聖典
序文
脚注

Hide Footnotes

テーマ

序文じょぶん

きょうせいやく』​は、わり​の​とき​に​じょう​に​かみ​の​おうこく​を​せつりつ​して​おさめる​ため​に​あたえられた、かみ​の​けい​と​霊感れいかん​に​よる​宣言せんげん​を​あつめた​もの​で​ある。その​ほとんど​の​しょう​は​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​会員かいいん​に​あてられた​もの​で​ある​が、その​メッセージ​と​けいこく、および​かんこく​は​ぜんじんるい​を​えきする​もの​で​あって、そこ​に​は、しゅ​イエス・​キリスト​の​こえ​に​みみ​を​かたむける​よう​に​と​の​ぜん​の​すべて​の​ひと​へ​の​まねき​が​ふくまれて​いる。しゅ​イエス・​キリスト​は、人々ひとびと​の​この​に​おける​こうふく​と​永遠えいえん​の​すくい​の​ため​に​かたって​おられる​の​で​ある。

この​しょ​に​おさめられて​いる​けい​の​ほとんど​は、まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​さいしょ​の​げんしゃ​で​あり​だいかんちょう​で​ある​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​を​とおして​あたえられた​もの​で​ある。その​ほか​の​けい​は、かれ​の​継承けいしょうしゃ​として​だいかんちょう​の​しょく​に​いた​人々ひとびと​を​とおして​発表はっぴょう​された(きょうせいやくだい​百三十五百三十六百三十八​しょう​の​まえ​と、公式こうしき宣言せんげん​を​参照さんしょう)。

きょうせいやく』​の​しょ​は、『せいしょ』『モルモンしょ』『こう真珠しんじゅ』​と​ともに、とうきょうかい​の​標準ひょうじゅん聖典せいてん​の​一つ​を​して​いる。しかしながら、『きょうせいやく』​は​ほか​の​聖典せいてん​と​は​おもむき​を​こと​に​する。これ​は​むかし​の​ろく​の​ほんやく​で​は​なく、その​げん​が​近代きんだい​に​あり、この​だい​に​かみ​の​せい​なる​わざ​を​回復かいふく​し、じょう​に​かみ​の​おうこく​を​せつりつ​する​ため​に、えらばれた​げんしゃ​たち​を​とおして​かみ​から​あたえられた​もの​だから​で​ある。これら​の​けい​から​は、ときちる​しんけんだい​に​あらた​に​かたり​かけられた​しゅ​イエス・​キリスト​の​やさしい、それ​で​いて​かっ​と​した​こえ​が​こえて​くる。この​こえ​に​よって​かい​された​わざ​は、しゅ​の​再臨さいりん​に​そなえる​もの​で​あり、かい​が​はじまって​らい​の​すべて​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​こと​に​かない、それ​を​じょうじゅ​する​もの​で​ある。

ジョセフ・​スミス・​ジュニア​は、千八百五​ねん​十二がつ​二十三​にち​に、アメリカ​合衆国がっしゅうこく​の​バーモント​しゅう​ウィンザー​ぐん​シャロン​で​まれた。そして​わかい​とき​に、ぞく​と​ともに​ニューヨーク​しゅう西せい​の​マンチェスター​に​うつり​んだ。かれ​が​さいしょ​の​げん​を​けた​の​は、千八百二十​ねん​の​はる、十四​さい​で、マンチェスター​の​ちかく​に​んで​いた​とき​の​こと​で​ある。その​とき、かれ​は​永遠えいえん​の​ちち​なる​かみ​と​その​おん​イエス・​キリスト​の​直接ちょくせつ​の​おとずれ​を​けた。かれ​は​この​げん​の​なか​で、しんやく​の​だい​に​せつりつ​されて​完全かんぜん​な​ふくいん​を​つたえた​イエス・​キリスト​の​まこと​の​きょうかい​が、もはや​じょう​に​ない​こと​を​げられた。その​も​なん​か​神聖しんせい​な​あらわれ​が​あり、かれ​は​おおく​の​てん使​から​おしえ​を​けた。そして、かれ​が​じょう​で​なす​べき​とくべつ​な​わざ​を​かみ​が​そなえて​おられる​こと、また​かれ​に​よって​イエス・​キリスト​の​きょうかい​が​じょう​に​回復かいふく​される​こと​が​あきらか​に​された。

