公式の宣言 1
    脚注

    公式の宣言一

    かんけいしゃかく

    ユタ​いんかい​が​ない長官ちょうかん​に​あてた​最近さいきん​の​ほうこく​の​なか​で、さいけっこん​は​いま​なお​きょこう​されて​おり、さくねん​の​六がつらい、または​​一​年間ねんかん​に​四十​じょう​の​その​よう​な​けっこん​が​ユタ​で​おこなわれた、そして​きょうかい​の​どうしゃ​たち​が​おおやけ​の​せっきょう​の​なか​で​いっさいせい​の​じっ​の​継続けいぞく​を​おしえ、奨励しょうれい​し、うながして​きた、と​もうてられて​いる​と​いう​むね​の​そくほう​が、ソルトレーク・​シティー​から​せいてき​な​もくてき​を​もって​発信はっしん​され、ひろく​こうひょう​される​ところ​と​なった。

    そこで、わたし​は​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​だいかんちょう​として、これら​の​なん​が​あやまり​で​ある​こと​を、ここ​に​もっとも​厳粛げんしゅく​に​宣言せんげん​する​もの​で​ある。わたしたち​は​現在げんざいいっさいせい、すなわち​さいけっこん​を​おしえて​おらず、だれ​に​も​それ​を​じっ​する​こと​を​ゆるして​いない。また、その​かんちゅう​に​とうきょうかい​の​神殿しんでん​で​も​じゅんしゅうない​の​いずれ​の​しょ​で​も、四十​または​いかなる​かず​で​あって​も​さいけっこん​が​きょこう​された​と​いう​こと​を、わたし​は​てい​する​もの​で​ある。

    千八百八十九​ねん​の​はる​に​ソルトレーク・​シティー​の​エンダウメント​ハウス​で​けっこん​が​しっこう​された、と​とうしゃ​たち​が​もうてて​いる​と​いう​ほうこく​が​一けん​あった​が、だれ​が​その​しき​を​しっこう​した​の​か、わたし​は​いまだに​る​こと​が​できない。この​けん​で​なに​が​おこなわれた​と​して​も、それ​は​わたし​の​らない​こと​で​あった。この​もうて​の​あった​けん​の​けっ​として、エンダウメント​ハウス​は、わたし​の​​に​よって​ただちに​こわされた。

    さいけっこん​を​きんじる​ほうりつ​が​かい​に​よって​制定せいてい​され、それら​の​ほうりつ​が​さいこう裁判所さいばんしょ​に​より​ごうけん​で​ある​と​宣言せんげん​された​じょう、わたし​は、それら​の​ほうりつ​に​したがい、また​わたし​が​かん​する​きょうかい​の​会員かいいん​に​も​わたし​の​影響えいきょうりょく​を​こう使​して​どうよう​に​それら​の​ほうりつ​に​したがわせる​よう​に​する​こと​を、ここ​に​宣言せんげん​する​もの​で​ある。

    前述ぜんじゅつ​の​かんちゅうきょうかいいん​に​あてた​わたし​の​おしえ、あるいは​わたし​の​どうりょう​の​おしえ​の​なか​に​は、いっさいせい​を​おしえ​んで​いる、あるいは​奨励しょうれい​して​いる​と​せいとう​に​解釈かいしゃく​できる​もの​は​ただ​の​一つ​も​ない。また、だれ​で​あろう​と​きょうかい​の​長老ちょうろう​が、この​よう​な​おしえ​を​つたえて​いる​よう​に​おもわれる​こと​を​使つかった​なら​ば、その​ひと​は​ただちに​叱責しっせき​されて​いる。そして​わたし​は​いまくに​の​ほうりつ​に​よって​きんじられた​いかなる​けっこん​も、それ​を​おこなう​の​を​ひかえる​よう​に​と​いう​の​が、まつじつせい​に​たいする​わたし​の​かんこく​で​ある、と​おおやけ​に​宣言せんげん​する​もの​で​ある。

    まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかいだいかんちょう

    ウィルフォード・​ウッドラフ

    ロレンゾ・​スノー​会長かいちょう​は、つぎ​の​よう​に​べた。

    「わたし​は​てい​します。すなわち、わたしたち​が​ウィルフォード・​ウッドラフ​を​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​だいかんちょう​で​あり、また​現在げんざいむすかため​の​しき​の​かぎ​を​ゆう​して​いる​じょう​で​ただ​ひと​の​ひと​で​ある​と​みとめ、かれ​に​は、わたしたち​が​いまげられる​の​を​いた、千八百九十​ねん​九がつ​二十四​け​の『宣言せんげん』​を​はっする​に​十分じゅうぶん​な​権能けんのう​が、その​​に​よって​あたえられて​いる​と​かんがえ、また​そう大会たいかい​に​あつまった​きょうかい​の​そう​と​して、わたしたち​が​さいけっこん​に​かんする​この​宣言せんげん​を​けん​と​こうそくりょく​の​ある​もの​として​れる​こと​を、ここ​に​てい​します。」

