聖典
教義と聖約 114
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​114​章

千八百三十八​ねん​四がつ​十七​にち、ミズーリ​しゅう​ファーウェスト​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい三​かん、二十三​ページ)。

1-2ちゅうじつ​で​ない​もの​が​けて​いる​きょうかい​の​しょく​は、ほか​の​もの​に​あたえる​べき​で​ある。

1 まことに、しゅ​は​この​よう​に​う。わたし​の​しもべ​デビッド・​W・​パッテン​が、できる​だけ​はやく​かれ​の​ぎょう​を​すべて​清算せいさん​し、その​商品しょうひん​を​処分しょぶん​し、そう​する​こと​に​よって​来年らいねん​の​はる​に、ほか​の​もの、すなわち​かれしん​を​ふくむ​十二​にん​の​もの​と​ともに、ぜんかい​に​わたし​の​​を​あかし​し、よろこび​の​おとずれ​を​たずさえて​く​使めい​を​わたし​の​ため​に​たす​よう​に​する​こと​は、かれ​に​とって​賢明けんめい​で​ある。

2 まことに、しゅ​は​この​よう​に​う。あなたがた​の​なか​に​わたし​の​​を​てい​する​もの​が​いれ​ば、ほか​の​もの​を​わり​に​てて、てい​する​もの​の​しょく​を​あたえ​なければ​ならない。アーメン。