聖典
教義と聖約106
戻る 次へ

第106章

千八百三十四ねん十一がつ二十五にち,オハイオしゅうカートランドにおいて,げんしゃジョセフ・スミスをとおしてあたえられたけい。このけいは,オリバー・カウドリのあにウォレン・A・カウドリにあてられたものである。

1-3ウォレン・A・カウドリがもとかんやくいんとしてされる。4-5さいりんぬすびとのようにひかりおそうことはない。6-8きょうかいちゅうじつほうすると,おおいなるしゅくふくがもたらされる。

1 わたしのおもいは,わたしのしもべウォレン・A・カウドリが,フリーダムとそのまわりのいきにおけるわたしのきょうかいかんだいさいえらばれ,せいにんされ,

2 わたしのえいえんふくいんつたえ,かれにんだけでなくりんせつするぐんにおいても,そのこえげてひとびとけいこくし,

3 わたしがいまかれあたえるこのだかくかつせいなるしにぜんかんをささげ,てんおうこくとそのねっしんもとめることである。そうすれば,ひつようなものはすべてえてあたえられるであろう。はたらびとほうしゅうけるのはとうぜんだからである。

4 さらにまた,まことに,わたしはあなたがたにう。しゅらいりんちかづいており,それはよるぬすびとのようにおそう。

5 それゆえ,あなたがたはひかりとなるために,こしおびめなさい。そうすれば,そのぬすびとのようににあなたがたをおそことはないであろう。

6 さらにまた,まことに,わたしはあなたがたにう。わたしのしもべウォレンがわたしのしゃくをかがめ,ひとわるがしこおこないからいたとき,てんよろこびがあった。

7 それゆえ,わたしのしもべウォレンは,さいわいである。わたしはかれあわれむからである。かれきょえいしんがあるにもかかわらず,もしかれがわたしのまえにへりくだるならば,わたしはかれたかげよう。

8 また,わたしはかれめぐかくしんあたえて,かれてるようにしよう。もしかれつづけてちゅうじつしょうにんであり,きょうかいにとってひかりとなるならば,わたしはちちまいかれのためにかんむりようしている。まことにそのとおりである。アーメン。