教義と聖約 93
    脚注

    第​93​章

    千八百三十三​ねん​五がつむい、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、三百四十三-三百四十六​ページ)。

    1-5ちゅうじつ​な​もの​は​みなしゅ​に​まみえる。​6-18かみ​の​おん​は​御父おんちち​の​完全かんぜん​な​えいこう​を​ける​まで​めぐみ​に​めぐみ​を​けられた​こと​を、ヨハネ​は​あかし​した。​19-20ちゅうじつ​な​人々ひとびと​も​めぐみ​に​めぐみ​を​ける​こと​に​よって、御父おんちち​の​完全かんぜん​な​えいこう​を​ける。​21-22​キリスト​に​よって​まれる​もの​は​ちょう​の​きょうかい​で​ある。​23-28​キリスト​は​すべて​の​しん​を​けられた。ひと​も​従順じゅうじゅん​で​ある​こと​に​よって、おなじ​よう​に​それ​が​できる。​29-32ひと​は​はじめ​に​かみ​と​ともに​いた。​33-35げん​は​永遠えいえん​で​あり、ひと​は​ふっかつ​の​とき​に​ちみちる​よろこび​を​ける​こと​が​できる。​36-37かみ​の​えいこう​は​えい​で​ある。​38-40​キリスト​の​あがない​が​ある​ので、ども​たち​は​かみ​の​まえ​に​つみ​が​ない。​41-53どうてきたち​に​ある​きょうだい​たち​が、ぶん​の​ぞく​を​ととのえる​よう​に​めいじられる。

    1 まことに、しゅ​は​この​よう​に​う。ぶん​の​つみ​を​て、わたし​の​もと​に​て、わたし​の​​を​び、わたし​の​こえ​に​したがい、わたし​の​いましめ​を​まもる​もの​は​みな、わたし​の​かお​を​て、わたし​が​いる​こと​を​る​で​あろう。

    2 また、わたし​が​​に​る​すべて​の​ひと​を​らす​まこと​の​ひかり​で​ある​こと、

    3 また、わたし​が​ちち​に​おり、ちち​が​わたし​に​おられ、ちち​と​わたし​が​一つ​で​ある​こと​を​る​で​あろう。

    4 ちち​と​一つ​で​ある​と​いう​の​は、ちち​が​わたし​に​ぶん​の​完全かんぜん​を​あたえて​くださった​から​で​ある。また、​で​ある​の​は、わたし​が​​に​いて、にくたい​を​わたし​の​まく​と​し、ひと​の​ら​の​なか​に​んだ​から​で​ある。

    5 わたし​は​​に​いて、ちち​から​けた。そして、ちち​の​わざ​は​かり​やすく​しめされた。

    6 また、ヨハネ​は​わたし​の​完全かんぜん​な​えいこう​を​て、あかし​した。ヨハネ​の​すべて​の​ろく​は、この​のちあきらか​に​される。

    7 かれ​は​あかし​して​った。「わたし​は​かれ​の​えいこう​を​​に​し、また​かい​が​そんざい​する​まえ​に​はじめ​に​かれ​が​おられた​の​を​た。

    8 それゆえ、はじめ​に​こと​が​あった。かれ​は​こと、すなわち​すくい​の​使しゃ​で​あり、

    9 ​の​ひかり​で​あり、​の​あがなぬし​で​あり、​に​られた​しん​の​たま​で​あった。かれ​が​​に​られた​の​は、​が​かれ​に​よって​つくられた​から​で​ある。また、かれ​の​なか​に​ひと​の​いのち​と​ひと​の​ひかり​が​あった。

    10 もろもろ​の​かい​は​かれ​に​よって​つくられた。ひと​は​かれ​に​よって​つくられた。万物ばんぶつ​は​かれ​に​よって、かれ​を​つうじて、かれ​から​つくられた。

    11 わたし​ヨハネ​は​あかし​する。わたし​は​御父おんちち​の、めぐみ​と​しん​に​ちて​おられる​ひと​の​えいこう​として​の、すなわち​​に​て​にくたい​に​宿やどり、わたしたち​の​なか​に​まわれた​しん​の​たま​の​えいこう​として​の​かれ​の​えいこう​を​た。

    12 また、わたし​ヨハネ​は、かれ​が​さいしょ​から​完全かんぜん​は​けず、めぐみ​に​めぐみ​を​くわえられた​の​を​た。

    13 かれ​は​さいしょ​から​完全かんぜん​は​けず、めぐみ​に​めぐみ​を​け​つづけ、ついに​完全かんぜん​を​けられた。

    14 この​よう​に​して、かれ​は​かみ​の​​と​ばれた。かれ​は​さいしょ​から​完全かんぜん​は​けられなかった​から​で​ある。

    15 わたし​ヨハネ​は​あかし​する。よ、てん​が​ひらかれ、聖霊せいれい​が​はと​の​かたち​を​って​かれ​の​うえ​に​くだって、かれ​の​うえ​に​とどまられた。また、てん​から​こえ​が​あって​われた。『これ​は​わたし​の​あいする​​で​ある。』

