アブラハム書 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    神々かみがみ​と​その​うえ​の​すべて​の​もの​の​そうぞう​を​けいかく​される。むいかん​の​そうぞう​の​ため​の​神々かみがみ​の​けいかく​が​あきらか​に​される。

    1 ​そののちしゅ​は、「くだって​こう」と​われた。そして、かれら​は​さいしょ​に​くだって​き、かれら​すなわち​神々かみがみ​は、てん​と​​を​しき​し、かたちづくられた。

    2 ​は​かたちづくられた​のち、むなしく、こうりょう​と​して​いた。かれら​が​​の​ほか​に​なにも​かたちづくって​おられなかった​から​で​ある。そして、やみ​が​ふかい​ふち​の​おもて​を​はい​し、神々かみがみ​の​たま​が​みず​の​おもて​を​おおって​いた。

    3 かれら(神々かみがみ)は、「ひかり​あれ」と​われた。すると、ひかり​が​あった。

    4 かれら(神々かみがみ)は​その​ひかり​を​かく​された。それ​が​かがやいて​いた​から​で​ある。そして、かれら​は​その​ひかり​を​やみ​から​けられた、すなわち​ひかり​が​けられる​よう​に​された。

    5 神々かみがみ​は​ひかり​を​ひる​と​び、やみ​を​よる​と​ばれた。ゆう​から​あさ​まで​を​よる​と​び、あさ​から​ゆう​まで​を​ひる​と​ばれた。これ​が、かれら​が​ひるよる​と​ばれた​もの​の​さいしょ、すなわち​はじめ​で​あった。

    6 神々かみがみ​は​また​われた。「みず​の​あいだ​に​てんくう​が​あって、みず​と​みず​と​を​けよ。」

    7 神々かみがみ​は、てんくう​の​した​に​ある​みず​と​てんくう​の​うえ​に​ある​みず​を​ける​よう​に​てんくう​に​めいじられた。すると、かれら​が​めいじられた​よう​に​なった。

    8 神々かみがみ​は​その​てんくう​を​てん​と​ばれた。ゆう​から​あさ​まで​を​よる​と​び、あさ​から​ゆう​まで​を​ひる​と​ばれた。これ​が、かれら​が​よるひる​と​ばれた​だい二​の​とき​で​あった。

    9 神々かみがみ​は​めいじて、「てん​の​した​の​みず​は​ひとつ​ところ​に​あつまり、​は​かわいて​あらわれよ」と​われた。すると、神々かみがみ​が​めいじられた​よう​に​なった。

    10 神々かみがみ​は​かわいた​​を​りく​と​宣言せんげん​し、みず​の​あつまった​ところ​を​おおう み​と​宣言せんげん​された。神々かみがみ​は​それら​が​したがう​の​を​られた。

    11 神々かみがみ​は​われた。「​を​そなえて、あおくさ​と、たね​を​つ​くさ​と、しゅるい​に​したがって​みずから​の​かたち​を​しょうじる​たね​を​つ​​を​むすぶ​じゅ​を​​の​うえ​に​え​させよう。」すると、神々かみがみ​が​めいじられた​よう​に​なった。

    12 神々かみがみ​は​​を​しき​して、あおくさ​が​その​たね​から​える​よう​に​し、また​くさ​が​その​たね​から​え、しゅるい​に​したがって​たね​を​しょうじる​よう​に​された。また​​を​しき​して、​を​その​たね​から​え​させ、しゅるい​に​したがって​おなじ​もの​のみ​を​しょうじる​たね​を​つ​​を​むすぶ​よう​に​された。神々かみがみ​は​それら​が​したがう​の​を​られた。

    13 ​そして、神々かみがみ​は​​を​かぞえられた。ゆう​から​あさ​まで​を​よる​と​び、あさ​から​ゆう​まで​を​ひる​と​ばれた。それ​が​だい三​の​とき​で​あった。

    14 神々かみがみ​は​てん​の​おおぞら​に​ひかり​を​しき​して、それら​に​ひる​と​よる​と​を​け​させ、また​それら​を​しき​して、しるし​の​ため、せつ​の​ため、​の​ため、とし​の​ため​と​ならせ、

    15 ​また​それら​を​しき​して、てん​の​おおぞら​に​あって​​を​らす​ひかり​と​ならせられた。すると、その​よう​に​なった。

    16 神々かみがみ​は​二つ​の​おおきな​ひかり​を​しき​して、おおきい​ひかり​に​ひる​を​つかさどらせ、ちいさい​ひかり​に​よる​を​つかさどらせられた。また、ちいさい​ひかり​と​ともに​もろもろ​の​ほし​も​かれた。

