アブラハム書 3
    脚注
    Theme

    第​3​章

    アブラハム、ウリム​と​トンミム​に​よって​太陽たいよう​と​つき​と​ほし​の​こと​を​る。しゅ​は​アブラハム​に、れい​の​永遠えいえんせい​を​あきらか​に​される。アブラハム、ぜん​と​にんそうぞうあがなぬし​の​えらび、ひと​の​だい​の​くらい​の​こと​を​る。

    1 ​わたし​アブラハム​は、しゅ​なる​わたし​の​かみ​が​カルデヤ​の​ウル​で​わたし​に​あたえて​くださった​ウリム​と​トンミム​を​って​いた。

    2 ​そこで、わたし​が​数々かずかず​の​ほし​を​る​と、それら​は​きわめて​おおいなる​もの​で、その​なか​の​一つ​は​かみ​の​​の​もっとも​ちかく​に​あった。また、その​ちかく​に​は​おおいなる​ほし​が​すう​あった。

    3 しゅ​は​わたし​に​われた。「これら​は​はい​する​ほし​で​ある。そして、その​おおいなる​ほし​は​わたし​の​ちかく​に​ある​ので、その​​を​コロブ​と​いう。わたし​は​しゅ​なる​あなた​の​かみ​で​ある。わたし​は、あなた​が​いまって​いる​ほし​と​おなじ​系統けいとう​に​ぞくする​すべて​の​ほし​を​おさめる​よう​に、この​ほし​を​いた。」

    4 しゅ​は、ウリム​と​トンミム​に​よって​わたし​に​われた。「コロブ​は、その​回転かいてん​に​よる​とき​と​せつ​に​ついて​は​しゅ​の​あい​と​おなじ​で​あり、その​一​回転かいてん​は​しゅ​の​計算けいさん​の​ほうほう​に​よれ​ば​しゅ​の​にち​で​あって、それ​は​あなた​が​いまって​いる​ほし​に​さだめられた​とき​に​よれ​ば​ねん​で​ある。これ​は​コロブ​の​計算けいさん​に​よる​しゅ​の​とき​の​計算けいさん​で​ある。」

    5 しゅ​は​わたし​に​われた。「ちいさい​ひかり​で​ある​遊星ゆうせい、すなわち​よる​を​つかさどる​遊星ゆうせい​は、ひる​を​つかさどる​もの​より​も​ちいさい​が、計算けいさん​の​てん​で​は、あなた​が​いまって​いる​もの​より​も​じょう​に​ある、すなわち​もっと​おおいなる​もの​で​ある。それ​は​もっと​ゆっくり​整然せいぜんと​うんこう​して​いる​から​で​ある。これ​が​ちつじょ​に​かなって​いる​の​は、それ​が​あなた​の​って​いる​​より​も​じょう​に​ある​から​で​ある。それゆえ、その​とき​の​計算けいさん​は、その​​と​つき​と​とし​の​かず​に​かんして​は​それほど​おおく​は​ない。」

    6 しゅ​は​わたし​に​われた。「さて、アブラハム、これら​二つ​の​じつ​が​ある。よ、あなた​は​それ​を​て​いる。あなた​に​は、計算けいさん​の​とき​と​さだめられた​とき、すなわち、あなた​が​って​いる​​の​さだめられた​とき​と、ひる​を​つかさどる​ため​に​かれて​いる​おおきい​ひかり​の​さだめられた​とき​と、よる​を​つかさどる​ため​に​かれて​いる​ちいさい​ひかり​の​さだめられた​とき​を​る​こと​が​ゆるされて​いる。

    7 ​さて、ちいさい​ひかり​の​さだめられた​とき​は、その​とき​の​計算けいさん​に​かんして​は、あなた​が​って​いる​​の​とき​の​計算けいさん​より​も​ながい。

    8 ​これら​二つ​の​じつ​が​ある​ところ​で​は、これら​の​うえ​に​また​べつ​の​じつ​が​ある。すなわち、とき​の​計算けいさん​が​さらに​ながい​べつ​の​遊星ゆうせい​が​ある​と​いう​こと​で​ある。