    前述ぜんじゅつ​の​てい​を​​する​さいけつ​は、全会ぜんかいいっ​で​あった。

    ユタ​じゅんしゅう​ソルトレーク・​シティー​千八百九十​ねん​十がつむい

    宣言せんげん」に​かんする​
    ​ウィルフォード・​ウッドラフ​だいかんちょう​の​
    ​三つ​の​せっきょう​から​の​抜粋ばっすい

    しゅ​は​わたし​で​あろう​と、ほか​の​だれ​で​あろう​と、この​きょうかい​の​だいかんちょう​として​つ​もの​が​みなさん​を​あやまった​みち​へ​みちびく​の​を​お​ゆるし​に​なる​こと​は​けっして​あり​ません。そう​する​こと​は、けいかく​の​なか​に​は​あり​ません。それ​は​かみ​の​こころ​の​なか​に​あり​ません。もし​わたし​が​そう​しよう​と​した​なら​ば、しゅ​は​わたし​を​この​しょく​から​退しりぞけられる​こと​でしょう。また、ほか​の​だれ​で​あろう​と​ひと​の​ら​を​しんたく​や​かれら​の​しょく​から​あやまった​みち​に​みちびこう​と​する​もの​に、しゅ​は​その​よう​に​される​でしょう。(だい​六十一​かいはんそう大会たいかい、千八百九十​ねん​十がつむいげつよう、ユタ​じゅんしゅう​ソルトレーク・​シティー。『デゼレト・​イブニング・​ニューズ』​〔​Deseret​ Evening​ News​〕​千八百九十​ねん​十がつ​十一​にち、二​ページ)

    だれ​が​きよう​と、だれ​が​のう​と、だれ​が​この​きょうかい​を​みちびく​ため​に​されよう​と、それ​は​問題もんだい​で​は​なく、かれら​は​ぜんのう​の​かみ​の​霊感れいかん​に​よって​きょうかい​を​みちびかなければ​ならない​と​いう​こと​です。かれら​は​それ​に​よって​きょうかい​を​みちびかなければ、けっして​きょうかい​を​みちびけない​の​です。…​…

    わたし​は​最近さいきんいくつ​か​の​けい​を、それ​も​わたし​に​とって​じょう​に​じゅうよう​な​けい​を​け​ました。そこで、しゅ​が​わたし​に​われた​こと​を​みなさん​に​お​はなし​しましょう。「宣言せんげん」と​ばれて​いる​もの​を​おもして​ください。…​…

    しゅ​は​わたし​に、まつじつせい​に​たいして​一つ​の​質問しつもん​を​する​よう​に​げられ​ました。また、しゅ​は​わたし​に、かれら​が​わたし​の​う​こと​に​みみ​を​かたむけ、てい​された​質問しつもん​に​かみ​の​たま​と​ちから​に​よって​こたえる​なら​ば、かれら​は​みなおなじ​よう​に​こたえ、この​けん​に​かんして​おなじ​よう​に​しんじる​で​あろう​と​も​げられ​ました。

    その​質問しつもん​と​は​これ​です。すなわち、まつじつせい​が​る​べき​もっとも​賢明けんめい​な​みち​は​どちら​で​あろう​か。さいけっこん​を​きんじる​くに​の​ほうりつ​と​六千まん​の​人々ひとびと​の​反対はんたい​が​あり、すべて​の​神殿しんでん​の​没収ぼっしゅう​と​損失そんしつ生者せいしゃ​と​しゃ​の​ため​の​そこ​で​の​すべて​の​しき​の​ちゅうだいかんちょうかい​と​じゅう使かい​と​きょうかいない​の​ぞく​の​ちょう​たち​の​とうごく、ならびに​人々ひとびと​の​じんざいさん​の​没収ぼっしゅう​と​いう​だい​を​もとめられ​ながら、さいけっこん​を​おこなう​りょく​を​つづける​こと​か。(これら​すべて​に​よって、その​こう​は​おのずと​ちゅう​される​でしょう。)それとも、この​原則げんそく​を​かたく​まもる​こと​に​よって​これまで​おこなって​きた​こと​を​おこない、くるしんだ​のち​に、その​こう​を​やめて​ほうりつ​に​したがい、そう​する​こと​に​よって、げんしゃ​たち​と​使​たち​と​父親ちちおや​たち​を​いえ​に​のこして、かれら​が​人々ひとびと​を​おしえ、きょうかい​の​つとめ​を​たせる​よう​に​し、また​神殿しんでん​も​せい​たち​の​​に​のこして、かれら​が​生者せいしゃ​と​しゃ​の​ため​に​ふくいん​の​しき​に​たずさわれる​よう​に​する​こと​か。

