聖典
教義と聖約 54
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​54​章

千八百三十一​ねん​六がつ、オハイオ​しゅう​カートランド​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​ニューエル・​ナイト​に​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、百八十-百八十一​ページ)。オハイオ​しゅう​トンプソン​に​おける​​の​きょうかいいん​たち​は、ざいさん​の​ほうけん​に​かんする​問題もんだい​で​分裂ぶんれつ​して​いた。しん​と​貪欲どんよく​が​表面ひょうめん​し、また、リーマン・​コプリー​は、ぶん​の​ひろい​のうじょう​を​ニューヨーク​しゅう​コールズビル​から​とうちゃく​し​つつ​あった​せい​たち​の​ぎ​の​しょ​として​ほうけん​する​と​いう​せいやく​を​やぶって​いた。エズラ・​セア​も​その​ろんそう​に​まれた。その​けっ、(トンプソン​に​おける​​の​会長かいちょう​で​あった)ニューエル・​ナイト​と​ほか​の​長老ちょうろう​たち​は、げんしゃ​の​ところ​に​て、対処たいしょ​する​ほうほう​を​たずねた。そこで​げんしゃ​は​しゅ​に​たずね、この​けい​を​けた(この​けん​の​継続けいぞく​で​ある​だい​五十六​しょう​も​参照さんしょう)。

1-6せい​たち​は、あわれみ​を​ける​ため​に、ふくいん​の​せいやく​を​まもらなければ​ならない。​7-10せい​たち​は、艱難かんなん​の​なか​で​忍耐にんたいづよく​なければ​ならない。

1 よ、しゅ、すなわち​アルパ​で​あり​オメガ​で​あり、はじめ​で​あり​わり​で​あり、​の​つみ​の​ため​に​じゅう​に​つけられた​もの​は​この​よう​に​う。

2 よ、まことに、まことに、わたし​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべ​ニューエル・​ナイト​に​う。あなた​は、わたし​が​にんめい​した​しょく​に​しっかり​と​たなければ​ならない。

3 また、あなた​の​きょうだい​たち​は、てき​から​のがれたい​と​のぞむ​なら​ば、すべて​の​つみ​を​あらため、わたし​の​まえ​に​こころ​から​謙遜けんそん​に​なり、いる​よう​に​しなければ​ならない。

4 また、かれら​が​わたし​に​てた​せいやく​は​やぶられた​ので、それ​は​むなしく​なり、こう​と​なった。

5 この​つまずき​を​もたらした​もの​は​わざわい​で​ある。かれ​に​とって​は、う み​の​ふかみ​に​しずめられた​ほう​が​よかった​から​で​ある。

6 しかし、せいやく​を​まもり、いましめ​に​したがって​きた​もの​は​さいわい​で​ある。かれら​は​あわれみ​を​ける​から​で​ある。

7 また、あなたがた​の​てき​に​おそわれない​よう​に、いまって​この​​を​のがれ​なさい。たび​に​​なさい。また、あなたがた​が​のぞむ​もの​を​どうしゃ​と​し、あなたがた​の​ため​に​金銭きんせん​を​はらう​もの​と​しなさい。

8 この​よう​に​して、あなたがた​は​西にし​の​いき​へ、ミズーリ​の​​へ、レーマンじん​の​さかい​の​​へ​たび​を​しなければ​ならない。

9 そして、たび​を​えたら、よ、わたし​は​あなたがた​に​う​が、わたし​が​あなたがた​の​ため​に​しょ​を​よう​する​まで、ほか​の​人々ひとびと​の​よう​に​生計せいけい​を​もとめ​なさい。

10 さらに​また、わたし​が​る​まで、艱難かんなん​の​なか​で​忍耐にんたいづよく​あり​なさい。よ、わたし​は​すぐに​る。そして、わたし​の​むくい​は​わたし​と​ともに​ある。わたし​を​はやく​もとめた​もの​は、ぶんしん​に​あんそく​を​いだす​で​あろう。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。