聖典
教義と聖約 61
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​61​章

千八百三十一​ねん​八がつ​十二​にち、ミズーリ​がわ​の​マクイルウェインズ・​ベンド​の​きし​で、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百二-二百五​ページ)。げんしゃ​と​十​にん​の​長老ちょうろう​たち​は、カートランド​へ​の​、カヌー​で​ミズーリ​がわ​を​くだった。その​たび​の​みっ​に、かれら​は​おおく​の​けん​な​経験けいけん​を​した。ウィリアム・​W・​フェルプス​長老ちょうろう​は、はくちゅう​の​げん​の​なか​で、ほろぼす​もの​が​ちから​を​もって​みず​の​おもて​を​すすんで​く​の​を​た。

1-12しゅ​は​みず​の​うえ​に​おおく​の​ほろび​が​ある​よう​に​さだめられた。​13-22みず​は​ヨハネ​に​よって​のろわれた。そして、ほろぼす​もの​が​みず​の​おもて​を​すすんで​く。​23-29​ある​人々ひとびと​は​みず​に​めいじる​ちから​を​つ。​30-35長老ちょうろう​たち​は​ふた​ずつ​んで​たび​を​し、ふくいん​を​べ​つたえ​なければ​ならない。​36-39長老ちょうろう​たち​は​ひと​の​​の​らいりん​の​ため​に​そなえ​なければ​ならない。

1 よ、いっさい​の​けん​を​つ​もの永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​そんざい​する​もの、すなわち、アルパ​で​あり​オメガ​で​あり、はじめ​で​あり​わり​で​ある​もの​の​こえ​を​き​なさい。

2 よ、この​しょ​に​あつまって​いる​あなたがた、おお、わたし​の​きょうかい​の​長老ちょうろう​たち​よ、しゅ​なる​わたし​は​つみ​を​ゆるし、また​へりくだった​こころ​を​もって​ぶん​の​つみ​を​こくはく​する​もの​たち​に​あわれみ​ぶかい​ので、いまつみ​が​ゆるされて​いる​あなたがた​に、しゅ​は​まことに​この​よう​に​う。

3 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。かわ​の​両岸りょうがん​に​む​もの​たち​が​しんこう​で​ほろび​つつ​ある​とき​に、わたし​の​長老ちょうろう​たち​の​この​いっこうぜんいん​が​みず​の​うえ​を​はやく​すすんで​く​こと​は​ひつよう​で​は​ない。

4 それでも、わたし​は、あなたがた​が​あかし​を​べられる​よう​に、みず​の​うえ​を​く​こと​を​ゆるした。よ、みず​の​うえ​に​は​おおく​の​けん​が​あり、とくに​この​のち​さらに​おおく​なる。

5 しゅ​なる​わたし​が​いかって、みず​の​うえ​に​おおく​の​ほろび​が​ある​よう​に​さだめた​から​で​ある。そして、これら​の​みず​の​うえ​に​は​とくに​そう​で​ある。

6 それでも、すべて​の​にく​なる​もの​は​わたし​の​​の​うち​に​あり、あなたがた​の​なか​の​ちゅうじつ​な​もの​は、みず​に​よって​ほろびる​こと​は​ない。

7 さて、わたし​の​しもべ​シドニー・​ギルバート​と​わたし​の​しもべウィリアム・​W・​フェルプス​は、いそいで​かれら​の​ようき​と​使めい​に​く​こと​が​ひつよう​で​ある。

8 それでも、わたし​は、あなたがた​が​ぶん​の​すべて​の​つみ​に​たいして​らしめ​を​ける​まで、あなたがた​を​わかれ​させよう​と​しなかった。それ​は、あなたがた​が​一つ​と​なる​ため​で​あり、また​あなたがた​が​あく​の​なか​で​ほろびない​ため​で​ある。

