聖典
教義と聖約125
戻る 次へ

第125章

千八百四十一ねんがつ,イリノイしゅうノーブーにおいて,アイオワじゅんしゅうにいるせいたちにかんしてげんしゃジョセフ・スミスをとおしてあたえられたけい

1-4せいたちはかずかずまちきずき,シオンのステークにしゅうごうしなければならない。

1 アイオワじゅんしゅうにいるせいたちにかんするしゅこころなんであろうか。

2 まことに,しゅはこのようにわれる。「わたしはあなたがたにう。もしわたしのによってぶんしんんで,わたしのせいであろうとつとめているものたちが,わたしのおもうところをおこない,かれらにかんするわたしのいましめをまもろうとするならば,かれらを,わたしがわたしのしもべジョセフによってかれらにていしたしょあつめ,わたしののためにかずかずまちきずかせて,しょうらいこることにそなえさせるようにしなさい。

3 かれらに,ノーブーたいがんにわたしののために一つのまちきずかせなさい。そして,ゼラヘムラけなさい。

4 そして,ひがしから,西にしから,きたから,みなみからて,そこにみたいとのぞむすべてのものに,そこで,またナッシュビルで,あるいはノーブーで,またわたしがていしたすべてのステークかれらのぎをさせなさい」としゅわれる。