第三ニーファイ 28
    脚注
    Theme

    第​28​章

    じゅう​の​うち​九​にん​は、​に​キリスト​の​おうこく​で​ぎ​を​る​こと​を​のぞみ、その​こと​を​やくそく​される。三にん​の​ニーファイじん​は、イエス​が​ふたたび​られる​とき​まで​じょう​に​とどまる​こと​を​のぞみ、とどまる​ため​に​​を​せいする​ちから​を​あたえられる。かれら​は​​を​えられ、かたる​の​を​ゆるされて​いない​数々かずかず​の​こと​を​る。かれら​が​現在げんざい​も​人々ひとびと​の​なか​で​つとめ​を​たして​いる​こと。げんやく​三十四​ねん​から​三十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ぶん​の​​たち​ひと人​ひと​に、「わたし​が​ちち​の​みもと​に​った​のち、あなたがた​は​わたし​に​なに​を​ねがう​か」と​われた。

    2 ​すると​​たち​は、三にん​を​のぞいて​みな、「わたしたち​は​ひと​の​寿命じゅみょう​まで​き​ながらえたら、あなた​から​された​わたしたち​の​つとめ​を​え、すみやか​に​あなた​の​おうこく​で​あなた​の​みもと​に​ける​よう​に​ねがって​います」と​こたえた。

    3 ​そこで、イエス​は​かれら​に、「あなたがた​は、わたし​に​この​こと​を​ねがった​ので、さいわい​で​ある。あなたがた​は​七十二​さい​に​なる​と、わたし​の​おうこく​で​わたし​の​もと​に​て、わたし​と​ともに​あんそく​を​る​で​あろう」と​われた。

    4 ​イエス​は​かれら​に​かたり​える​と、三にん​の​ほう​を​き、「わたし​が​ちち​の​みもと​に​ったら、あなたがた​は​わたし​に​なに​を​して​もらいたい​か」と​われた。

    5 ​すると​かれら​は、ぶん​たち​の​のぞんで​いる​こと​を​イエス​に​おもって​えなかった​ので、こころ​の​なか​で​つらく​おもって​いた。

    6 ​すると​イエス​は、かれら​に​われた。「よ、わたし​は​あなたがた​の​おもい​を​って​いる。あなたがた​は、あいする​​ヨハネ​が​わたし​に​ねがった​こと​を​ねがって​いる。ヨハネ​と​は、わたし​が​ユダヤじん​に​よって​げられる​まえ​に、わたし​と​ともに​つとめ​に​たずさわって​いた​もの​で​ある。

    7 ​したがって、あなたがた​は​さらに​さいわい​で​ある。あなたがた​は​けっして​​を​あじわう​こと​が​ない。わたし​が​てん​の​ちから​を​もって​わたし​の​えいこう​の​うち​に​る​とき​まで、すなわち​ちち​の​こころ​の​とおり​に​すべて​の​こと​が​じょうじゅ​する​その​とき​まで、あなたがた​は​き​ながらえて、ちち​が​ひと​の​ら​の​ため​に​おこなわれる​すべて​の​こと​を​る​で​あろう。

    8 ​また、あなたがた​は​けっして​​の​くるしみ​を​ける​こと​なく、わたし​が​わたし​の​えいこう​の​うち​に​る​とき、いっしゅん​の​うち​に​す​べき​じょうたい​から​​の​じょうたい​に​えられる。そののち、あなたがた​は​ちち​の​おうこく​で​しゅくふく​を​ける​で​あろう。

    9 ​また​あなたがた​は、にくたい​に​宿やどって​いる​あいだくるしみ​を​かんじる​こと​なく、また​​の​つみ​に​たいする​がい​に​かなしみ​を​かんじる​こと​も​ない。わたし​が​すべて​この​よう​に​おこなう​の​は、あなたがた​が​わたし​に​ねがった​ため​で​ある。あなたがた​は​かい​が​そんざい​する​あいだ人々ひとびと​を​わたし​の​もと​に​みちびきたい​と​ねがった​から​で​ある。

    10 ​この​ため​に、あなたがた​は​ちみちる​よろこび​を​ちち​の​おうこく​で​​に​く​で​あろう。ちち​が​ちみちる​よろこび​を​わたし​に​あたえて​くださった​よう​に、まことに、あなたがた​の​よろこび​は​ちる​で​あろう。そして、あなたがた​は​わたし​の​よう​に​なる。わたし​は​ちち​の​よう​で​あり、ちち​と​わたし​は​​一つ​で​ある。

    11 聖霊せいれい​は​ちち​と​わたし​の​こと​を​あかし​する。そして​ちち​は、わたし​の​ゆえ​に​ひと​の​ら​に​聖霊せいれい​を​あたえられる。」

    12 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、とどまる​こと​に​なった​三にん​を​のぞいて、ほか​の​ぜんいん​に​ひと人​ひとゆび​で​れ、そののちって​かれた。