9 しかし​いま、まことに、わたし​は​う。あなたがた​が​わかれる​こと​は、わたし​に​とって​ひつよう​で​ある。それゆえ、わたし​の​しもべ​シドニー・​ギルバート​と​ウィリアム・​W・​フェルプス​を、かれら​の​ぜん​の​いっこう​と​ともに​かせ​なさい。使めい​を​たす​ため​に、いそいで​たび​を​させ​なさい。そう​すれ​ば、しんこう​に​よって​かれら​は​しょう​を​る​で​あろう。

10 かれら​は​ちゅうじつ​で​あれ​ば、まもられる​で​あろう。しゅ​なる​わたし​は​かれら​と​ともに​いる​で​あろう。

11 また、のこり​の​もの​は、る​もの​として​ひつよう​な​もの​を​たずさえて​き​なさい。

12 わたし​の​しもべ​シドニー・​ギルバート​に​は、あなたがた​が​どう​する​まま​に、あなたがた​に​ひつよう​の​ない​もの​を​たずさえて​かせ​なさい。

13 さて​よ、あなたがた​の​ため​に、わたし​は​これら​の​こと​に​かんして​いましめ​を​あたえた。また、しゅ​なる​わたし​は、むかし​の​人々ひとびと​と​おこなった​よう​に​あなたがた​と​ろんじよう。

14 よ、しゅ​なる​わたし​は​はじめ​に​みず​を​しゅくふく​した​が、わり​の​とき​に​は、わたし​の​しもべ​ヨハネ​の​くち​に​よって​みず​を​のろった。

15 それゆえ、にく​なる​もの​が​みず​の​うえ​で​安全あんぜん​で​ない​とき​が​る。

16 きたる​べき​とき​に​は、こころ​の​まっすぐ​な​もの​の​ほか​に​は、だれ​も​みず​の​うえ​を​シオン​の​​に​のぼって​く​こと​は​できない​と​われる​で​あろう。

17 また、しゅ​なる​わたし​は​はじめ​に​​を​のろった​よう​に、わり​の​とき​に​は、ふさわしい​とき​に​​を​わたし​の​せい​たち​が​使つかう​ため​に​しゅくふく​して、かれら​が​​の​ゆたか​な​もの​に​あずかれる​よう​に​した。

18 さて、わたし​は​あなたがた​に​一つ​の​いましめ​を​あたえる。わたし​は​ひと​に​う​こと​を​すべて​の​もの​に​う。あなたがた​は​これら​の​みず​に​かんして​きょうだい​たち​に​まえもって​けいこく​して、かれら​が​これら​の​みず​の​うえ​を​たび​を​して​ない​よう​に​しなければ​ならない。そう​で​なければ、かれら​の​しんこう​は​なくなり、かれら​は​わな​に​かけられる。

19 しゅ​なる​わたし​が​さだめ、ほろぼす​もの​が​みず​の​おもて​を​すすんで​く。わたし​は​その​さだめ​を​さない。

20 しゅ​なる​わたし​は​昨日き の う​は​あなたがた​の​こと​を​いかった​が、今日き ょ う​は、わたし​の​いかり​も​けて​いる。

21 それゆえ、いそいで​たび​に​​なければ​ならない​と​わたし​が​かたった​もの​たち​に、もう​いち​わたし​は​あなたがた​に​う​が、かれら​に​いそいで​たび​を​させ​なさい。

22 しばし​の​のちかれら​が​ぶん​の​使めい​を​たす​なら​ば、かれら​が​すい​を​ろう​と、りく​を​ろう​と、問題もんだい​で​は​ない。そののち​は、かれら​の​判断はんだん​に​したがって、かれら​に​らされる​まま​に​して​おき​なさい。

23 さて、わたし​の​しもべ​たち​シドニー・​リグドン​と、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​と、オリバー・​カウドリ​に​かんして​で​ある​が、かれら​は、いえ​に​かう​たび​で​は、うん​の​うえ​の​ほか​は​ふたたび​みず​の​うえ​を​かない​よう​に​しなさい。い​えれば、かれら​は​うん​の​ほか​は、みず​の​うえ​を​たび​して​は​ならない。

