聖典
教義と聖約 115
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​115​章

千八百三十八​ねん​四がつ​二十六​にち、ミズーリ​しゅう​ファーウェスト​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた、その​​を​きずき​げて​しゅ​の​みや​を​てる​こと​に​ついて​の​かみ​の​こころ​を​らせる​けい(『きょうかいれき』​だい三​かん、二十三-二十五​ページ)。この​けい​は​きょうかい​の​かんやくいん​たち​に​あてた​もの​で​ある。

1-4しゅ​は​ぶん​の​きょうかい​を、まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​と​命名めいめい​される。​5-6​シオン​と​その​ステーク​は、せい​たち​の​ため​の​ぼうぎょ​と​なん​の​しょ​で​ある。​7-16せい​たち​は​ファーウェスト​に​しゅ​の​みや​を​てる​よう​に​めいじられる。​17-19​ジョセフ・​スミス​は​じょう​で​かみ​の​おうこく​の​かぎ​を​つ。

1 まことに、わたし​は​あなた、すなわち​わたし​の​しもべジョセフ・​スミス・​ジュニア​と、また​わたし​の​しもべシドニー・​リグドン​と、また​わたし​の​しもべハイラム・​スミス、および​すでに​にんめい​されて​いる、また​この​のちにんめい​される​あなた​の​もん​たち、

2 また、あなた、すなわち​わたし​の​しもべエドワード・​パートリッジ​と、かれ​の​もん​たち、

3 また、シオン​に​おける​わたし​の​きょうかい​の​こうとうひょうかい(これから​この​よう​に​ばれる)に​ぞくする​わたし​の​ちゅうじつ​な​しもべ​たち、および​ぜんかい​に​散在さんざい​して​いる​わたし​の​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​の​すべて​の​長老ちょうろう​たち​と​人々ひとびと​に​う。

4 わたし​の​きょうかい​は、わり​の​とき​に​この​よう​に、すなわち​まつじつせい​イエス・​キリスト​きょうかい​と​ばれ​なければ​ならない。

5 まことに、わたし​は​あなたがた​すべて​に​う。って​ひかり​を​はなち​なさい。それ​は、あなたがた​の​ひかり​が​もろもろ​の​こくみん​の​ため​の​はた​と​なる​ため​で​あり、

6 シオン​の​​と​その​ステーク​に​しゅうごう​する​こと​が、ぼうぎょ​の​ため​と​なり、また​あらし​と​はげしい​いかり​が​ぜん​に​ありのまま​に​そそがれる​とき​に、その​け​どころ​と​なる​ため​で​ある。

7 ファーウェスト​の​まち​を、わたし​の​ため​に​せい​なる​聖別せいべつ​された​​と​しなさい。それ​を​もっとも​せい​なる​​と​ばなければ​ならない。あなた​が​って​いる​​は​せい​なる​​だから​で​ある。

8 それゆえ、わたし​は​あなたがた​に​めいじる。せい​たち​が​わたし​を​れいはい​できる​よう​に、かれら​の​あつまる​しょ​として、わたし​の​ため​に​一つ​の​いえ​を​て​なさい。

9 とし​の​なつ​に​この​ごと​を​かい​し、づくり​を​し、じゅんこう​を​はじめ​なさい。

10 きたる​七がつよっ​に​かい​して、その​とき​から​わたし​の​たみ​は​熱心ねっしん​に​はたらき、わたし​の​​の​ため​に​いえ​を​て​なさい。

11 この​​から​ねん​に、わたし​の​いえ​の​だい​を​える​ぎょう​を​再開さいかい​しなさい。

12 この​よう​に​して​その​とき​から、わたし​の​いえ​が​その​隅石すみいし​から​その​最上さいじょう​に​いたる​まで​げられ、げられて​いない​ところ​が​なくなる​まで、熱心ねっしん​に​はたらき​なさい。

13 まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​しもべ​ジョセフ​に​も、わたし​の​しもべ​シドニー​に​も、わたし​の​しもべ​ハイラム​に​も、わたし​の​​の​ため​に​いえ​を​てる​に​たって​これ​じょうさい​を​かかえ​させない​よう​に​しなさい。

14 しかし、わたし​が​かれら​に​しめす​かた​に​したがって、わたし​の​​の​ため​に​いえ​を​て​なさい。

15 もし​わたし​の​たみ​が、わたし​が​だいかんちょうかい​に​しめす​かた​に​したがって​それ​を​て​なければ、わたし​は​かれら​の​​から​それ​を​れない。

16 しかし​わたし​の​たみ​が、わたし​が​かれら​の​だいかんちょうかい、すなわち、わたし​の​しもべ​ジョセフ​と​かれ​の​もん​たち​に​しめす​かた​に​したがって​それ​を​てる​なら​ば、わたし​は​たみ​の​​から​それ​を​れよう。

17 さらに​また、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。わたし​の​おもい​は、ファーウェスト​の​まち​が、せい​たち​が​あつまる​こと​に​よって​すみやか​に​きずかれる​こと​で​あり、

18 また、その​まわり​の​​の​しょ​が、折々おりおり​わたし​の​しもべ​ジョセフ​に​あきらか​に​される​まま​に、ステーク​として​さだめられる​こと​で​ある。

19 よ、わたし​は​かれ​と​ともに​おり、また​たみ​の​まえ​で​かれ​を​きよめる。わたし​は​かれ​に​この​おうこく​と​つとめ​の​かぎ​を​さずけた​から​で​ある。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。