聖典
教義と聖約 17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​17​章

千八百二十九​ねん​六がつ、ニューヨーク​しゅう​フェイエット​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​オリバー・​カウドリ、デビッド・​ホイットマー、および​マーティン・​ハリス​に​あたえられた​けい。この​けい​は、『モルモンしょ』​の​ろく​が​きざまれて​いた​はん​を​​に​する​まえ​に​あたえられた​もの​で​ある(『きょうかいれき』​だい一​かん、五十二-五十七​ページ)。ジョセフ・​スミス​と​その​ひっしゃ​オリバー・​カウドリ​は、『モルモンしょ』​の​はん​の​ほんやく​から、三にん​の​とくべつ​な​しょうにん​が​めい​される​こと​を​った(エテルしょだい五​しょう​二-四​せつニーファイ​だい二​しょだい十一​しょう​三​せつだい​二十七​しょう​十二​せつ​を​参照さんしょう)。オリバー・​カウドリ​と、デビッド・​ホイットマー​と、マーティン・​ハリス​は、三にん​の​とくべつ​な​しょうにん​と​なる​のぞみ​を​つ​よう​霊感れいかん​に​よって​うながされた。げんしゃ​は​しゅ​に​たずね、その​こたえ​として​ウリム​と​トンミム​に​よって​この​けい​が​あたえられた。

1-4しんこう​に​よって、三にん​の​しょうにん​は​はん​と​その​の​神聖しんせい​な​品々しなじな​を​る​で​あろう。​5-9『モルモンしょ』​が​かみ​から​あたえられた​もの​で​ある​こと​に​ついて​の​キリスト​の​あかし

1 よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​わたし​の​こと​に​たよらなければ​ならない。あなたがた​は​誠心せいしんせい​そう​する​なら​ば、はん​を​​に​し、また​むねて、ラバン​の​つるぎヤレド​の​きょうだい​が​しゅ​と​かお​と​かお​を​わせて​かたった​とき​に​やま​の​うえ​で​さずけられた​ウリム​と​トンミム、また​リーハイ​が​こうかい​の​さかい​の​​に​いた​とき​に​さずかった​​な​​も​​に​する​で​あろう。

2 あなたがた​が​これら​の​もの​を​​に​する​の​は、あなたがた​の​しんこう、すなわち、むかし​の​げんしゃ​たち​が​って​いた​よう​な​しんこう​に​よる​の​で​ある。

3 あなたがた​は​しんこう​を​て、ぶん​の​​で​これら​の​もの​を​た​のちかみ​の​ちから​に​よって​これら​の​もの​に​ついて​あかし​しなければ​ならない。

4 あなたがた​は、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス​が​ほろぼされる​こと​の​ない​よう​に​この​こと​を​おこない、わたし​が​この​わざ​に​よって​ひと​の​ら​の​ため​に​わたし​の​​に​かなった​もくてき​を​たっする​こと​が​できる​よう​に​しなければ​ならない。

5 あなたがた​は、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​が​これら​の​もの​を​た​よう​に、あなたがた​も​これら​の​もの​を​た​こと​を​あかし​しなければ​ならない。かれ​が​これら​の​もの​を​た​の​は​わたし​の​ちから​に​よる​の​で​あり、それ​は​かれ​に​しんこう​が​あった​から​で​ある。

6 そして、かれ​は​そのしょ​を、すなわち​わたし​が​かれ​に​めいじた​ぶん​を​ほんやく​した。あなたがた​の​しゅ、あなたがた​の​かみ​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、その​しょ​は​真実しんじつ​で​ある。

7 その​ため​に、あなたがた​は​かれ​と​おなじ​ちからおなじ​しんこうおなじ​賜物たまもの​を​けた。

8 あなたがた​が​わたし​の​あたえた​この​さい​の​いましめ​に​したがう​なら​ば、ごく​の​もん​も​あなたがた​に​つ​こと​は​ない。それ​は、わたし​の​めぐみ​が​あなたがた​に​たいして​十分じゅうぶん​で​あり、あなたがた​は​わり​の​​に​たかく​げられる​から​で​ある。

9 わたし、すなわち、あなたがた​の​しゅ​で​あり​あなたがた​の​かみ​で​ある​イエス・​キリスト​が、これ​を​あなたがた​に​かたった​の​は、ひと​の​ら​の​ため​に​わたし​の​​に​かなった​もくてき​を​たっする​ため​で​ある。アーメン。