やがて​ジョセフ・​スミス​は​かみ​の​たすけ​を​て、『モルモンしょ』​を​ほんやく​し、しゅっぱん​する​に​いたった。その​かん、千八百二十九​ねん​五がつ​に、ジョセフ・​スミス​と​オリバー・​カウドリ​は、バプテスマ​の​ヨハネ​に​よって​アロン​しんけん​に​聖任せいにん​され(きょうせいやくだい十三​しょう)、そのもなく、むかし​の​使​ペテロ​と​ヤコブ​と​ヨハネ​に​よって​メルキゼデク​しんけん​に​も​聖任せいにん​された(きょうせいやくだい​二十七​しょう​十二​せつ)。その​も​聖任せいにん​を​け、モーセ、エリヤ、エライアス、および​むかし​の​おおく​の​げんしゃ​から​しんけん​の​かぎ​を​さずけられた(きょうせいやくだい​百十​しょう百二十八​しょう​十八、二十一​せつ)。じっさい、これら​の​聖任せいにん​に​よって、じょう​の​人間にんげん​に​かみ​の​権能けんのう​が​回復かいふく​された​の​で​ある。そして、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​は​てん​から​の​​を​けて、千八百三十​ねん​四がつむい​に​きょうかい​を​しき​した。この​よう​に​して、イエス・​キリスト​の​まこと​の​きょうかい​が、ふくいん​を​おしえ、すくい​の​しき​を​しっこう​する​権能けんのう​を​つ​一つ​の​しき​として、もう​いち人々ひとびと​の​あいだ​で​はたらき​を​する​こと​に​なった​の​で​ある(こう真珠しんじゅジョセフ・​スミス―れきだい一​しょう​一―七十五​せつきょうせいやくだい二十​しょう)。

これら​の​神聖しんせい​な​けい​は、ひつよう​な​折々おりおり​に​いのり​へ​の​こたえ​として​けた​もの​で​あり、じつざい​の​人々ひとびと​の​現実げんじつ​の​状況じょうきょう​に​おうじて​あたえられた​もの​で​ある。げんしゃ​と​かれ​の​どうりょう​たち​は​かみ​の​みちびき​を​もとめた。そして、これら​の​けい​は、かれら​が​その​みちびき​を​けた​こと​を​しょうめい​して​いる。これら​の​けい​から、イエス・​キリスト​の​ふくいん​が​回復かいふく​され、あきらか​に​され、そして​ときちる​しんけんだい​が​とうらい​した​こと​が​かる​の​で​ある。ニューヨーク​しゅう​と​ペンシルベニア​しゅう​から、オハイオ​しゅう、ミズーリ​しゅう、イリノイ​しゅう​を​て、ついに​アメリカ​西せい​の​だいぼん​に​いたる​きょうかい​の​西方せいほう​へ​の​どう、また​近代きんだい​に​シオン​を​じょう​に​きずき​げよう​と​した​せい​たち​の​ちからづよい​りょく​も、これら​の​けい​の​なか​に​しめされて​いる。

はじめ​の​いくつ​か​の​しょう​は、『モルモンしょ』​の​ほんやく​と​しゅっぱん​に​かんする​ことがら​に​関連かんれん​した​もの​で​ある(きょうせいやくだい十七十九​しょう参照さんしょう)。また、そのあと​の​いくつ​か​の​しょう​は、霊感れいかん​に​より『せいしょ』​の​ほんやく​を​おこなって​いた​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​の​はたらき​を​反映はんえい​した​もの​で​ある。この​ほんやく​の​あいだ​に、じゅうよう​な​きょう​を​ふくむ​しょう​の​おおく​が​あたえられた​の​で​あった(れい​として、きょうせいやくだい​三十七四十五七十三七十六七十七八十六九十一百三十二​しょう​を​参照さんしょう。これら​の​かくしょう​は、『せいしょ』​の​ほんやく​に​直接ちょくせつなんら​か​の​関連かんれん​を​って​いる)。

