31 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのしゅキリスト・イエスにあって、わたしがあなたがたにつきっているほこりにかけてうが、わたしは日々ひびんでいるのである。

    32 もし、わたしが人間にんげんかんがえによってエペソでけものたたかったとすれば、それはなんのやくつのか。もし死人しにんがよみがえらないのなら、「わたしたちはいしようではないか。あすもわからぬいのちなのだ」。

    33 まちがってはいけない。「わるまじわりは、いならわしをそこなう」。

    34 ざめてただし、つみおかさないようにしなさい。あなたがたのうちには、かみについて無知むち人々ひとびとがいる。あなたがたをはずかしめるために、わたしはこううのだ。

    35 しかし、あるひとうだろう。「どんなふうにして、死人しにんがよみがえるのか。どんなからだをしてるのか」。

    36 おろかなひとである。あなたのまくものは、ななければ、かされないではないか。

    37 また、あなたのまくのは、やがてるべきからだをまくのではない。むぎであっても、ほかのたねであっても、ただのたねつぶにすぎない。

    38 ところが、かみはみこころのままに、これにからだをあたえ、その一つ一つのたねにそれぞれのからだをおあたえになる。

    39 すべてのにくが、おなにくなのではない。ひとにくがあり、けものにくがあり、とりにくがあり、さかなにくがある。

    40 てんぞくするからだもあれば、ぞくするからだもある。てんぞくするものの栄光えいこうは、ぞくするものの栄光えいこうちがっている。

    41 栄光えいこうがあり、つき栄光えいこうがあり、ほし栄光えいこうがある。また、このほしとあのほしとのあいだに、栄光えいこうがある。

    42 死人しにん復活ふっかつも、また同様どうようである。ちるものでまかれ、ちないものによみがえり、

    43 いやしいものでまかれ、栄光えいこうあるものによみがえり、よわいものでまかれ、つよいものによみがえり、

    44 にくのからだでまかれ、れいのからだによみがえるのである。にくのからだがあるのだから、れいのからだもあるわけである。

    45 聖書せいしょに「最初さいしょひとアダムはきたものとなった」といてあるとおりである。しかし最後さいごのアダムはいのちあたえるれいとなった。

    46 最初さいしょにあったのは、れいのものではなくにくのものであって、そののちれいのものがるのである。

    47 だい一のひとからつちぞくし、だい二のひとてんからる。

    48 このつちぞくするひとに、つちぞくしている人々ひとびとひとしく、このてんぞくするひとに、てんぞくしている人々ひとびとひとしいのである。

    49 すなわち、わたしたちは、つちぞくしているかたちをとっているのと同様どうように、またてんぞくしているかたちをとるであろう。

    50 兄弟きょうだいたちよ。わたしはこのことっておく。にくとはかみくにぐことができないし、ちるものはちないものをぐことがない。

    51 ここで、あなたがたに奥義おくぎげよう。わたしたちすべては、ねむつづけるのではない。おわりのラッパのひびきとともに、またたくあいだに、一瞬いっしゅんにしてえられる。

    52 というのは、ラッパがひびいて、死人しにんちないものによみがえらされ、わたしたちはえられるのである。

    53 なぜなら、このちるものはかならちないものを、このぬものはかならなないものをることになるからである。

    54 このちるものがちないものを、このぬものがなないものをるとき、聖書せいしょいてある言葉ことば成就じょうじゅするのである。

    55 勝利しょうりにのまれてしまった。よ、おまえの勝利しょうりは、どこにあるのか。よ、おまえのとげは、どこにあるのか」。

    56 のとげはつみである。つみちから律法りっぽうである。

    57 しかし感謝かんしゃすべきことには、かみはわたしたちのしゅイエス・キリストによって、わたしたちに勝利しょうりたまわったのである。

    58 だから、あいする兄弟きょうだいたちよ。かたってうごかされず、いつもぜんりょくそそいでしゅのわざにはげみなさい。しゅにあっては、あなたがたの労苦ろうくがむだになることはないと、あなたがたはっているからである。