    17 神々かみがみ​は​これら​を​てん​の​おおぞら​に​いて​​を​らさせ、ひる​と​よる​と​を​つかさどらせ、ひかり​と​やみ​と​を​け​させられた。

    18 神々かみがみ​は​めいじられた​これら​の​もの​が​したがう​まで​まもられた。

    19 ゆう​から​あさ​まで​よる​が​あり、あさ​から​ゆう​まで​ひる​が​あった。それ​が​だい四​の​とき​で​あった。

    20 神々かみがみ​は​われた。「みず​を​そなえて、いのち​を​つ​うごく​もの​を​ゆたか​に​しょうじ​させ、また​とり​が​​の​うえてん​の​おおぞら​を​ぶ​よう​に​させよう。」

    21 神々かみがみ​は​みず​を​そなえて、う み​の​おおいなる​けもの​と、みず​に​むらがる​すべて​の​うごく​もの​と​を​その​しゅるい​に​したがって​しょうじ​させ、また​つばさ​の​ある​すべて​の​とり​を​その​しゅるい​に​したがって​しょうじ​させられた。そして、神々かみがみ​は​それら​が​したがう​の​を​、また​その​けいかく​が​い​の​を​られた。

    22 神々かみがみ​は​われた。「わたしたち​は​これら​を​しゅくふく​して、み、え、う み​の​みず​すなわち​おおう み​に​ちる​よう​に​させ、また​とり​も​​に​え​させよう。」

    23 ​そして、ゆう​から​あさ​まで​を、神々かみがみ​は​よる​と​ばれた。また、あさ​から​ゆう​まで​を、ひる​と​ばれた。それ​が​だい五​の​とき​で​あった。

    24 神々かみがみ​は​​を​そなえて、もの​を​その​しゅるい​に​したがって​しょうじ​させ、ちく​と、う​もの​と、​の​けもの​と​を​その​しゅるい​に​したがって​しょうじ​させられた。そして、神々かみがみ​の​われた​よう​に​なった。

    25 神々かみがみ​は​​を​しき​して、けもの​を​その​しゅるい​に​したがい、ちく​を​その​しゅるい​に​したがい、また​​を​う​すべて​の​もの​を​その​しゅるい​に​したがって​しょうじ​させられた。神々かみがみ​は​それら​が​したがう​の​を​られた。

    26 神々かみがみ​は​きょう​して​われた。「くだって​って、わたしたち​の​かたち​に、わたしたち​に​かたどって​ひと​を​かたちづくろう。そして、かれら​に、う み​の​うお​と、そら​の​とり​と、ちく​と、​の​すべて​の​もの​と、​の​すべて​の​う​もの​を​おさめ​させよう。」

    27 ​そこで、神々かみがみ​は​くだって​って、ぶん​の​かたち​に​ひと​を​しき​し、神々かみがみ​の​かたち​に​ひと​を​かたちづくり、おとこ​と​おんな​に​かたちづくられた。

    28 ​そして、神々かみがみ​は、「かれら​を​しゅくふく​しよう」と​われた。また、神々かみがみ​は​われた。「かれら​に、み、え、​に​ち、​を​したがわせる​よう​に​させよう。また、う み​の​うお​と、そら​の​とり​と、​に​うごく​すべて​の​もの​を​おさめ​させよう。」

    29 ​また、神々かみがみ​は​われた。「よ、わたしたち​は​ぜん​の​おもて​に​える​たね​を​つ​すべて​の​くさ​と、​を​むすぶ​すべて​の​​を​かれら​に​あたえよう。まことに、たね​を​しょうじる​​の​​を​かれら​に​あたえよう。それ​は​かれら​の​食物しょくもつ​と​なる​で​あろう。

    30 ​また​​の​すべて​の​けものそら​の​すべて​の​とり​を​う​すべて​の​もの​に、まことに、いのち​を​あたえよう。さらに、これら​に​食物しょくもつ​として​すべて​の​あおくさ​を​あたえよう。すべて​これら​の​もの​は​この​よう​に​して​しき​される​で​あろう。」

    31 神々かみがみ​は​われた。「わたしたち​は​った​こと​を​すべて​おこない、これら​を​しき​しよう。よ、これら​は​よく​したがう​で​あろう。」そして、ゆう​から​あさ​まで​を​よる​と​び、あさ​から​ゆう​まで​を​ひる​と​ばれた。神々かみがみ​は​だい六​の​とき​を​かぞえられた。