    16 わたし​ヨハネ​は​あかし​する。かれ​は​御父おんちち​の​完全かんぜん​な​えいこう​を​けられた。

    17 かれ​は​てん​に​おいて​も​​に​おいて​も、いっさい​の​けん​を​けられた。そして、御父おんちち​の​えいこう​は​かれ​と​ともに​あった。御父おんちち​が​かれ​の​うち​に​おられた​から​で​ある。」

    18 さて、もし​あなたがた​が​ちゅうじつ​で​あれ​ば、あなたがた​は​ヨハネ​の​ろく​の​すべて​を​ける​で​あろう。

    19 わたし​は​これら​の​こと​を​あなたがた​に​あたえる。それ​は、あなたがた​が​れいはい​する​ほうほう​を​かい​して​り、また​ぶん​が​れいはい​する​もの​を​る​こと​に​よって、あなたがた​が​わたし​の​​に​より​ちち​の​もと​に​て、さだめられた​とき​に​ちち​の​完全かんぜん​を​けられる​よう​に​する​ため​で​ある。

    20 あなたがた​は、わたし​の​いましめ​を​まもる​なら​ば、ちち​の​完全かんぜん​を​け、わたし​が​ちち​に​よって​けて​いる​よう​に、あなたがた​は​わたし​に​よって​えいこう​を​ける​から​で​ある。それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​めぐみ​に​めぐみ​を​くわえられる​で​あろう、と。

    21 さて、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​は​はじめ​に​ちち​と​ともに​いた。わたし​は​ちょう​で​ある。

    22 また、わたし​に​よって​まれる​もの​は​みなちょう​の​えいこう​に​あずかるもの​で​あり、ちょう​の​きょうかい​で​ある。

    23 あなたがた​も​はじめ​に​ちち​と​ともに​おり、たま​すなわち​しん​の​たま​で​あった。

    24 しん​と​は、現在げんざい​ある​とおり​の、​に​あった​とおり​の、また​らい​に​ある​とおり​の、ものごと​に​ついて​の​しき​で​ある。

    25 これじょう​の​こと、あるいは​これ​​の​こと​は​なん​で​あろう​と、はじめ​から​いつわり​もの​で​あった​あの​わるい​もの​の​れい​で​ある。

    26 しん​の​たま​は​かみ​から​て​いる。わたし​は​しん​の​たま​で​あり、ヨハネ​は​わたし​に​ついて​あかし​して、「しゅ​は​完全かんぜん​な​しん、すなわち​すべて​の​しん​を​けられた」と​った。

    27 ひと​は​だれ​も​かみ​の​いましめ​を​まもらない​かぎり、完全かんぜん​な​しん​を​ける​こと​は​ない。

    28 かみ​の​いましめ​を​まもる​もの​は​しん​と​ひかり​を​け、ついに​しん​に​よって​えいこう​を​けて、すべて​の​こと​を​る​よう​に​なる。

    29 ひと​も​また​はじめ​に​かみ​と​ともに​いた。えい​すなわち​しん​の​ひかり​は、そうぞう​される​こと​も、つくられる​こと​も​なく、じつに​そう​する​こと​の​できない​もの​で​ある。

    30 すべて​の​しん​は、かみ​が​それ​を​かれた​領域りょういき​に​おいて​どくりつ​し、それ​たい​で​よう​する。すべて​の​えい​も​どうよう​で​ある。そう​で​なければ、そんざい​と​いう​もの​は​ない。

    31 よ、ここ​に​ひと​の​選択せんたく​の​ゆう​が​あり、また​ここ​に​ひと​の​つみ​の​せんこく​が​ある。なぜなら​ば、はじめ​から​あった​もの​が​かり​やすく​しめされて​いる​の​に、かれら​が​その​ひかり​を​れない​から​で​ある。

    32 その​れい​が​ひかり​を​れない​もの​は​みなつみ​の​せんこく​の​もと​に​ある。

    33 ひと​は​れい​で​ある。げん​は​永遠えいえん​で​あり、ぶん​しない​よう​に​結合けつごう​した​れい​と​げん​は、ちみちる​よろこび​を​ける。

    34 これら​が​ぶん​する​とき、ひと​は​ちみちる​よろこび​を​ける​こと​は​できない。

    35 その​げん​は​かみ​の​まく​で​ある。まことに、ひと​は​かみ​の​まく​すなわち​神殿しんでん​で​ある。そして、いかなる​神殿しんでん​で​も​けがされる​と、かみ​は​その​神殿しんでん​を​ほろぼす​で​あろう。

    36 かみ​の​えいこう​は​えい​で​ある。い​えれば、ひかり​と​しん​で​ある。

    37 ひかり​と​しん​は​あの​しき​もの​を​てる。

    38 ひと​の​れい​は​みなはじめ​に​つみ​が​なかった。そして、かみ​が​ひと​を​らく​から​あがなった​ので、人々ひとびと​は、よう​の​じょうたい​で、ふたたび​かみ​の​まえ​に​つみ​の​ない​もの​と​なった。

