聖典
教義と聖約123
戻る 次へ

第123章

ミズーリしゅうリバティーのかんごくにおいて,とらわれのであったげんしゃジョセフ・スミスがいたはくがいするものかんするせいたちの。このしょうは,千八百三十九ねんがつけのきょうかいにあてたがみからのばっすいである(だい百二十一しょうまえさんしょう)。

1-6せいたちは,けたなんはくがいろくあつめてしゅっぱんしなければならない。7-10いつわりのしんじょうかくりつしたれいが,せいたちのはくがいさそう。11-17すべてのきょうなかおおくのものが,やがてしんれるであろう。

1 さらにまた,わたしたちは,つぎのことをかんがえるようにあなたがたにすすめたい。すなわち,すべてのせいが,このしゅうひとびとからくわえられたなんぎゃくたいかんするいっさいじつについて,じょうほうあつめることはせいとうである。

2 また,せいたちがそんがいこうむったすべてのざいさんそんがいがくを,どうさんだけでなく,じんかくならびにしんたいへのしんがいについてもじょうほうあつめること,

3 また,かれらがにゅうしゅし,つけせるかぎり,そのぼうぎゃくたんしたすべてのひとまえじょうほうあつめることについてもどうようである。

4 いんかいもうけて,これらのことを調しらし,もうしたてしょせんせいきょうじゅつしょり,されているちゅうしょうてきかんこうぶつあつめ,

5 ざっひゃってんなかにあるすべてのもの,またすでにしゅっぱんされた,あるいはげんざいしっぴつちゅうのすべてのちゅうしょうてきれき,およびそれがだれによるものかについてのじょうほうあつめ,このたみたいしておこなわれたごくあくしょぎょうどうかつざんにんこうぜんたいのつながりをあきらかにすることもできるであろう。

6 それは,わたしたちがそれらをぜんかいけてしゅっぱんするだけでなく,せいどうしゃたちにそれらをくらごくのようなじょうたいのままであきらかにするためでもある。それは,わたしたちのてんおんちちにそのかくからていただくというやくそくたすようにもとめるけんを,わたしたちがじゅうぶんかつもうぶんなくしゅちょうするにさきって,てんおんちちからわたしたちにめいじられているさいりょくである。さらにまた,それは,てんおんちちがそのつようでちからくだされるまえに,ぜんこくみんべんかいのないようにするためである。

7 これは,わたしたちがかみたいして,またわたしたちがともにたされるてん使たちにたいして,またさつがいあっせいぼうぎゃくもっとまわしいしたなげき,かなしみ,あんでくじかれたわたしたちしんさいたいしてっている,ぜひともたすべきである。そのさつがいあっせいぼうぎゃくもっとまわしいは,いつわりをいだせんしんじょうそんこころにしっかりとみ,こんらんたし,ますますせいりょくし,いまやすべてのはいとくみなもとそのものとなっている,あのれいえいきょうりょくによってえんされ,うながされ,ささえられている。そして,ぜんはそのざいあくおもさのしたでうめいている。

8 これはてつくびきであり,つよなわである。それらはまさにごくじょうくさりかせ,あしかせである。

9 したがって,これは,わたしたちがぶんたちのさいたいしてだけでなく,そのてつによっておっとちちおやころされた,やもめやちちのいないどもたいしてもっている,ぜひともたすべきである。

10 そのようなくらい,あんこくまねこうは,ごくをさえふるえおののかせ,おそれてかおいろうしなわせ,あのあくをもふるわせ,まひさせるのにじゅうぶんである。

11 これはまた,わたしたちがつぎだいたいして,またすべてのこころきよものたいしてっている,ぜひともたすべきである。

12 じょうのすべてのきょうしゅうもんなかには,あざむこうとせるひとびとこうかつわるだくみによってをくらまされいだすしょらないということだけでしんられずにいるおおくのひとがいる。

13 したがって,わたしたちは,わたしたちのるかぎりにおいて,やみなかかくされたことをすべてあかるみにすために,しょうがいをなげうってくさなければならず,これらはまことにてんからしめされるのである。

14 したがって,これらのことにおおいにしんけんまなければならない。

15 だれにも,これらのことをささいなこととおもわせてはならない。せいたちにかんしてしょうらいこるおおくのことは,これらのことにかかっているからである。

16 きょうだいたちよ,あなたがたのっているように,じょうおおきなふねも,あらしのときにはごくちいさなかじおおいにたすけられかぜなみたいしてしんたもつことができる。

17 したがって,しんあいなるきょうだいたちよ,わたしたちのちからかぎりすべてのことをよろこんでおこなおう。そしてねがわくは,そののち,わたしたちがこのうえないかくしんをもってけて,かみすくにし,またかみうであらわされるのをることができるように。