聖典
教義と聖約 83
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​83​章

千八百三十二​ねん​四がつ​三十​にち、ミズーリ​しゅう​インディペンデンス​に​おいて、げんしゃ​ジョセフ・​スミス​を​とおして​あたえられた​けい(『きょうかいれき』​だい一​かん、二百六十九-二百七十​ページ)。この​けい​は、げんしゃ​が​きょうだい​たち​と​ひょうかい​の​せき​に​いて​いた​とき​に​けた​もの​で​ある。

1-4じん​と​ども​は、その​おっと​と​父親ちちおや​に​よう​を​もとめる​けん​が​ある。​5-6​やもめ​と​​は、きょうかい​に​よう​を​もとめる​けん​が​ある。

1 まことに、きょうかい​の​りっぽう​に​くわえて、おんな​たち​と​ども​たち、すなわち​きょうかい​に​ぞくして​いる​もの​で​ぶん​の​おっと​や​父親ちちおや​を​うしなった​もの​に​ついて、しゅ​は​この​よう​に​う。

2 おんな​たち​は​おっと​が​られる​まで、おっと​に​よう​を​ようきゅう​する​けん​が​ある。また、彼女かのじょ​たち​は​いましめ​に​そむく​もの​で​ある​と​され​なければ、きょうかいない​で​会員かいいんかく​を​つ。

3 もし​ちゅうじつ​で​なければ、彼女かのじょ​たち​は​きょうかいない​で​会員かいいんかく​を​たない。しかし​それでも、彼女かのじょ​たち​は​その​​の​ほうりつ​に​したがって​ぶん​の​ぎ​の​​に​とどまる​こと​が​できる。

4 すべて​の​ども​たち​は​成人せいじん​に​なる​まで、その​おや​に​よう​を​もとめる​けん​が​ある。

5 また​そののちおや​が​かれら​に​ぎ​を​あたえる​ぶん​を​って​い​なければ、かれら​は​きょうかい​に、い​えれば、しゅ​の​くら​に​もとめる​けん​が​ある。

6 くら​は​きょうかいいん​の​ほうけん​に​よって​​しなければ​ならない。そして、やもめ​と​​を​よう​しなければ​ならない。まずしい​もの​も​どうよう​で​ある。アーメン。