聖典
教義と聖約97
戻る 次へ

第97章

千八百三十三ねんがつふつ,オハイオしゅうカートランドにおいて,げんしゃジョセフ・スミスをとおしてあたえられたけい。このけいは,とくにミズーリしゅうジャクソンぐんシオンにおけるせいたちのことをあつかっており,げんしゃしゅみちびきをもとめたことへのこたえとしてあたえられたものである。とう,ミズーリしゅうきょうかいかいいんたちはきびしいはくがいけており,かれらはジャクソンぐんるというごうしょに,千八百三十三ねんがつ二十三にちやりしょめいさせられていた。

1-2(ミズーリしゅうジャクソンぐん)シオンのせいたちのおおくは,かれらのちゅうじつさのゆえにしゅくふくされる。3-5パーリー・P・プラットは,シオンにおけるがっこうでのはたらきをめられる。6-9せいやくまもものは,しゅによってれられる。10-17こころきよものかみにまみえるしょである一つのみやを,シオンにてなければならない。18-21シオンとは,こころきよものである。22-28シオンは,ちゅうじつであればしゅらしめをまぬがれる。

1 まことに,わたしはともであるあなたがたにう。わたしのこえ,すなわちわたしのたまこえをもってあなたがたにかたる。それは,シオンにおけるあなたがたのきょうだいたち,そのおおくがこころからへりくだり,しんいだそうとねっしんつとめているそのきょうだいたちについて,わたしのおもいをあなたがたにしめすためである。

2 まことに,まことに,わたしはあなたがたにう。そのようなものはそれをるので,さいわいである。しゅなるわたしは,にゅうものすべてと,わたしのほっするものすべてにあわれみをしめすからである。それは,わたしがかれらをさばくときに,わたしがただしいとされるためである。

3 よ,わたしは,シオンにおけるじゅくかんしてあなたがたにう。しゅなるわたしは,シオンにじゅくがあることをこころからよろこんでおり,またわたしのしもべパーリー・P・プラットのことも,かれがわたしにつながっているのでこころからよろこんでいる。

4 そして,かれつづけてわたしにつながっていれば,わたしがほかのいましめをかれあたえるまで,かれはシオンのにおけるじゅくつづかんするであろう。

5 また,わたしは,かれがシオンにおけるじゅくきょうかいきょうするために,すべてのせいぶんおくかせるように,おおくのしゅくふくをもってかれしゅくふくしよう。

6 じゅくのこりのものに,しゅなるわたしはよろこんであわれみをしめす。にもかかわらず,らしめけなければならないものたちがおり,かれらのおこないはらされるであろう。

7 おのもとかれている。むすばないはことごとくたおされて,なかまれるであろう。しゅなるわたしがこれをかたった。

8 まことに,わたしはあなたがたにう。かれらのなかで,そのこころしょうじきで,くだかれていて,かつそのれいいていることをっており,またせいはらって,すなわちしゅなるわたしがめいじるあらゆるせいはらってぶんせいやくすすんでまもろうとするすべてのものは,わたしにれられる

9 しゅなるわたしは,きよらかなながれのほとりにえられた,おおくのとうとむすみのゆたかなのように,かれらにむすばせるからである。

10 まことに,わたしはあなたがたにう。わたしのおもいは,わたしがあなたがたにあたえたかたならって,シオンのにわたしのために一つのいえてることである。

11 すなわち,わたしのたみおさめるじゅうぶんいちによってすみやかにそれをてなさい。

12 よ,これは,シオンのすくいのためにわたしに一つのいえてるように,しゅなるわたしがかれらのもとめるじゅうぶんいちせいである。

13 すなわち,このいえは,すべてのせいたちがかんしゃをささげるしょとして,またそれぞれのしとしょくのすべてにおいてほうわざされたすべてのひとおしえるしょとしててられるものである。

14 それは,かれらのつとめをかいすることにおいて,ろんにおいて,げんそくにおいて,きょうにおいて,そのおうこくかぎがあなたがたにさずけられているじょうかみおうこくかんするすべてのことにおいて,かれらがかんぜんになるためである。

15 また,わたしのたみしゅによってわたしに一つのいえて,それがけがされないように,なんであろうときよくないものがそこにはいるのをゆるさなければ,わたしのえいこうはそのうえにとどまるであろう。

16 まことにまた,わたしはそこにいる。わたしはそこにるからである。そして,そこにはいってこころきよものみなかみるであろう。

17 しかし,もしもそれがけがされるならば,わたしがそこにることはなく,わたしのえいこうはそこにない。わたしはきよくないしん殿でんにはないからである。

18 さてよ,シオンがこれらのことをおこなうならば,シオンはさかみずからをひろげ,じょうえいこうちた,きわめておおいなる,そしてはなはおそろしいものとなるであろう。

19 そして,のもろもろのこくみんはシオンをとうとび,うであろう。「たしかにシオンわれわれかみみやこであり,また,たしかにシオンはたおれることも,そのしょからうつされることもありない。かみがそこにおられ,しゅがそこにあるからである。

20 しゅはシオンのすくいとなりシオンのたかやぐらになると,そのつよちからによってちかわれた。」

21 それゆえ,しゅはこのようにう。まことに,シオンをよろこばせなさい。こころきよものこれこそシオンである。それゆえ,シオンをよろこばせなさい。いっぽうあくにんみななげかなしむであろう。

22 よ,よ,ほうふくかみうやまわないもののうえにせんぷうのようにすみやかにおよぶ。そして,だれがそれをまぬがれるであろうか。

23 しゅらしめよるひるとおき,そのらせはすべてのひとなやます。すなわち,しゅるまで,それはとどめられないであろう。

24 しゅいきどおりは,かれらのまわしいおこないとすべてのじゃあくおこないにかってえているからである。

25 それでも,シオンがわたしのめいじたすべてのことをつとめておこなうならば,シオンはまぬがれるであろう。

26 しかし,もしシオンがわたしのめいじたことをなんであろうとつとめておこなうようにしなければ,わたしはシオンのすべてのおこないにおうじて,ひどいなんえきびょうあくえきつるぎほうふくくすをシオンにおう

27 しかしながら,このたびかぎって,シオンのみみつぎのことをかせなさい。すなわち,しゅなるわたしはシオンのささげものれた。そして,シオンがこれからもうつみおかさなければ,これらのことはどれもシオンにおよばないであろう。

28 また,わたしはかずかずしゅくふくをもってシオンをしゅくふくし,シオンと,シオンのそんにとこしえにいつまでもおおくのしゅくふくくわえる,としゅなるあなたがたのかみう。アーメン。