聖典
教義と聖約29
戻る 次へ

第29章

千八百三十ねんがつ,ニューヨークしゅうフェイエットにおいて,六にんちょうろうわせたしょげんしゃジョセフ・スミスをとおしてあたえられたけい。このけいは,千八百三十ねんがつ二十六にちはじまったたいかいなんにちまえあたえられたものである。

1-8キリストはぶんせんみんあつめられる。9-11キリストのらいりんによってふくせんねんはじまる。12-13じゅう使ぜんイスラエルをさばく。14-21かずかずのしるし,えきびょうこうはいさいりんさきってある。22-28ふくせんねんつづいて,さいふっかつさいさばきがある。29-35しゅにとってはすべてがれいにかかわるものである。36-39あくとそのぐんぜいてんからされ,ひとゆうわくすることになった。40-45らくしょくざいすくいをもたらす。46-50おさなどもたちはしょくざいによってあがなわれる。

1 あなたがたのあがなぬしわたしはというおおいなるものあわれみうでがあなたがたのつみたいするあがなをしたもの,イエス・キリストのこえきなさい。

2 わたしはぶんたみを,すなわち,わたしのこえしたがって,わたしのまえへりくだりねつれついのりによってわたしをぶすべてのものを,めんどりがはねしたにひなをあつめるようにあつめよう

3 よ,まことに,まことに,わたしはあなたがたにう。いまやあなたがたのつみゆるされているので,あなたがたはこれをけている。しかし,かずかずなんがあなたがたにおよぶことのないように,よくおぼえておいてこれからはもうつみおかさないようにしなさい。

4 まことに,わたしはあなたがたにう。あなたがたは,ラッパおとのようによろこびのこえげてわたしのふくいんらせるために,からえらされた。

5 こころたかめてよろこびなさい。わたしはあなたがたのなかにおり,ちちたいするあなたがたのべんしゃだからである。あなたがたにおうこくあたえてくださるのは,ちちこうである。

6 また,しるされているように,あなたがたがしんこうをもって,わたしのめいじたとおりに一つになりいのってもとめるものは,なんでもあたえられるであろう。

7 あなたがたはわたしのせんみんあつめるためにされている。わたしのせんみんはわたしのこえ,そのこころをかたくなにしないからである。

8 それゆえ,かんなんこうはいあくにんのうえにおくられるのために,わたしのせんみんこころそな,またあらゆるてんそなえられるように,かれらはこのおもての一つのしょあつめられなければならない,とちちからのさだめがている。

9 じゅくすそのときちかく,そのはもうちかづいている。そして,すべてたかぶるものあくおこなものは,わらのようになる。あくじょうにないように,わたしはかれらをくそう,とばんぐんしゅう。

10 そのときちかく,わたしの使たちがかたったことはかならじょうじゅするからである。かれらがかたったようにそれはこるのである。

11 わたしはちからおおいなるえいこうとをもって,てんのすべてのしゅうぐんとともにてんから姿すがたあらわし,ねんあいだじょうひとびととともにのうちにむ。そして,あくにんえられない。

12 さらにまた,まことに,まことに,あなたがたにう。ちちこころによってかたさだめとしてたことであるが,わたしの使たち,すなわち,わたしがエルサレムでつとめにたずさわっていたときにわたしとともにいたじゅう使は,ころもにまとい,そのあたまかんむりをかぶり,わたしとおなじようにえいこうけて,わたしがはしらなかにわたしのみぎつであろう。それは,ほかのだれでもなく,イスラエルのいえぞくするすべてのものを,まことにわたしをあいしてわたしのいましめをまもったすべてのものさばためである。

13 シナイざんであったように,ラッパながくかつたかひびき,ぜんしんどうするであろう。そして,かれら,すなわちわたしにあってんだものが,かんむりけるために,わたしのようにころもにまとうために,わたしとともにいてわたしたちが一つとなるためにであろう。

14 しかしよ,わたしはあなたがたにう。このおおいなるまえに,たいようくらくなり,つきわり,ほしてんからちるであろう。また,うえにはてんに,したにはに,さらにおおきなかずかずしるしがあるであろう。

15 また,おおくのひとなみだながし,きわめくであろう。

16 また,はげしいひょうともなあらしおくられて,さくもつそこなうであろう。

17 そしてまた,あくのゆえに,わたしはあくにんほうふくしよう。かれらがあらためようとしないからである。わたしのいきどおりのさかずきちているからである。よ,かれらがわたしのうことをかなければ,わたしのかれらをきよめない。

18 それゆえ,しゅなるかみであるわたしは,おもてにあぶをおくる。それらはものいてそのにくい,うじをしょうじさせるであろう。

19 そして,かれらのしたはこわばり,かれらはわたしにはんたいしてかたことができなくなる。また,かれらのにくほねからはなれ,はそのあなからちるであろう。

20 そのとき,もりけものそらとりかれらをむさぼりうであろう。

21 また,ぜんいんであるおおきなまわしいきょうかいは,これらのことについてかたったげんしゃエゼキエルのくちとおしてかたられたとおりに,くすによってたおされるであろう。これらのことはまだこっていないが,わたしがきているようにたしかにこるまわしいおこないがはいすることはないからである。

22 さらにまた,まことに,まことに,わたしはあなたがたにう。ねんわり,ひとびとふたたかれらのかみていはじめるとき,わたしはしばしのあいだだけをそのままにしておこう。

