聖典
アブラハム書2


第2章

アブラハム,ウルのってカナンのかう。エホバ,ハランでアブラハムに姿すがたあらわされる。すべてのふくいんしゅくふくがアブラハムのそんに,またアブラハムのそんとおしてすべてのひとやくそくされる。アブラハム,カナンへき,つづいてエジプトにかう。

1 さて,しゅなるかみがウルのにおいてきんをひどくされたので,わたしのきょうだいハランんだ。しかし,わたしのちちテラはなお,カルデヤのウルのんでいた。

2 そして,わたしアブラハムはサライをめとり,わたしのきょうだいナホルはミルカをめとった。ミルカはハランのむすめであった。

3 さて,しゅはわたしにわれた。「アブラハム,あなたはくにて,しんぞくわかれ,ちちいえはなれ,わたしがしめきなさい。」

4 そこで,わたしはカルデヤのウルり,カナンのかった。わたしはきょうだいロトとそのつま,およびわたしのつまサライをれてった。わたしのちちも,わたしたちがハランとけたまでわたしについてた。

5 そして,きんやわらいだ。すると,ちちはハランにとどまり,そこにんだ。ハランにはおおくのひつじれがあったからである。ちちふたたぐうぞうれいはいもどり,そのためにハランにとどまった。

6 しかし,わたしアブラハムとわたしのきょうだいロトは,しゅいのった。すると,しゅはわたしにあらわれてわれた。「って,ロトをともなってきなさい。わたしはあなたをハランからし,こくにおいて,あなたをわたしのつかびとにするとさだめたからである。あなたののちそんがわたしのこえしたがうときに,わたしはそのかれらにえいえんしょゆうとしてあたえるであろう。

7 わたしはしゅなるあなたのかみである。わたしはてんみ,はわたしのあしだいである。わたしがうみうえべると,それはわたしのこえしたがう。わたしはかぜをおこしてわたしのくるまとする。わたしがやまやまかって『ここをれ』とえば,よ,それらはとつじょいっしゅんにしてせんぷうによりられる。

8 わたしのエホバであり,わたしははじめからわりをっている。それゆえ,わたしのはあなたのうえにある。

9 わたしはあなたをおおいなるこくみんとし,あなたをはかれないほどしゅくふくし,あなたのをすべてのこくみんあいだおおいなるものとしよう。あなたはあなたののちそんにとってしゅくふくとなり,かれらはすべてのこくみんにこのつとめとしんけんたずさえてくであろう。

10 わたしはあなたのによってかれらをしゅくふくしよう。このふくいんれるすべてのものはあなたのによってばれ,あなたのそんなされ,がってあなたをちちとしてたたえるであろう。

11 あなたをしゅくふくするものをわたしはしゅくふくし,あなたをのろうものをわたしはのろう。のすべてのぞくは,あなた(すなわち,あなたのしんけん)によって,また,このけんはあなたによってつづくというやくそくをわたしはあなたにあたえるのであなたのそん(すなわち,あなたのしんけん)によって,またあなたののちそん(すなわち,どおりのそんにくたいそん)によって,すくいのしゅくふくすなわちえいえんいのちしゅくふくであるふくいんしゅくふくさずけられるであろう。」

12 さて,しゅがわたしにかたるのをやめて,わたしから退しりぞかれたのち,わたしはこころなかった。「あなたのしもべはあなたをねっしんもとめてきました。そしていま,わたしはあなたをいだしました。

13 あなたはてん使つかわして,エルケナのかみがみからわたしをすくしてくださいました。わたしはあなたのこえによくしたがうようにしますので,あなたのしもべがらせて,やすらかにらせてください。」

14 それで,わたしアブラハムは,しゅわれたようにかけた。ロトもわたしといっしょった。わたしアブラハムはハランをたとき,六十二さいであった。

15 わたしは,カルデヤのウルにいたときにめとったサライと,わたしのきょうだいロトと,わたしたちがあつめたすべてのざいさんと,ハランでひとびとともない,カナンかうみちて,みちすすみながらてんまくんだ。

16 したがって,わたしたちがハランからジェルションをとおってカナンのかうたびをしていたとき,えいえんはわたしたちのおおいであり,わたしたちのいわであり,わたしたちのすくいであった。

17 さて,わたしアブラハムは,ジェルションのさいだんきずき,しゅにささげものをして,わたしのちちいえからきんってかれらがほろびることのないようにといのった。

18 そののち,わたしたちは,ジェルションからそのとおってシケムのいた。それはモレのへいにあり,わたしたちはすでにカナンびとさかいはいっていた。わたしはモレのへいのそこでせいをささげ,こころからしゅもとめた。すでにこのぐうぞうれいはいをするみんぞくはいっていたからである。

19 すると,しゅはわたしのいのりにこたえて,わたしにあらわれ,「わたしはあなたのそんにこのあたえる」とわれた。

20 そこで,わたしアブラハムは,しゅのためにきずいたさいだんところからがり,そこからベテルひがしやまうつっててんまくった。西にしにはベテル,ひがしにはアイがあった。そこにわたしはしゅのためにべつさいだんきずいて,ふたたしゅんだ

21 そして,わたしアブラハムはなおもすすんで,みなみたびつづけた。そのにはきんつづいていた。そこで,わたしアブラハムはエジプトにくだってき,そこにたいざいすることにした。きんじょうはげしくなったからである。

22 さて,わたしがエジプトにはいろうとしてそこにちかづいたとき,しゅはわたしにわれた。「よ,あなたのつまサライは,るにじょううつくしいおんなである。

23 それで,エジプトじんはサライをると,『このおんなはあのおとこつまだ』とってあなたをころし,サライはかしておくであろう。それゆえ,あなたはつぎのようにおこなうようにしなさい。

24 サライに,あなたのいもうとであるとエジプトじんわせなさい。そうすれば,あなたのいのちたすかるであろう。」

25 そこで,わたしアブラハムは,しゅがわたしにわれたことをすべてつまサライにげた。「だから,どうかわたしのいもうとだとかれらにってほしい。そうすれば,わたしはあなたのおかげでであり,わたしのいのちはあなたによってたすかるであろう。」