聖典
教義と聖約 102
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​102​章

千八百三十四​ねん​二がつ​十七​にち、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おける​きょうかい​の​さいしょ​の​こうとうひょうかい​の​しき​に​かんする​ろく(『きょうかいれき』​だい二​かん、二十八-三十一​ページ)。げんろく​は​オリバー・​カウドリ​長老ちょうろう​と​オーソン・​ハイド​長老ちょうろう​に​よって​ろく​された。ふつろく​は​げんしゃ​に​よって​しゅうせい​され、こうとうひょうかい​に​げられ、ひょうかい​に​よって​しょうにん​された。じゅう使ひょうかい​に​かんする​だい​三十-三十二​せつ​は、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​が​この​しょう​を『きょうせいやく』​に​ふくめる​じゅん​を​して​いた​千八百三十五​ねん​に、かれ​に​よって​くわえられた​もの​で​ある。

1-8きょうかいない​に​こる​じゅうだい​な​問題もんだい​を​解決かいけつ​する​ため​に、こうとうひょうかい​が​もうけられる。​9-18じつかんけい​の​しん​の​ため​の​じゅん​が​あたえられる。​19-23ひょうかい​の​会長かいちょう​が​決定けってい​を​くだす。​24-34じょう​の​じゅん​が​説明せつめい​される。

1 今日き ょ うけい​に​よって、二十四​にん​の​だいさい​から​る​そうかい​が、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​の​いえ​で​会合かいごう​を​ち、キリスト​の​きょうかい​の​こうとうひょうかい​の​しき​に​ちゃくしゅ​した。この​こうとうひょうかい​は、十二​にん​の​だいさい​と、ひつよう​に​おうじて​ひと​ないし​三にん​の​会長かいちょう​から​る​もの​で​ある。

2 この​こうとうひょうかい​は、きょうかいない​で​こり​る​じゅうだい​な​問題もんだい​の​うち、きょうかい​または​ビショップ​の​ひょうかい​に​よって​とうしゃ​に​満足まんぞく​の​いく​解決かいけつ​が​られない​問題もんだい​を​解決かいけつ​する​ため​に、けい​に​よって​もうけられた。

3 ジョセフ・​スミス・​ジュニア​と、シドニー・​リグドン​と、フレデリック・​G・​ウィリアムズ​が、そうかい​の​こえ​に​よって​会長かいちょう​として​しょうにん​された。また、ジョセフ・​スミス・​シニア​と、ジョン・​スミス、ジョセフ・​コー、ジョン・​ジョンソン、マーティン・​ハリス、ジョン・​S・​カーター、ジェレド・​カーター、オリバー・​カウドリ、サミュエル・​H・​スミス、オーソン・​ハイド、シルベスター・​スミス、および​ルーク・​S・​ジョンソン​たち​だいさい​が、そうかい​の​全会ぜんかいいっ​の​こえ​に​よって、きょうかい​の​ため​の​常任じょうにんひょうかい​と​なる​よう​に​えらばれた。

4 ぜん​の​ひょういん​たち​は、そののち、その​にんめい​を​れる​か​どう​か、また​てん​の​りっぽう​に​したがって​その​しょく​を​遂行すいこう​する​か​どう​か​たずねられ、ぜんいん​が​その​にんめい​を​れ、かれら​に​さずけられる​かみ​の​めぐみ​に​したがって​その​しょく​を​たす​と​こたえた。

5 きょうかい​の​​に​よって​きょうかい​の​ため​に​さん​を​ひょうめい​して​ぜん​の​ひょういん​たち​を​にんじた​そうかい​の​こうせいいん​は​四十三​にん​で、つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、だいさい​九​にん長老ちょうろう​十七​にんさい​四​にん会員かいいん​十三​にん

6 けつこうぜん​の​ひょういん​または​正式せいしき​に​にんめい​された​こうにんしゃ​の​うち​の​七​にん​が​しゅっせき​して​い​なければ、こうとうひょうかい​は​しょく​を​遂行すいこう​する​権限けんげん​を​てない。

7 これら​七​にん​は、けっせき​の​ひょういん​の​わり​を​つとめる​の​に​ふさわしく、かつ​のうりょく​が​ある​と​かんがえられる​​の​だいさい​を​めい​する​権限けんげん​を​つ。

8 けつこうぜん​の​ひょういん​の​なか​の​だれか​の​ぼう​や、いましめ​に​そむく​こと​に​よる​しょく​から​の​解任かいにん、あるいは​この​きょうかい​の​管轄かんかついき​から​の​てんきょ​に​よって​欠員けついん​が​しょうじた​とき​は​いつでも、それ​は​会長かいちょう​あるいは​会長かいちょう​たち​の​めい​に​よって​じゅう​され、きょうかい​の​​に​おいて​こうどう​する​ため​に​それ​を​しょうにん​する​と​いう​もくてき​で​召集しょうしゅう​された、だいさい​の​そうかい​の​こえ​に​よって​しょうにん​され​なければ​ならない。