    9 ​この​よう​に、ある​遊星ゆうせい​の​とき​の​計算けいさん​は​べつ​の​遊星ゆうせい​の​それ​より​も​じょう​に​あり、ついに​あなた​は​コロブ​に​ちかづく。この​コロブ​は​しゅ​の​とき​の​計算けいさん​に​ひとしい。この​コロブ​は​かみ​の​​の​ちかく​に​かれ、あなた​が​って​いる​遊星ゆうせい​と​おなじ​系統けいとう​に​ぞくする​すべて​の​遊星ゆうせい​を​はい​する。

    10 ​あなた​に​は、かみ​の​​に​ちかづく​まで、ひかり​を​あたえる​ため​に​かれて​いる​すべて​の​ほし​の​さだめられた​とき​を​る​こと​が​ゆるされて​いる。」

    11 ​この​よう​に、わたし​アブラハム​は、ひと​が​たがいに​かたう​よう​に​かお​と​かお​を​わせて​しゅ​と​かたった。そして、しゅ​は​その​​で​つくられた​もの​に​ついて​わたし​に​げられた。

    12 しゅ​は​わたし​に、「むす​よ、むす​よ(この​よう​に​って​​を​ばされ)、よ、わたし​は​あなた​に​これら​すべて​を​しめそう」と​われた。そして、しゅ​が​その​​を​わたし​の​りょう​に​てられる​と、しゅ​の​​で​つくられた​それら​の​もの​が​わたし​に​えた​が、それら​は​かずおおかった。それら​は​わたし​の​​の​まえ​で​えて、わたし​は​その​わり​を​る​こと​が​できなかった。

    13 しゅ​は​わたし​に​われた。「これ​は​シネハ、すなわち​太陽たいよう​で​ある。」また、しゅ​は​わたし​に​われた。「ココブ、これ​は​ほし​で​ある。」また、しゅ​は​わたし​に​われた。「オレア、これ​は​つき​で​ある。」また、しゅ​は​わたし​に​われた。「コカーベアム、これ​は​もろもろ​の​ほし、すなわち​てん​の​おおぞら​に​ある​すべて​の​おおきな​ひかり​を​​する。」

    14 しゅ​が​これら​の​こと​を​わたし​に​げられた​の​は、よる​で​あった。「わたし​は​これら​の​よう​に、あなた​と​あなた​の​のち​の​そん​を​やそう。もし​あなた​が​すな​の​かず​を​かぞえる​こと​が​できる​と​すれ​ば、あなた​の​そん​の​かず​も​その​よう​で​あろう。」

    15 ​そして、しゅ​は​わたし​に​われた。「アブラハム、あなた​が​エジプト​に​はいる​に​さきって、わたし​は​あなた​に​これら​の​もの​を​しめす。それ​は、あなた​が​これら​の​こと​を​すべて​げる​ため​で​ある。

    16 ​もし​二つ​の​もの​が​あって、一つ​が​​より​も​じょう​に​ある​と​すれ​ば、これら​より​も​さらに​おおいなる​もの​が​ある。コロブ​は、あなた​が​た​すべて​の​コカーベアム​の​なか​で​もっとも​おおいなる​もの​で​ある。それ​は​わたし​の​もっとも​ちかく​に​ある​から​で​ある。

    17 ​さて、もし​二つ​の​もの​が​あって、一つ​が​​より​も​じょう​に​あり、つき​が​​より​も​じょう​に​ある​と​すれ​ば、それ​より​も​じょう​に​ある​遊星ゆうせい、あるいは​ほし​も​ある。しゅ​なる​あなた​の​かみ​が​おこなおう​と​こころ​に​かけた​こと​で、おこなわない​こと​は​ない。

    18 ​と​は​いえ、しゅ​は​さらに​おおいなる​ほし​を​つくった。おなじ​よう​に、もし​二つ​の​れい​が​いて、いっぽう​が​ほう​より​も​えい​に​すぐれて​いる​と​して​も、いっぽう​が​ほう​より​も​えい​に​すぐれて​いる​に​も​かかわらず、これら​二つ​の​れい​に​は​はじめ​が​ない。かれら​は​ぜん​に​そんざい​して​おり、かれら​に​は​わり​が​なく、かれら​は​のち​に​も​そんざい​する。かれら​は​グノーラーム、すなわち永遠えいえん​だから​で​ある。」

