聖典
教義と聖約126
戻る 次へ

第126章

千八百四十一ねんがつここの,イリノイしゅうノーブーのブリガム・ヤングのいえで,げんしゃジョセフ・スミスをとおしてあたえられたけい。このとき,ブリガム・ヤングはじゅう使ていいんかいかいちょうであった。

1-3ブリガム・ヤングはそのはたらきをめられ,しょうらいがいこくたびをするのをめんじょされる。

1 しんあいなるブリガム・ヤングきょうだい,まことに,しゅはあなたにこのようにわれる。「わたしのしもべブリガムよ,これまでのようにぞくのこしてかけることは,もうあなたにもとめられない。あなたのささげものを,わたしはれたからである。

2 わたしは,わたしののためにおこなったたびにおけるあなたのはたらろうた。

3 それゆえ,わたしはあなたに,わたしのことがいこくおくし,いまからのちいつまでもあなたのぞくとくによくするようにめいじる。アーメン。」