23 そして,わりて,てんくされてあたらしいてんあたらしいがあるであろう。

24 すべてふるいものはばんぶつあたらしくなるからである。まことにてんとそのなかにあるばんぶつ,すなわちひとも,けものも,そらとりも,うみうおあたらしくなるのである。

25 かみひとすじも,ちりも,うしなわれない。それはわたしのつくられたものだからである。

26 しかしよ,まことに,わたしはあなたがたにう。まえに,わたしのてん使ちょうミカエルラッパらす。そのとき,はかひらかれるので,すべてのしゃましかれら,すなわちすべてのもの

27 そして,じんはわたしのみぎあつめられてえいえんいのちけるであろう。また,わたしのひだりにいるあくにんちちまえつことを,わたしはじる。

28 それゆえ,わたしはかれらに,「のろわれたものどもよ,わたしからはなあくとその使つかいのためにようされているえいえんはいれ」とおう。

29 さてよ,わたしはあなたがたにう。わたしはいまだかつて,わたししんくちから,かれらはもどってるとげたことはない。わたしのいるところに,かれらはることができないからである。かれらにはそのちからがないからである。

30 しかし,わたしのすべてのさばきがひとびとあきらかにされるわけではないことをおぼえておきなさい。ことがわたしのくちからると,そのとおりにじょうじゅする。すなわち,わたしのたまちからであるわたしのちからことによってわたしがそうぞうしたすべてのものにかんして,さきのものあとになり,あとのものはさきになるのである。

31 わたしのたまちからによって,わたしはそれらのもの,すなわち,れいてきなものとぶっしつてきなもののりょうほうについてすべてのものをそうぞうした。

32 わたしのわざはじめには,さきれいてきなものがあり,つぎぶっしつてきなものがあり,さらにまたわたしのわざわりには,さきぶっしつてきなものがあり,つぎれいてきなものがある。

33 このようにうのは,あなたがたがぜんかいできるようにするためである。しかし,わたししんにとっては,わたしのわざにはわりもなく,はじめもない。しかし,あなたがたがわたしにもとめてこころを一つにしているので,あなたがたがかいできるようにこれがあたえられているのである。

34 まことに,わたしはあなたがたにう。わたしにとってはすべてがれいにかかわるものであり,わたしはいまだかつて,げんりっぽうをあなたがたにあたえたことがない。どんなひとにも,ひとらにも,わたしがそうぞうしたあなたがたのせんアダムにもあたえたことがない。

35 よ,わたしはアダムに,みずかせんたくこうどうするものとなることをゆるした。そして,かれいましめをあたえた。しかし,わたしがかれあたえたのは,げんいましめではない。わたしのいましれいにかかわるものだからである。それらはぜんのものでも,げんのものでもなく,にくよくのものでも,かんのうてきなものでもない。

36 そして,アダムはあくゆうわくされた。よ,あくはアダムのまえにいた。あくは,「わたしにあなたのほまあたえてください」とって,わたしにそむいたかれもとめたほまれはわたしのちからである。また,かれてんしゅうぐんぶんの一を,かれらのせんたくゆうによってわたしからそむらせた。

37 そして,かれらはとされて,あくとその使つかになった。

38 よ,はじめからかれらのためにようされたしょがある。そのしょごくである。

39 また,あくひとらをゆうわくするのはひつようである。そうでなければ,ひとらはみずかせんたくこうどうするものとはなれない。にがことをけいけんしなければ,あまいことをることができないからである。

40 それゆえ,あくはアダムをゆうわくした。そして,アダムはきんだんべ,いましめにそむいた。このようにして,かれゆうわくけたので,あくしたがことになった。

41 それゆえ,しゅなるかみであるわたしは,かれをそのそむきのゆえにエデンそのから,わたしのまえからした。このようにして,かれれいてきぬことになった。これがだい一の,まことに,わたしが「のろわれたものどもよ,はなれ」とうときにあくにんせんげんされるれいてきさいおなじものである。

42 しかしよ,わたしはあなたがたにう。しゅなるかみであるわたしは,わたしのひとしんじるしんこうによるあらたあがなかれらにげるためにてん使たちつかわすまで,アダムとそのそんにくたいけることのないようにした。

43 このようにして,しゅなるかみであるわたしは,ひとためしょうがいさだめた。ひとが,すなわちしんじるすべてのものが,にくたいによってめつよみがえりえいえんいのちけられるようにするためである。

44 また,しんじないものえいえんばつさだける。かれらはあらためないので,れいてきらくからのあがないをけることができないからである。

45 かれらはひかりよりもやみあいし,そのおこなわるく,ぶんしたがおうとしたものむくけるのである。

46 しかしよ,わたしはあなたがたにう。おさなどもたちは,わたしのひとによってはじめからあがなわれている。

47 それゆえ,かれらはつみおかさない。かれらがわたしのまえせきにんようになるまで,サタンにはおさなどもたちをゆうわくするちからあたえられないからである。

48 わたしは,おおいなることがかれらのちちおやもとめられるように,わたしののぞむとおりに,わたししんおもいのままにおさなどもたちにおこなうのである。

49 さらにまた,わたしはあなたがたにう。しきのあるものに,わたしはあらためをめいじなかったであろうか。

50 また,かいするのうりょくのないものについては,しるされているとおりにおこなうだけである。さて,わたしはあなたがたに,いまはこれじょうのことをげない。アーメン。