    19 しゅ​は​わたし​に​われた。「じつに​これら​二つ​の​じつ​が​ある。すなわち、二つ​の​れい​が​いて、いっぽう​が​ほう​より​も​えい​に​すぐれて​いる。かれら​より​も​さらに​えい​の​すぐれた​べつ​の​れい​が​いる。わたし​は​しゅ​なる​あなた​の​かみ​で​あって、わたし​は​かれら​すべて​より​も​えい​が​すぐれて​いる。

    20 しゅ​なる​あなた​の​かみ​は​てん使​を​つかわして、エルケナ​の​さい​の​​から​あなた​を​すくい​した。

    21 ​わたし​は​かれら​すべて​の​なか​に​んで​いる。そして、わたし​の​​で​つくった​もの​を​あなた​に​げ​らせる​ため​に、わたし​は​いま​あなた​の​もと​に​くだって​た​の​で​ある。これ​に​おいて、わたし​の​​は​かれら​すべて​に​まさって​いる。わたし​は​あらゆる​​と​りょ​と​を​もって、あなた​が​その​​で​はじめ​から​て​きた​すべて​の​えい​たち​を、うえ​は​てん​で、した​は​​で​おさめて​いる​から​で​ある。わたし​は​はじめ​に、あなた​の​た​すべて​の​えい​たち​の​なか​に​くだって​た。」

    22 ​さて、しゅ​は​わたし​アブラハム​に、かい​が​そんざい​する​まえ​に​しき​された​えい​たち​を​せて​くださった。そして、これら​すべて​の​なか​に​は、こうけつ​で​だい​な​もの​たち​が​おおく​いた。

    23 かみ​が​これら​の​もの​を​られる​と、かれら​は​かった。そこで、かみ​は​かれら​の​なか​に​って​われた。「わたし​は​これら​の​もの​を、おさめる​もの​と​しよう。」かみ​は​れい​で​あった​これら​の​もの​の​なか​に​って、て、かれら​を​し​と​された​から​で​ある。また、かみ​は​わたし​に​われた。「アブラハム、あなた​は​これら​の​もの​の​ひと​で​ある。あなた​は​まれる​まえ​に​えらばれた​の​で​ある。」

    24 ​そして、かれら​の​なか​に​かみ​の​よう​な​もの​が​ひとち、ともに​いた​もの​たち​に​った。「あそこ​に​くうかん​が​ある​ので、わたしたち​は​くだって​こう。そして、これら​の​材料ざいりょう​を​って、これら​の​もの​が​む​​を​つくろう。

    25 ​そして、わたしたち​は​これ​に​よって​かれら​を​ためし、なん​で​あろう​と、しゅ​なる​かれら​の​かみ​が​めいじられる​すべて​の​こと​を​かれら​が​なす​か​どう​か​を​よう。

    26 だいいち​の​くらい​を​まもる​もの​は​くわえられる​で​あろう。また、だいいち​の​くらい​を​まもらない​もの​は、だいいち​の​くらい​を​まもる​もの​と​おなじ​おうこく​で​えいこう​を​ける​こと​は​ない。さらに、だい​の​くらい​を​まもる​もの​は、とこしえ​に​えいこう​を​その​こうべ​に​くわえられる​で​あろう。」

    27 ​また、しゅ​は​われた。「わたし​は​だれ​を​つかわそう​か。」すると、ひと​が​ひと​の​​の​よう​に​こたえた。「わたし​が​ここ​に​います。わたし​を​お​つかわし​ください。」また、べつ​の​もの​が​こたえて​った。「わたし​が​ここ​に​います。わたし​を​お​つかわし​ください。」そこで、しゅ​は​われた。「わたし​は​さいしょ​の​もの​を​つかわそう。」

    28 ​すると​だい二​の​もの​は​いかり、その​だいいち​の​くらい​を​まもらなかった。そして、その​おおく​の​もの​が​かれ​に​したがった。