聖典
アブラハム書4


第4章

かみがみとそのうえのすべてのものそうぞうけいかくされる。むいかんそうぞうのためのかみがみけいかくあきらかにされる。

1 そののちしゅは,「くだってこう」とわれた。そして,かれらはさいしょくだってき,かれらすなわちかみがみは,てんしきし,かたちづくられた。

2 かたちづくられたのち,むなしく,こうりょうとしていた。かれらがのほかになにかたちづくっておられなかったからである。そして,やみふかふちおもてはいし,かみがみたまみずおもておおっていた

3 かれら(かみがみ)は,「ひかりあれ」とわれた。すると,ひかりがあった。

4 かれら(かみがみ)はそのひかりかくされた。それがかがやいていたからである。そして,かれらはそのひかりやみからけられた,すなわちひかりけられるようにされた。

5 かみがみひかりひるび,やみよるばれた。ゆうからあさまでをよるび,あさからゆうまでをひるばれた。これが,かれらがひるよるばれたもののさいしょ,すなわちはじめであった。

6 かみがみはまたわれた。「みずあいだてんくうがあって,みずみずとをけよ。」

7 かみがみは,てんくうしたにあるみずてんくううえにあるみずけるようにてんくうめいじられた。すると,かれらがめいじられたようになった。

8 かみがみはそのてんくうてんばれた。ゆうからあさまでをよるび,あさからゆうまでをひるばれた。これが,かれらがよるひるばれただい二のときであった。

9 かみがみめいじて,「てんしたみずひとところあつまり,かわいてあらわれよ」とわれた。すると,かみがみめいじられたようになった。

10 かみがみかわいたりくせんげんし,みずあつまったところおおうみせんげんされた。かみがみはそれらがしたがうのをられた。

11 かみがみわれた。「そなえて,あおくさと,たねくさと,しゅるいしたがってみずからのかたちしょうじるたねむすじゅうええさせよう。」すると,かみがみめいじられたようになった。

12 かみがみしきして,あおくさがそのたねからえるようにし,またくさがそのたねからえ,しゅるいしたがってたねしょうじるようにされた。またしきして,をそのたねからえさせ,しゅるいしたがっておなじもののみをしょうじるたねむすぶようにされた。かみがみはそれらがしたがうのをられた。

13 そして,かみがみかぞえられた。ゆうからあさまでをよるび,あさからゆうまでをひるばれた。それがだい三のときであった。

14 かみがみてんおおぞらひかりしきして,それらにひるよるとをけさせ,またそれらをしきして,しるしのため,せつのため,のため,としのためとならせ,

15 またそれらをしきして,てんおおぞらにあってらすひかりとならせられた。すると,そのようになった。

16 かみがみは二つのおおきなひかりしきして,おおきいひかりひるをつかさどらせ,ちいさいひかりよるをつかさどらせられた。また,ちいさいひかりとともにもろもろのほしかれた。

17 かみがみはこれらをてんおおぞらいてらさせ,ひるよるとをつかさどらせ,ひかりやみとをけさせられた。

18 かみがみめいじられたこれらのものがしたがうまでまもられた。

19 ゆうからあさまでよるがあり,あさからゆうまでひるがあった。それがだい四のときであった。

20 かみがみわれた。「みずそなえて,いのちうごものゆたかにしょうじさせ,またとりうえてんおおぞらぶようにさせよう。」

21 かみがみみずそなえて,うみおおいなるけものと,みずむらがるすべてのうごものとをそのしゅるいしたがってしょうじさせ,またつばさのあるすべてのとりをそのしゅるいしたがってしょうじさせられた。そして,かみがみはそれらがしたがうのを,またそのけいかくいのをられた。

22 かみがみわれた。「わたしたちはこれらをしゅくふくして,み,え,うみみずすなわちおおうみちるようにさせ,またとりえさせよう。」

23 そして,ゆうからあさまでを,かみがみよるばれた。また,あさからゆうまでを,ひるばれた。それがだい五のときであった。

24 かみがみそなえて,ものをそのしゅるいしたがってしょうじさせ,ちくと,うものと,けものとをそのしゅるいしたがってしょうじさせられた。そして,かみがみわれたようになった。

25 かみがみしきして,けものをそのしゅるいしたがい,ちくをそのしゅるいしたがい,またうすべてのものをそのしゅるいしたがってしょうじさせられた。かみがみはそれらがしたがうのをられた。

26 かみがみきょうしてわれた。「くだってって,わたしたちのかたちに,わたしたちにかたどってひとかたちづくろう。そして,かれらに,うみうおと,そらとりと,ちくと,のすべてのものと,のすべてのうものをおさめさせよう。」

27 そこで,かみがみくだってって,ぶんかたちひとしきし,かみがみかたちひとかたちづくり,おとこおんなかたちづくられた。

28 そして,かみがみは,「かれらをしゅくふくしよう」とわれた。また,かみがみわれた。「かれらに,み,え,ち,したがわせるようにさせよう。また,うみうおと,そらとりと,うごくすべてのものおさめさせよう。」

29 また,かみがみわれた。「よ,わたしたちはぜんおもてえるたねつすべてのくさと,むすぶすべてのかれらにあたえよう。まことに,たねしょうじるかれらにあたえよう。それはかれらのしょくもつとなるであろう。

30 またのすべてのけものそらのすべてのとりうすべてのものに,まことに,いのちあたえよう。さらに,これらにしょくもつとしてすべてのあおくさあたえよう。すべてこれらのものはこのようにしてしきされるであろう。」

31 かみがみわれた。「わたしたちはったことをすべておこない,これらをしきしよう。よ,これらはよくしたがうであろう。」そして,ゆうからあさまでをよるび,あさからゆうまでをひるばれた。かみがみだい六のときかぞえられた。