聖典
教義と聖約13
戻る 次へ

第13章

千八百二十九ねんがつ十五にち,ペンシルベニアしゅうハーモニーのちかくでおこなわれた,げんしゃとオリバー・カウドリのアロンしんけんへのせいにんについてべているジョセフ・スミスのれきからのばっすい。このせいにんは,みずからヨハネとった一人ひとりてん使によっておこなわれた。このヨハネは,『しんやくせいしょ』のなかでバプテスマのヨハネとばれているじんぶつである。このてん使は,メルキゼデクのしんけんばれるだいしんけんかぎっているむかし使,ペテロとヤコブとヨハネのもとつとめをたしていることをせつめいした。いずれときればこのだいしんけんがジョセフとオリバーにさずけられるというやくそくが,彼らにあたえられた(だい二十七しょう七-八,十二せつさんしょう)。

アロンしんけんかぎちからについてせつめいされる。

1 わたしとおなしもべであるあなたがたに,メシヤのによって,わたしはアロンのしんけんさずける。これはてん使はたらきのかぎと,あらたふくいんかぎと,つみゆるしのためにみずしずめるバプテスマかぎつ。また,レビのふたたをもってささげものしゅにささげるまで,これはけっしてふたたじょうからられることはないであろう。