これら​の​けい​の​なか​で​は、つぎ​の​よう​な​ほんてき​な​ことがら​に​ついて​ふくいん​の​きょう​が​かれ、あきらか​に​されて​いる。すなわち、神会しんかい​の​属性ぞくせいひと​の​げん、サタン​の​じつざいす​べき​生涯しょうがい​の​もくてき従順じゅうじゅん​の​ひつようせいあらため​の​ひつようせいせい​なる​たま​の​はたらき、すくい​に​かんする​しき​と​おこない、きゅう​の​すえふっかつ​と​さばき​に​つづく​ひと​の​将来しょうらい​の​じょうたい婚姻こんいんかんけい​が​永遠えいえん​に​つづく​こと、ぞく​の​永遠えいえんせい。さらに、ビショップ​と​だいかんちょうかいじゅう使ひょうかい、および​七十しちじゅうにん​の​し、ならびに​その​の​かん​の​しょく​と​定員ていいんかい​の​せっ​に​ともない、きょうかい​の​かんしき​が​だい​に​あきらか​に​された​こと​も​しめされて​いる。さい​に、イエス・​キリスト​に​ついて、すなわち、イエス・​キリスト​の​神性しんせい尊厳そんげん完全かんぜんあいあがない​の​ちから​に​ついて​べられた​あかし​は、この​しょ​を​ぜんじんるい​に​とって​じょう​に​ちょう​な​もの、また​ぜん​の​とみ​より​も​​ある​もの​と​して​いる。

千八百三十三​ねん​に、おおく​の​けい​が『キリスト​の​きょうかい​の​とう​の​ため​の​いましめ​の​しょ』(A ​Book ​of ​Commandments ​for ​the ​Government ​of ​the ​Church ​of ​Christ )と​いう​書名しょめい​で、ミズーリ​しゅう​シオン(インディペンデンス)に​おいて​しゅっぱん​された。この​しゅっぱん​に​たって、とうきょうかい​の​長老ちょうろう​たち​は、これら​の​けい​が​真実しんじつ​で​ある​と​の​あかし​を​しゅ​から​けた​こと​を​厳粛げんしゅく​に​あかし​した。しゅ​は​ぶん​の​しもべ​たち​と​の​まじわり​を​つづけられ、二​ねん​に、ぞうばん​が、『まつじつせい​の​きょうかい​の​きょうせいやく』(Doctrine ​and ​Covenants ​of ​the ​Church ​of ​the ​Latter ​Day ​Saints)と​だいして、オハイオ​しゅう​カートランド​で​しゅっぱん​された。千八百三十五​ねん​の​この​はん​に​は、つぎ​の​よう​な​じゅう使​の​あかし​が​えられた。

きょうせいやく』​の​しょ​が​真実しんじつ​で​ある​と​いう​じゅう使​の​あかし

しゅ​の​いましめ​の​しょ​に​ついて​の​しょうにん​の​あかし。これら​の​いましめ​は、しゅ​が​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​を​とおして​しゅ​の​きょうかい​に​あたえられた​もの​で​あり、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​は​この​もくてき​の​ため​に​きょうかいいん​の​こえ​に​よって​にんめい​された​もの​で​ある。

したがって、わたしたち​は、これら​の​いましめ​が​かみ​から​霊感れいかん​に​よって​あたえられ、すべて​の​ひと​に​とって​有益ゆうえき​で​あり、まことに​真実しんじつ​で​ある​と、しゅ​が​わたしたち​に​そそがれた​聖霊せいれい​を​とおして​わたしたち​に​あかし​された​こと​を、ぜんじんるい、すなわち​​の​おもて​の​すべて​の​つくられた​もの​に​すすんで​あかし​したい​と​おもう。

