模写二
    脚注
    Theme

    アブラハム​しょ​から​の​しゃ

    だい

    模写二

    説明せつめい

    1. コロブ。さいしょ​の​そうぞうぶつ​を​あらわす​もの​で、​の​さかえ​の​かい、すなわち​かみ​の​まい​の​もっとも​ちかく​に​ある。これ​は​はい​に​おいて​は​だい一、とき​の​計算けいさん​に​かんして​は​さい​で​ある。この​計算けいさん​は​​の​さかえ​の​とき​に​よる​もの​で、​の​さかえ​の​とき​の​一にち​は​一​キュビト​を​あらわす。コロブ​に​おける​一にち​は、この​きゅう​の​計算けいさん​に​よれ​ば​千​ねん​に​そうとう​する。エジプトじん​は​これ​を​ヤーオーエー​と​ぶ。

    2. コロブ​の​つぎ​に​あり、エジプトじん​は​これ​を​オリブリシュ​と​ぶ。これ​は​​の​さかえ​の​かい、すなわち​かみ​が​んで​おられる​ところ​の​ちかく​に​ある、二ばん​の​おおいなる​はい​する​ちから​を​つ​そうぞうぶつ​で​ある。これ​も​ほか​の​遊星ゆうせい​に​かんする​ちから​の​かぎ​を​つ。じょう​は、アブラハム​が​しゅ​の​ため​に​きずいた​さいだんじょう​で​せい​を​ささげた​とき、かみ​から​アブラハム​に​しめされた​もの​で​ある。

    3. けん​と​権能けんのう​を​まとって​​に​いて​おられる​かみ​を​あらわす​もの​として​えがかれて​いる。また、あたま​に​永遠えいえん​の​ひかり​の​かんむり​を​かぶって​おられる。これ​は​また、エデン​の​その​で​アダム​に​しめされ、セツ​や​ノア、メルキゼデク、アブラハム、および​しんけん​が​あきらか​に​された​すべての​もの​に​しめされた、せい​なる​しんけん​の​おおいなる​かぎ​の​こと​を​あらわす。

    4. ヘブライ​の​ラーキーアン​に​そうとう​し、てんくう、すなわち​てん​の​おおぞら​を​​する。これ​は​また​すう​で​あって、エジプト​で​千​を​​する。その​回転かいてん​に​おいて、また​とき​の​計算けいさん​に​おいて​コロブ​に​ひとしい​オリブリシュ​の​とき​の​計算けいさん​に​そうとう​する。

    5. エジプト​で​エニシ・​ゴ・​オン・​ドシ​と​ばれる。これ​も​また​はい​する​ちから​を​つ​遊星ゆうせい​の​一つ​で​あり、エジプトじん​は​これ​を​太陽たいよう​で​あって、カエ・​エ・​バンラシ​を​つうじて​コロブ​から​ひかり​を​けて​いる​と​う。カエ・​エ・​バンラシ​は​おおいなる​かぎい​えれば​はい​する​ちから​で​あり、​の​十五​の​恒星こうせい​すなわち​ほし​を​はい​し、また​年々ねんねん​の​回転かいてん​に​おいて​フロイース​すなわち​つき​と、きゅう​と、太陽たいよう​も​はい​する。この​遊星ゆうせい​は、クリ・​フロス・​イス・​エス、また​は​ハー・​コ・​カー・​ベアム、すなわち​コロブ​の​回転かいてん​から​ひかり​を​ける​22​および​23​の​​で​あらわされて​いる​ほし​を​つうじて​その​ちから​を​ける。

    6. この​きゅう​の​ほう​を​あらわす。

    7. ​に​いて​おられる​かみ​を​あらわし、しょてん​を​つうじて​しんけん​の​おおいなる​かぎ​の​こと​を​しめす。また、はと​の​かたち​を​って​アブラハム​に​くだられた​聖霊せいれい​の​しるし​を​も​しめす。

    8. ​の​ひと​に​しめす​こと​の​できない​もの​を​ふくむ。しかし、かみ​の​せい​なる​神殿しんでん​で​られる​もの​で​ある。

    9. いま​は​しめされない。

    10. いま​は​しめされない。

    11. いま​は​しめされない。​の​ひと​が​これら​の​​を​く​こと​が​できる​なら​ば、かせ​なさい。アーメン。

    12​.​13​.​14​.​15​.​16​.​17​.​18​.​19​.​20​.​21​.​これら​に​ついて​は、しゅ​の​さだめられた​とき​に​あきらか​に​される​で​あろう。

    前述ぜんじゅつ​の​ほんやく​は、現在げんざいあきらか​に​して​し​つかえ​ない​はん​で​あきらか​に​されて​いる。