聖典
教義と聖約 2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​2​章

千八百二十三​ねん​九がつ​二十一​にち​の​よるげんしゃ​ジョセフ・​スミス​が​ニューヨーク​しゅう​マンチェスター​の​ちち​の​いえ​に​んで​いた​とき​に​けた、てん使​モロナイ​の​こと​から​の​抜粋ばっすい(『きょうかいれき』​だい一​かん、十二​ページ)。モロナイ​は、現在げんざい『モルモンしょ』​として​​に​されて​いる​ろく​を​つくった​歴代れきだい​の​れき​の​なか​の​さい​の​人物じんぶつ​で​ある(マラキしょだい四​しょう​五-六​せつ本書ほんしょだい二十七​しょう​九​せつだい​百十​しょう​十三-十六​せつだい​百二十八​しょう​十八​せつ​を​参照さんしょう)。

1​エリヤ​が​しんけん​を​あらわす。​2-3せん​の​やくそく​が​そん​の​こころ​に​えられる。

1 よ、しゅ​の​おおいなる​おそるべき​​が​る​まえ​に、わたし​は​げんしゃエリヤ​の​​に​よって​あなたがた​に​しんけん​を​あらわそう。

2 かれ​は​せん​に​あたえられた​やくそく​を​そん​の​こころ​に​え、そん​の​こころ​は​その​せん​に​かう​で​あろう。

3 そう​で​なければ、しゅ​の​らいりん​の​とき​に、ぜん​は​ことごとく​こうはい​する​で​あろう。