しゅ​を​わたしたち​の​たすぬし​として、わたしたち​は​この​あかし​を​​の​人々ひとびと​に​つたえる​もの​で​ある。わたしたち​が​​の​人々ひとびと​に​あかし​を​べる​と​いう​この​とっけん​に​あずかる​こと​を​ゆるされて​いる​の​は、ちち​なる​かみ​と​その​おん​イエス・​キリスト​の​めぐみ​に​よる​もの​で​ある。わたしたち​は​この​とっけん​を​おおいに​よろこび、ひと​の​ら​が​これ​に​よって​えき​を​る​よう​に​と​つねに​しゅ​に​いのって​いる。

じゅう使​の​まえ​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

トーマス・​B・​マーシュ

デビッド・​W・​パッテン

ブリガム・​ヤング

ヒーバー・​C・​キンボール

オーソン・​ハイド

ウィリアム・​E・​マクレラン

パーリー・​P・​プラット

ルーク・​S・​ジョンソン

ウィリアム・​スミス

オーソン・​プラット

ジョン・​F・​ボイントン

ライマン・​E・​ジョンソン

きょうせいやく』​の​その​の​はん​に​は、さらに​べつ​の​けい​や​その​ほか​の​ろくこう​が、あたえられた​まま​に、また​きょうかい​の​しょかん​の​かい​や​大会たいかい​で​れられた​まま​に​つい​されて​きた。

また、千八百三十五​ねんばんらい、「しんこう​に​かんする​こう」と​ばれる​七​​から​る​神学しんがくじょう​の​一連いちれん​の​おしえ​が​掲載けいさい​されて​いた。これ​は、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おける「げんしゃ​の​じゅく」で​使よう​する​ため​に、千八百三十四​ねん​から​千八百三十五​ねん​に​かけて​じゅん​された​もの​で​ある。これら​の​こう​は​きょう​と​おしえ​の​てん​で​は​有益ゆうえき​で​ある​が、きょうかい全体ぜんたい​へ​の​けい​として​あたえられた​もの​で​は​なく、また​れ​の​てい​も​されて​いない​ため、千九百二十一​ねんばんこう、『きょうせいやく』​から​はぶかれて​いる。

​の​はん​で​は、じゃっかん​の​あやまり​が、とくに​しょう​の​まえき​の​れきてき説明せつめい​の​ぶん​に​のこって​いた​こと​は​あきらか​で​ある。そこで、づけ​や​めい​の​訂正ていせい、その​ほか​適切てきせつ​と​おもわれる​ちいさな​訂正ていせい​が​じゃっかんおこなわれた。これら​の​へんこう​は​れき文書ぶんしょ​に​がっ​する​よう​に​おこなわれた​もの​で​ある。この​さいしんばん​の​その​ほか​の​とくちょう​は、そう参照さんしょうせいしょう​の​まえき、および​概要がいよう​が​改善かいぜん​された​こと​に​ある。これ​は​すべて、どくしゃ​が『きょうせいやく』​の​なか​に​べられて​いる​しゅ​の​メッセージ​を​かい​して​よろこび​を​られる​よう​に​ふう​された​もの​で​ある。

また、かくしょう​の​まえき​に『きょうかいれき』(History ​of ​the ​Church)の​参照さんしょうしょ​が​げられて​いる。『きょうかいれき』​は、千八百二十​ねん​から​千八百四十八​ねん​まで​の​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​れき​を​しるした​ぜん​七​かん​の​しょもつ​で​ある。しかし、これ​は​まだ​ほんやく​されて​おらず、えいばん​しか​ない​ので、『きょうせいやく』​の​しょう​の​まえき​に​おける『きょうかいれき』​の​参照さんしょうしょ​は​えいばん​を​す。