    わたしたち​が​この​こう​を​やめ​なければ​まさに​なに​が​こる​か​を、しゅ​は​げん​と​けい​に​よって​わたし​に​しめして​ください​ました。もし​わたしたち​が​それ​を​やめて​いなかった​なら​ば、ローガン​の​この​神殿しんでん​で​…​…​人々ひとびと​は​ひつよう​と​されなかった​こと​でしょう。シオン​の​ぜん​で​すべて​の​しき​が​し​められた​に​ちがいない​から​です。混乱こんらん​が​イスラエル​全体ぜんたい​に​および、おおく​の​ひと​が​しゅうじん​と​なって​いた​こと​でしょう。この​なん​は​ぜんきょうかい​に​および、わたしたち​は​その​こう​を​やめる​よう​に​まれて​いた​こと​でしょう。さて、その​質問しつもん​と​は、この​よう​な​ほうほう​で​それ​を​やめる​か、それとも​しゅ​が​わたしたち​に​あきらか​に​された​ほうほう​で​やめて、わたしたち​の​げんしゃ​たち​と​使​たち​と​父親ちちおや​たち​を​ゆう​な​ひと​として​のこし、また​神殿しんでん​を​たみ​の​​に​のこして​しゃ​が​あがなわれる​よう​に​する​か、と​いう​こと​です。すでに​おおく​の​もの​が、この​たみ​に​よって​霊界れいかい​に​おける​ごく​から​すくい​されて​きました。この​わざ​を​つづける​か、それとも​やめる​か。これ​が、わたし​が​まつじつせい​の​まえ​に​てい​する​質問しつもん​です。みなさん​は​みずから​判断はんだん​しなければ​なりません。わたし​は、みなさん​が​みずから​それ​に​こたえる​よう​に​のぞんで​います。わたし​は​それ​に​こたえ​ません。しかし、わたしたち​が​じっさい​に​った​みち​を​らなかった​なら​ば、それ​が​まさに​わたしたち​が​一つ​の​たみ​として​おちいって​いた​じょうたい​で​ある​と、みなさん​に​もうげ​ます。

    …​…​わたし​は、もし​なにか​を​おこなわなければ​まさに​なに​が​こる​か​を​​ました。わたし​は​ながい​あいだ​この​ち​を​いだいて​きました。しかし、わたし​は​こう​もうげたい​と​おもい​ます。すなわち、もしも​てん​の​かみ​が​わたし​の​おこなった​こと​を​おこなう​よう​に​わたし​に​めいじられなかった​なら​ば、わたし​は​すべて​の​神殿しんでん​を​ばなし、わたし​しん監獄かんごく​に​はいり、また​ほか​の​すべて​の​ひと​も​そこ​へ​かせた​こと​でしょう。とき​が​て、それ​を​おこなう​よう​に​めいじられた​とき、わたし​に​は​それ​は​すべて​あきらか​でした。そこで、わたし​は​しゅ​の​まえ​に​き、しゅ​が​く​よう​に​げられた​こと​を​しるした​の​です。…​…

    みなさん​が​じっくり​かんがえ、熟考じゅっこう​する​よう​に、わたし​は​これ​を​みなさん​に​ゆだね​ます。しゅ​は​わたしたち​と​ともに​はたらいて​くださって​います。(キャッシュ​ステーク​大会たいかい、ユタ​じゅんしゅう​ローガン、千八百九十一​ねん​十一がつ一日ついたちにちよう。『デゼレト・​ウイークリー』​〔​Deseret​ Weekly​〕​千八百九十一​ねん​十一がつ​十四​

    さて、わたし​は​みなさん​に、なに​が​わたし​に​しめされ、かみ​の​おん​が​この​こと​に​よって​なに​を​おこなわれた​か​を​もうげ​ましょう。…​…​もしも「宣言せんげん」が​あたえられなかった​なら​ば、ぜんのう​の​かみ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、これら​の​こと​が​すべて​こって​いた​こと​でしょう。そこで、かみ​の​おん​は​ぶん​の​こころ​の​うち​に​ある​様々さまざま​な​もくてき​の​ため​に、この​こと​を​きょうかい​と​​に​らせる​こと​を​のぞまれ​ました。しゅ​は​シオン​の​せつりつ​を​めいじて​おられ​ました。しゅ​は​この​神殿しんでん​の​完成かんせい​を​めいじて​おられ​ました。しゅ​は​生者せいしゃ​と​しゃ​の​すくい​が​山間さんかん​の​この​たに​に​おいて​あたえられる​こと​を​さだめて​おられ​ました。また、ぜんのう​の​かみ​は、あく​が​それ​を​さまたげる​こと​は​ない​と​さだめられ​ました。みなさん​が​この​こと​を​かい​できれ​ば、これ​が​それ​に​たいする​一つ​の​かぎ​な​の​です。(ソルトレーク​神殿しんでん​の​だい六​かいほうけんしき​に​おける​はなし、千八百九十三​ねん​四がつ。ユタ​じゅんしゅう​ソルトレーク・​シティー、きょうかいれきろくかんじょほうけんしき​の​タイプ​原稿げんこう

    True