聖典
教義と聖約2
戻る 次へ

第2章

千八百二十三ねんがつ二十一にちよるげんしゃジョセフ・スミスがニューヨークしゅうマンチェスターのちちいえんでいたときにけた,てん使モロナイのことかんするジョセフ・スミスのれきからのばっすい。モロナイは,げんざい『モルモンしょ』としてされているろくつくったれきだいれきなかさいじんぶつである(マラキしょだいしょう五-六せつかくほんしょだい二十七しょうせつだい百十しょう十三-十六せつだい百二十八しょう十八せつともかく)。

1エリヤがしんけんあらわす。2-3せんやくそくそんこころえられる。

1 よ,しゅおおいなるおそるべきまえに,わたしはげんしゃエリヤによってあなたがたにしんけんあらわそう。

2 かれせんあたえられたやくそくそんこころえ,そんこころはそのせんかうであろう。

3 そうでなければ,しゅらいりんときに,ぜんはことごとくこうはいするであろう。