    39 そして、あの​じゃあく​な​もの​が​て、ひと​の​ら​から、従順じゅうじゅん​に​よって、また​せん​の​つたえ​に​よって、ひかり​と​しん​を​る。

    40 しかし、わたし​は​あなたがた​に、あなたがた​の​ども​たち​を​ひかり​と​しん​の​なか​で​そだてる​よう​に​と​めいじた。

    41 しかし、まことに、わたし​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべ​フレデリック・​G・​ウィリアムズ​に​う。あなた​は​つづき​この​つみ​の​せんこく​の​もと​に​ある。

    42 あなた​は、いましめ​に​したがって​あなた​の​ども​たち​に​ひかり​と​しん​を​おしえて​こなかった。その​ため​に、あの​じゃあく​な​もの​は​いま​なお​あなた​を​はい​する​ちから​を​って​いる。あなた​が​なん​を​けて​きた​原因げんいん​は​これ​で​ある。

    43 さて、わたし​は​いましめ​を​あなた​に​あたえる。すなわち、あなた​は​すくい​されたい​と​のぞむ​なら​ば、ぶんしん​の​いえ​を​ととのえ​なければ​ならない。あなた​の​いえ​に​は、ただしくない​こと​が​たくさん​ある​から​で​ある。

    44 まことに、わたし​の​しもべ​シドニー・​リグドン​に​う。ども​たち​に​かんする​いくつ​か​の​ことがら​に​ついて​いましめ​を​まもって​いない​こと​が​ある。それゆえ、まず​あなた​の​いえ​を​ととのえ​なさい。

    45 まことに、わたし​の​しもべ​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​に​う。い​えれば、あなたがた​を​とも​と​ぼう。あなたがた​は​わたし​の​とも​で​あり、わたし​と​ともに​ぎ​を​る​から​で​ある。

    46 わたし​は​​の​ため​に​あなたがた​を​しもべ​と​んだ。そして、あなたがた​は​わたし​の​ため​に​かれら​の​しもべ​と​なる。

    47 さて、まことに、わたし​は​ジョセフ・​スミス・​ジュニア​に​う。あなた​は​いましめ​を​まもらなかった​ので、しゅ​の​まえ​に​かならず​め​を​け​なければ​ならない。

    48 あなた​の​ぞく​は​かならず​あらためて、ある​ことがら​を​て、あなた​の​う​こと​に​もっと​しんけん​に​ちゅう​を​はらわなければ​ならない。そう​しなければ、かれら​の​しょ​から​退しりぞけられる​こと​に​なる。

    49 わたし​は​ひと​に​う​こと​を​すべて​の​もの​に​う。あの​じゃあく​な​もの​が​あなたがた​の​なか​で​ちから​を​ち、あなたがた​の​しょ​から​あなたがた​を​退しりぞける​こと​の​ない​よう​に、つねに​いのり​なさい。

    50 わたし​の​きょうかい​の​ビショップ​で​ある、わたし​の​しもべ​ニューエル・​K・​ホイットニー​も、らしめ​を​ける​ひつよう​が​あり、また​ぞく​を​ととのえる​ひつよう​が​ある。また、ぞく​の​もの​に、てい​で​もっと​勤勉きんべん​に​てい​の​こと​に​たずさわり、つねに​いのる​よう​に​させる​ひつよう​が​ある。そう​しなければ、かれら​は​その​しょ​から​退しりぞけられる​で​あろう。

    51 さて、わたし​は​とも​で​ある​あなたがた​に​う。わたし​の​しもべ​シドニー・​リグドン​は​たび​に​​なさい。いそぎ​なさい。そして、わたし​が​かれ​に​かたる​ちから​を​あたえる​まま​に、しゅ​の​めぐみ​の​とし​と​すくい​の​ふくいん​を​げ​らせ​なさい。こころ​を​一つ​に​した​あなたがた​の​しんこう​の​いのり​に​よって、わたし​は​かれ​を​ささえよう。

    52 また、わたし​の​しもべ​たち、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​と​フレデリック・​G・​ウィリアムズ​も​いそぎ​なさい。そう​すれ​ば、まことに​しんこう​の​いのり​に​おうじて​あたえられる​で​あろう。あなたがた​は​わたし​の​う​こと​を​まもる​なら​ば、この​で​も​きたる​べき​​で​も、はずかしめられる​こと​は​ない。

    53 また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​おもい​は、あなたがた​が​わたし​の​聖文せいぶん​を​いそいで​ほんやく​して、れき​の​しき​と、くにぐに​の​しき​と、もろもろ​の​おうこく​の​しき​と、かみ​と​ひと​の​ほう​の​しき​を​はやく​る​こと​で​ある。これ​は​すべて​シオン​の​すくい​の​ため​で​ある。アーメン。