24 よ、しゅ​なる​わたし​は、わたし​の​せい​たち​の​たび​の​ため​に​一つ​の​みち​を​さだめた。よ、これ​が​その​みち​で​ある。すなわち、かれら​は​たび​を​して​シオン​の​​に​のぼって​く​よう​に​めいじられたら、うん​を​はなれた​のち​は、りく​を​かなければ​ならない。

25 かれら​は​ちゅう​で​てんまく​を​り​ながら、イスラエル​の​ら​の​よう​に​たび​を​しなければ​ならない。

26 よ、あなたがた​は​この​いましめ​を​すべて​の​きょうだい​たち​に​つたえ​なければ​ならない。

27 それでも、みず​に​めいじる​ちから​を​あたえられる​もの​に​は、たま​に​よって、しゅ​の​すべて​の​みち​を​る​こと​が​ゆるされる。

28 それゆえ、その​もの​に​は、この​のち​わたし​が​のぞむ​とおり​に、りくじょう​で​あろう​と​水上すいじょう​で​あろう​と、ける​かみ​の​たま​が​めいじる​まま​に​おこなわせ​なさい。

29 また、せい​たち​が​たび​を​する​けい、すなわち​しゅ​の​陣営じんえい​の​せい​たち​が​たび​を​する​みち​は、あなたがた​に​しめされて​いる。

30 さらに​また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​しもべ​たち​シドニー・​リグドン​と、ジョセフ・​スミス・​ジュニア​と、オリバー・​カウドリ​は、シンシナティ​に​とうちゃく​する​まで、あくにん​の​あつまり​の​なか​で​くち​を​ひらいて​は​ならない。

31 そして、その​しょ​で、かれら​は​その​たみ​に​たいして、すなわち​めつぼう​の​​が​まさに​じゅくして​いる​たみ​に​たいして、かみ​に、すなわち​その​たみ​の​あく​に​その​いかり​を​やして​いる​かみ​に​こえ​を​げ​なければ​ならない。

32 また、かれら​は、そこ​から​きょうだい​たち​の​あつまり​に​かって​たび​を​しなさい。かれら​の​はたらき​が​まことに​いまあくにん​の​あつまり​の​なか​に​おける​より​も、かれら​の​なか​に​おいて​おおいに​のぞまれて​いる​から​で​ある。

33 さて、のこり​の​もの​に​ついて​で​ある​が、かれら​は​たび​を​して、こと​が​あたえられる​の​に​おうじて、あくにん​の​あつまり​の​なか​で​こと​を​げ​なさい。

34 かれら​は​これ​を​おこなう​なら​ば、その​ころも​から​けがれ​が​のぞかれて、わたし​の​まえ​に​けがれ​の​ない​もの​と​なる​で​あろう。

35 かれら​は、ぜんいんいっしょ​で​あろう​と、ふた​ずつ​で​あろう​と、かれら​が​よい​と​おもう​まま​に​たび​を​しなさい。ただ、わたし​が​こころ​から​よろこんで​いる​わたし​の​しもべ​たち​レイノルズ・​カフーン​と​サミュエル・​H・​スミス​は、いえ​に​かえり​く​まで​わかれて​は​ならない。これ​は​わたし​の​うち​に​ある、ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​で​ある。

36 さて、まことに、あなたがた​に​う。そして、わたし​は​ひと​に​う​こと​を​すべて​の​もの​に​う。おさない​ども​たち​よ、げん​を​し​なさい。わたし​は​あなたがた​の​なか​に​おり、あなたがた​を​てて​いない​から​で​ある。

37 あなたがた​が​わたし​の​まえ​に​へりくだった​ので、おうこく​の​しゅくふく​は​あなたがた​の​もの​で​ある。

38 ひと​の​​の​らいりん​を​のぞんで、こし​に​おび​を​め、​を​まして​いて、まじめ​で​あり​なさい。あなたがた​の​おもいがけない​とき​に、ひと​の​​は​る​から​で​ある。

39 あなたがた​は、ゆうわく​に​おちいらない​よう​に​つねに​いのって、きる​も​ぬ​も​しゅ​の​る​​に​えられる​よう​に​しなさい。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。