9 ひょうかい​の​会長かいちょう​で​も​ある​きょうかい​の​だいかんちょう​は、けい​に​よって​にんじられ、かれ​が​かん​する​こと​を​きょうかいいん​の​こえ​に​よって​しょうにん​される。

10 かれ​が​きょうかい​の​ひょうかい​を​かん​する​の​は、かれ​の​しょく​の​尊厳そんげん​に​よる。また、かれしん​が​にんめい​された​の​と​おなじ​ほうほう​で​にんめい​される、​の​ふた​の​会長かいちょう​の​​を​ける​こと​は、かれ​の​とっけん​で​ある。

11 また、かれ​を​​する​ため​に​にんめい​されて​いる​もの​の​ひと​あるいは​両者りょうしゃ​が​けっせき​の​あいかれ​は​​なし​に​ひょうかい​を​かん​する​権限けんげん​を​つ。また、かれしん​が​けっせき​の​あい​の​会長かいちょう​の​両者りょうしゃ​あるいは​いずれ​か​ひと​が、かれ​の​わり​に​かん​する​権限けんげん​を​つ。

12 キリスト​の​きょうかい​の​こうとうひょうかい​が​ぜん​の​形式けいしき​に​したがって​正式せいしき​に​しき​されて​いる​とき​は、十二​にん​の​ひょういん​は​すう​を​いた​くじ​を​き、それ​に​よって​一ばん​から​じゅんばん​に​十二​ばん​まで、十二​にん​の​うち​の​だれ​が​さいしょ​に​はなす​か​を​め​なければ​ならない。

13 なにか​の​けん​で​しょく​を​たす​ため​に​この​ひょうかい​が​召集しょうしゅう​される​あい、十二​にん​の​ひょういん​は​それ​が​むずかしい​もの​か​そう​で​ない​か​かんがえる。むずかしい​もの​で​なければ、まえ​に​しるした​方式ほうしき​で​ひょういん​の​ふた​だけ​が​それ​に​ついて​はなす。

14 しかし、むずかしい​と​おもえ​ば、四​にん​を​めい​しなければ​ならない。また、もっと​むずかしければ、六​にん​を​めい​しなければ​ならない。しかし、いかなる​あい​も、六​にんじょう​を​はなす​よう​に​めい​して​は​ならない。

15 うったえられた​もの​は、すべて​の​けん​に​おいて、じょく​や​こうへい​を​ぼう​する​ため​に​ひょうかい​の​半数はんすう​の​べん​を​ける​けん​を​つ。

16 ひょうかい​の​まえ​で​はなす​よう​に​めい​された​ひょういん​たち​は、しょう​を​検討けんとう​した​のちひょうかい​の​まえ​に​その​けん​の​真相しんそう​を​てい​しなければ​ならない。また、かくじん​は​こうへい​かつ​こうせい​に​はなさなければ​ならない。

17 偶数ぐうすう、すなわち​二、四、六、八、十、十二​の​かず​を​いた​ひょういん​は、うったえられた​もの​の​ため​に​って、じょく​と​こうへい​を​ぼう​しなければ​ならない​ひと​で​ある。

18 すべて​の​けん​に​おいて​証言しょうげん​を​き、その​けん​に​ついて​はなす​よう​に​めい​された​ひょういん​たち​が​かれら​の​所見しょけん​を​べ​えた​のちうったえた​もの​と​うったえられた​もの​は​ひょうかい​の​まえ​で​ぶんしん​の​ため​に​かたる​とっけん​を​つ。

19 証言しょうげん​を​き、ひょういん​と​うったえた​もの​と​うったえられた​もの​が​かたり​えた​のち会長かいちょう​は​その​けん​に​ついて​ぶん​の​て​いる​かい​に​したがって​判決はんけつ​を​くだし、十二​にん​の​ひょういん​に、かれら​の​さん​の​ひょうめい​に​よって​それ​を​しょうにん​する​よう​に​もとめる。

20 しかし、発言はつげん​しなかった​のこり​の​ひょういん​たち、すなわち​かれら​の​なか​の​だれか​が、証言しょうげん​と​弁論べんろん​と​を​こうへい​に​いた​のち会長かいちょう​の​判決はんけつ​の​なか​に​あやまり​を​いだした​なら​ば、かれら​は​それ​を​あきらか​に​する​こと​が​できる。そう​すれ​ば、その​けん​は​さいしん​される​こと​に​なる。

21 慎重しんちょう​な​さいしん​の​のち、その​けん​に​ついて​さらに​なんら​か​の​見解けんかい​が​しめされたら、それ​に​おうじて​判決はんけつ​を​へんこう​しなければ​ならない。

