聖典
教義と聖約 117
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​117​章

千八百三十八​ねん​七がつよう、ミズーリ​しゅう​ファーウェスト​に​おいて、ウィリアム・​マークス、ニューエル・​K・​ホイットニー、および​オリバー・​グレインジャー​の​とうめん​の​つとめ​に​かんして、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい三​かん、四十五-四十六​ページ)。

1-9しゅ​の​しもべ​たち​は​げん​の​もの​を​むさぼって​は​ならない。「しゅ​に​とって​ざいさん​と​は​なん​で​あろう​か」と​ある​から​で​ある。​10-16かれら​は​あさましい​こころ​を​て​なければ​ならない。そう​すれ​ば、かれら​の​せい​は​しゅ​に​とって​神聖しんせい​な​もの​と​なる。

1 まことに​しゅ​は、わたし​の​しもべ​ウィリアム・​マークス​と、また​わたし​の​しもべ​ニューエル・​K・​ホイットニー​に​この​よう​に​う。しゅ​なる​わたし​が​じょう​に​ふたたび​ゆき​を​おくる​まえ​に、かれら​は​ぎょう​を​すみやか​に​清算せいさん​して、カートランド​の​​を​たびち​なさい。

2 かれら​は​​を​まし、がり、て​て、とどまる​こと​の​ない​よう​に​しなさい。しゅ​なる​わたし​が​めいじる​から​で​ある。

3 それゆえ、もし​とどまる​なら​ば、それ​は​かれら​に​とって​よくない。

4 かれら​は​わたし​の​まえ​で、すべて​の​つみ​と​すべて​の​むさぼり​の​よくぼう​を​あらため​なさい、と​しゅ​は​う。わたし​に​とって​ざいさん​と​は​なん​で​あろう​か、と​しゅ​は​う。

5 カートランド​の​ざいさん​を​さい​の​はらい​の​ため​に​処分しょぶん​しなさい、と​しゅ​は​う。それら​を​ばなし​なさい、と​しゅ​は​う。そして、なお​のこる​もの​が​あれ​ば、なんでも​それ​を​あなたがた​の​​に​のこして​おき​なさい、と​しゅ​は​う。

6 わたし​に​は​そら​の​とり​や、う み​の​うお​や、やま​の​けもの​が​いない​か。わたし​は​​を​つくらなかった​か。わたし​は​​の​くにぐに​の​すべて​の​ぐんたい​の​運命うんめい​を​にぎって​いない​か。

7 それゆえ、わたし​は​さびしい​ところ​に​​を​させ、はな​を​かせ、また​ゆたか​に​​を​むすばせない​で​あろう​か、と​しゅ​は​う。

8 あなたがた​が​一​てき​の​しずく​に​すぎない​もの​を​むさぼって、もっと​じゅうよう​な​こと​を​なおざり​に​する​ほど、アダム・​オンダイ・​アーマン​の​山々やまやま​と​オラハ・​シネハ​の​平原へいげん、すなわち​アダム​の​んで​いた​​に​十分じゅうぶん​な​​が​ない​の​で​あろう​か。

9 それ​で​ある​から、この​、わたし​の​たみ​の​、すなわち​シオン​に​のぼって​なさい。

10 わたし​の​しもべ​ウィリアム・​マークス​は、わずか​な​もの​に​も​ちゅうじつ​で​あり​なさい。そう​すれ​ば、おおく​を​おさめる​もの​と​なる​で​あろう。かれ​は、ファーウェスト​の​まち​に​おける​わたし​の​たみ​の​なか​で​かん​し、わたし​の​たみ​の​しゅくふく​を​もって​しゅくふく​される​よう​に​しなさい。

11 わたし​の​しもべ​ニューエル・​K・​ホイットニー​は、ニコライ​と​かれら​の​すべて​の​みつ​の​まわしい​おこない​と、わたし​の​まえ​に​おける​ぶん​の​あさましさ​を​すべて​じ​なさい、と​しゅ​は​う。そして、アダム・​オンダイ・​アーマン​の​​に​のぼって​て、わたし​の​たみ​の​ビショップ​に​なり​なさい、と​しゅ​は​う。まえ​で​は​なく、おこない​で​そう​しなさい、と​しゅ​は​う。

12 さらに​また、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​しもべオリバー・​グレインジャー​を、わたし​は​おぼえて​いる。よ、まことに、わたし​は​かれ​に​う。かれ​の​まえ​は​​とこしえ​に​いつまで​も、神聖しんせい​に​おぼえられる​で​あろう、と​しゅ​は​う。

13 それゆえ、かれ​は​わたし​の​きょうかい​の​だいかんちょうかい​の​さい償却しょうきゃく​の​ため​に​熱心ねっしん​に​はたらき​なさい、と​しゅ​は​う。かれ​は​たおれる​とき、ふたたび​がる​で​あろう。かれ​の​せい​は​かれ​が​し​くわえる​もの​より​も​わたし​に​とって​神聖しんせい​だから​で​ある、と​しゅ​は​う。

14 それゆえ、かれ​は​この​、すなわち​シオン​の​​に​すみやか​に​のぼって​なさい。そう​すれ​ば、ふさわしい​とき​に、かれ​は​わたし​の​​の​ため​に、また​わたし​の​たみ​の​えき​の​ため​に、あきない​を​する​もの​と​される​で​あろう、と​しゅ​は​う。

15 それゆえ、だれ​も​わたし​の​しもべ​オリバー・​グレインジャー​を​かろんじる​こと​なく、わたし​の​たみ​の​しゅくふく​が​いつまで​も​とこしえ​に​かれ​の​うえ​に​ある​よう​に​しなさい。

16 さらに​また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。カートランド​の​​に​おける​わたし​の​しもべ​は​みなしゅ​なる​かみ​と​わたし​の​いえ​と​を​おもこし、それ​を​せい​なる​もの​として​たもって​まもり、わたし​が​ふさわしい​と​する​とき​に​両替りょうがえにん​を​ち​たおし​なさい、と​しゅ​は​う。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。