アブラハム書3
戻る 次へ

第3章

アブラハム,ウリムとトンミムによってたいようつきほしのことをる。しゅはアブラハムに,れいえいえんせいあきらかにされる。アブラハム,ぜんにんそうぞうあがなぬしえらび,ひとだい二のくらいのことをる。

1 わたしアブラハムは,しゅなるわたしのかみがカルデヤのウルでわたしにあたえてくださったウリムとトンミムっていた。

2 そこで,わたしがかずかずほしると,それらはきわめておおいなるもので,そのなかの一つはかみもっとちかくにあった。また,そのちかくにはおおいなるほしすうあった。

3 しゅはわたしにわれた。「これらははいするほしである。そして,そのおおいなるほしはわたしのちかくにあるので,そのコロブという。わたしはしゅなるあなたのかみである。わたしは,あなたがいまっているほしおなけいとうぞくするすべてのほしおさめるように,このほしいた。」

4 しゅは,ウリムとトンミムによってわたしにわれた。「コロブは,そのかいてんによるときせつについてはしゅあいおなじであり,その一かいてんしゅけいさんほうほうによればしゅにちであって,それはあなたがいまっているほしさだめられたときによればねんである。これはコロブのけいさんによるしゅときけいさんである。」

5 しゅはわたしにわれた。「ちいさいひかりであるゆうせい,すなわちよるをつかさどるゆうせいは,ひるをつかさどるものよりもちいさいが,けいさんてんでは,あなたがいまっているものよりもじょうにある,すなわちもっとおおいなるものである。それはもっとゆっくりせいぜんうんこうしているからである。これがちつじょにかなっているのは,それがあなたのっているよりもじょうにあるからである。それゆえ,そのときけいさんは,そのつきとしかずかんしてはそれほどおおくはない。」

6 しゅはわたしにわれた。「さて,アブラハム,これら二つじつがある。よ,あなたはそれをている。あなたには,けいさんときさだめられたとき,すなわち,あなたがっているさだめられたときと,ひるをつかさどるためにかれているおおきいひかりさだめられたときと,よるをつかさどるためにかれているちいさいひかりさだめられたときることがゆるされている。

7 さて,ちいさいひかりさだめられたときは,そのときけいさんかんしては,あなたがっているときけいさんよりもながい。

8 これら二つのじつがあるところでは,これらのうえにまたべつじつがある。すなわち,ときけいさんがさらにながべつゆうせいがあるということである。

9 このように,あるゆうせいときけいさんべつゆうせいのそれよりもじょうにあり,ついにあなたはコロブにちかづく。このコロブはしゅときけいさんひとしい。このコロブはかみちかくにかれ,あなたがっているゆうせいおなけいとうぞくするすべてのゆうせいはいする。

10 あなたには,かみちかづくまで,ひかりあたえるためにかれているすべてのほしさだめられたときることがゆるされている。」

11 このように,わたしアブラハムは,ひとたがいにかたうようにかおかおわせてしゅかたった。そして,しゅはそのつくられたものについてわたしにげられた。

12 しゅはわたしに,「むすよ,むすよ(このようにってばされ),よ,わたしはあなたにこれらすべてをしめそう」とわれた。そして,しゅがそのをわたしのりょうてられると,しゅつくられたそれらのものがわたしにえたが,それらはかずおおかった。それらはわたしのまええて,わたしはそのわりをることができなかった。

13 しゅはわたしにわれた。「これはシネハ,すなわちたいようである。」また,しゅはわたしにわれた。「ココブ,これはほしである。」また,しゅはわたしにわれた。「オレア,これはつきである。」また,しゅはわたしにわれた。「コカーベアム,これはもろもろのほし,すなわちてんおおぞらにあるすべてのおおきなひかりする。」

14 しゅがこれらのことをわたしにげられたのは,よるであった。「わたしはこれらのように,あなたとあなたののちそんやそう。もしあなたがすなかずかぞえることができるとすれば,あなたのそんかずもそのようであろう。」

15 そして,しゅはわたしにわれた。「アブラハム,あなたがエジプトにはいるにさきって,わたしはあなたにこれらのものをしめす。それは,あなたがこれらのことをすべてげるためである。

16 もし二つのものがあって,一つがよりもじょうにあるとすれば,これらよりもさらにおおいなるものがある。コロブは,あなたがたすべてのコカーベアムのなかもっとおおいなるものである。それはわたしのもっとちかくにあるからである。

17 さて,もし二つのものがあって,一つがよりもじょうにあり,つきよりもじょうにあるとすれば,それよりもじょうにあるゆうせい,あるいはほしもある。しゅなるあなたのかみおこなおうとこころにかけたことで,おこなわないことはない。

18 とはいえ,しゅはさらにおおいなるほしつくった。おなじように,もし二つのれいがいて,いっぽうほうよりもえいすぐれているとしても,いっぽうほうよりもえいすぐれているにもかかわらず,これら二つのれいにははじめがない。かれらはぜんそんざいしており,かれらにはわりがなく,かれらはのちにもそんざいする。かれらはグノーラーム,すなわちえいえんだからである。」

19 しゅはわたしにわれた。「じつにこれら二つのじつがある。すなわち,二つのれいがいて,いっぽうほうよりもえいすぐれている。かれらよりもさらにえいすぐれたべつれいがいる。わたしはしゅなるあなたのかみであって,わたしはかれすべてよりもえいすぐれている。

20 しゅなるあなたのかみてん使つかわして,エルケナのさいからあなたをすくした

21 わたしはかれらすべてのなかんでいる。そして,わたしのつくったものをあなたにらせるために,わたしはいまあなたのもとにくだってたのである。これにおいて,わたしのかれらすべてにまさっている。わたしはあらゆるりょとをもって,あなたがそのはじめからてきたすべてのえいたちを,うえてんで,したおさめているからである。わたしははじめに,あなたのたすべてのえいたちのなかくだってた。」

22 さて,しゅはわたしアブラハムに,かいそんざいするまえしきされたえいたちせてくださった。そして,これらすべてのなかには,こうけつだいものたちがおおくいた。

23 かみがこれらのものられると,かれらはかった。そこで,かみかれらのなかってわれた。「わたしはこれらのものを,おさめるものとしよう。」かみれいであったこれらのものなかって,て,かれらをしとされたからである。また,かみはわたしにわれた。「アブラハム,あなたはこれらのもの一人ひとりである。あなたはまれるまええらばれたのである。」

24 そして,かれらのなかかみのようなもの一人ひとりち,ともにいたものたちにった。「あそこにくうかんがあるので,わたしたちはくだってこう。そして,これらのざいりょうって,これらのものつくろう

25 そして,わたしたちはこれによってかれらをためなんであろうと,しゅなるかれらのかみめいじられるすべてのことをかれらがなすかどうかをよう。

26 だい一のくらいまもものくわえられるであろう。また,だい一のくらいまもらないものは,だい一のくらいまもものおなおうこくえいこうけることはない。さらに,だい二のくらいまもものは,とこしえにえいこうをそのこうべくわえられるであろう。」

27 また,しゅわれた。「わたしはだれをつかわそうか。」すると,一人ひとりひとのようにこたえた。「わたしがここにいます。わたしをおつかわしください。」また,べつものこたえてった。「わたしがここにいます。わたしをおつかわしください。」そこで,しゅわれた。「わたしはさいしょものつかわそう。」

28 するとだい二のものいかり,そのだい一のくらいまもらなかった。そして,そのおおくのものかれしたがった。