22 しかし、あらた​な​見解けんかい​が​ない​あい​は、ひょういん​の​はんすう​が​それ​を​決定けってい​する​権限けんげん​を​って​いる​ので、さいしょ​の​判決はんけつ​が​その​まま​有効ゆうこう​で​ある。

23 きょう​や​原則げんそく​に​かんする​問題もんだい​の​あいひょうかい​の​人々ひとびと​の​こころ​に​その​けん​を​あきらか​に​する​に​十分じゅうぶん​な​じゅつ​が​なければ、会長かいちょう​は​しゅ​に​たずね、けい​に​よって​しゅ​の​おもい​を​る​こと​が​できる。

24 遠方えんぽう​の​​で​は、とうしゃ​の​そうほう​あるいは​どちら​か​いっぽう​が​要請ようせい​する​とき​に、だいさい​たち​が​前述ぜんじゅつ​の​ほうほう​に​ならって​ひょうかい​を​召集しょうしゅう​し​しき​して、問題もんだい​を​解決かいけつ​する​権限けんげん​を​つ。

25 前述ぜんじゅつ​の​だいさい​の​ひょうかい​は、いちてき​に​この​よう​な​ひょうかい​を​かん​する​よう​に​かれら​しん​の​うち​から​ひと​を​にんじる​権限けんげん​を​つ。

26 前述ぜんじゅつ​の​ひょうかい​に​は、その​つづき​の​ろく​の​うつし​を、その​判決はんけつ​を​えた​すべて​の​証言しょうげんろく​と​ともに、きょうかい​の​だいかんちょうかい​の​しょざい​に​ある​こうとうひょうかい​に​ただちに​そう​する​​が​ある。

27 とうしゃ​の​そうほう​あるいは​どちら​か​いっぽう​が​前述ぜんじゅつ​の​ひょうかい​の​判決はんけつ​に​まん​で​あれ​ば、かれら​は​きょうかい​の​だいかんちょうかい​の​しょざい​に​ある​こうとうひょうかい​に​じょう​し、さいしん​を​ける​こと​が​できる。そこ​で​は​この​けん​は、あたかも​この​よう​な​判決はんけつ​が​くだされなかった​か​の​よう​に、ぜん​の​形式けいしき​に​したがって​あつかわれる。

28 遠方えんぽう​の​​に​おける​この​だいさい​の​ひょうかい​は、きょうかい​に​かんする​もっとも​困難こんなん​な​けん​に​ついて​のみ​召集しょうしゅう​す​べき​もの​で​ある。つう一般いっぱん​の​けん​で​は、この​よう​な​ひょうかい​を​召集しょうしゅう​する​に​たらない。

29 遠方えんぽう​の​​に​おける​じゅんかいだいさい​や​常駐じょうちゅうだいさい​は、この​よう​な​ひょうかい​を​召集しょうしゅう​する​こと​が​ひつよう​か​いな​か​を​げる​権限けんげん​を​つ。

30 遠方えんぽう​の​​に​おける​こうとうひょうかい​や​じゅんかいだいさい​と、十二​にん​の​使​に​よって​こうせい​される​じゅんかいこうとうひょうかい​と​の​あいだ​に​は、その​判決はんけつ​に​​が​ある。

31 ぜんしゃ​の​判決はんけつ​から​は​じょう​が​ありる​が、こうしゃ​の​判決はんけつ​から​は​ありない。

32 こうしゃ​で​は、いましめ​に​たいする​そむき​が​かんけい​して​いる​あい​に、きょうかい​の​ちゅうおうかん​だけ​が​​を​となえる​こと​が​できる。

33 けつこうきょうかい​の​だいかんちょうかい​の​しょざい​に​いる​会長かいちょう​や​会長かいちょう​たち​は、じょう​と、それ​に​ともなう​しょう​と​陳述ちんじゅつ​と​を​検討けんとう​した​のちじょう​される​けん​が​せいとう​に​さいしん​を​ける​に​そうとう​する​か​どう​か​を​決定けってい​する​権限けんげん​を​つ。

34 そののち、十二​にん​の​ひょういん​は、だれ​が​さいしょ​に​はなす​か​を​める​ため​に​くじき、すなわち​ちゅうせん​に​うつった。​が​その​けっ​で​ある。すなわち、一.​オリバー・​カウドリ、二.​ジョセフ・​コー、三.​サミュエル・​H・​スミス、四.​ルーク・​ジョンソン、五.​ジョン・​S・​カーター、六.​シルベスター・​スミス、七.​ジョン・​ジョンソン、八.​オーソン・​ハイド、九.​ジェレド・​カーター、十.​ジョセフ・​スミス・​シニア、十一.​ジョン・​スミス、十二.​マーティン・​ハリス。

いのり​の​のち休会きゅうかい​した。

しょ​​オリバー・​カウドリ

オーソン・​ハイド