    13 ​すると​よ、てん​が​ひらかれ、三にん​の​もの​は​てん​に​げられて、あらわす​こと​の​できない​様々さまざま​な​こと​を​き​した。

    14 かれら​は​それら​の​こと​に​ついて​かたる​の​を​きんじられ、また​き​した​こと​に​ついて​かたる​ちから​も​あたえられなかった。

    15 ​それ​が​からだ​の​まま​で​あった​か、からだ​を​はなれて​で​あった​か、かれら​に​は​からなかった。かれら​に​は、かみ​の​もの​を​る​こと​が​できる​よう​に、ぶん​たち​が​この​にく​の​からだ​から​​の​じょうたい​に​えられ、変貌へんぼう​した​よう​に​おもわれた​から​で​ある。

    16 ​さて、かれら​は​ふたたび​​の​おもて​で​おしえ​を​いた​が、てん​で​あたえられた​いましめ​が​あった​ので、ぶん​たち​が​き​した​こと​に​ついて​は​おしえなかった。

    17 ​ところで、かれら​が​変貌へんぼう​した​らいす​べき​じょうたい​に​あった​の​か​​の​じょうたい​に​あった​の​か、わたし​は​らない。

    18 ​しかし、これまで​しるされて​きた​ろく​に​よって​わたし​が​って​いる​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、かれら​は​​の​おもて​に​て​き、すべて​の​たみ​に​おしえ​を​き、かれら​の​宣教せんきょう​を​しんじる​もの​を​みなきょうかい​に​くわえた。かれら​に​バプテスマ​を​ほどこした​の​で​ある。そして、バプテスマ​を​けた​もの​は​みな聖霊せいれい​を​けた。

    19 ​また​かれら​は、きょうかい​に​ぞくして​いない​もの​たち​に​よって​ろう​に​れられた。しかし、ろう​は​二つ​に​け、かれら​を​めて​おく​こと​が​できなかった。

    20 ​また​かれら​は、​の​なか​に​まれた。しかし​かれら​は、かみ​の​こと​で​​を​った​ので、かみ​の​ちから​に​よって​​の​ふかみ​から​すくい​された。その​ため​人々ひとびと​は、かれら​を​めて​おける​ほど​の​あな​を​る​こと​は​できなかった。

    21 ​また、かれら​は​三​​の​なか​に​まれた​が、なんの​がい​も​けなかった。

    22 ​また​二もうじゅう​の​あな​の​なか​に​まれた​が、よ、ども​が​ばなれ​して​いない​ひつじ​と​あそぶ​よう​に​もうじゅう​たち​と​たわむれ、なんの​がい​も​けなかった。

    23 ​そして、かれら​は​すべて​の​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​て​って、​の​おもて​の​すべて​の​ひと​に、キリスト​の​ふくいん​を​べ​つたえた。すると​人々ひとびと​は、しゅ​に​​し、キリスト​の​きょうかい​に​くわわった。この​よう​に、​その​だい​の​人々ひとびと​は​イエス​の​こと​の​とおり​に​しゅくふく​を​けた。

    24 ​さて、わたし​モルモン​は、これら​の​こと​に​ついて​べる​の​を​すこし​の​あいだ​やめよう。

    25 よ、わたし​は、けっして​​を​あじわう​こと​の​ない​人々ひとびと​の​​を​しるそう​と​した​が、しゅ​から​きんじられた。したがって、その​​が​​から​かくされて​いる​ので、わたし​は​それ​を​しるさない。

    26 ​しかし​よ、わたし​は​かつて​かれら​に​い、かれら​は​わたし​を​おしえ​みちびいて​くれた。

    27 よ、かれら​は​将来しょうらいほうじん​の​なか​に​く​が、ほうじん​は​かれら​に​づかない​で​あろう。

    28 かれら​は​ユダヤじん​の​なか​に​も​く​が、ユダヤじん​も​かれら​に​づかない​で​あろう。

    29 ​そして、しゅ​が​ぶん​の​​で​ふさわしい​と​なされる​とき​に、かれら​は​ぶん​たち​の​のぞみ​が​たされる​よう​に、また​かれら​の​うち​に​かみ​の​せっとくりょく​が​ある​ため​に、イスラエル​の​すべて​の​らされた​ぞく、および​すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​を​おしえ​みちびき、かれら​の​なか​から​おおく​の​ひと​を​イエス​の​もと​に​みちびく​で​あろう。

    30 かれら​は​かみ​の​てん使​の​よう​で​あり、イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのる​なら​ば、かれら​は​ふさわしい​と​おもう​ひと​に​は​だれ​に​で​も、ぶんしん​を​あらわす​こと​が​できる。

    31 ​それ​で​ある​から、おおいなる​きたる​べき​​の​まえ​に、おおいなる​おどろく​べき​わざ​が​かれら​に​よって​おこなわれる​ので、すべて​の​ひと​は、かならず​キリスト​の​さばき​の​​の​まえ​に​たなければ​ならない。

    32 ​まことに、あの​さばき​の​​に​さきって、ほうじん​の​なか​で​一つ​の​おおいなる​おどろく​べき​わざ​が​かれら​に​よって​おこなわれる。

    33 ​あなたがた​は、キリスト​の​おどろく​べき​わざ​の​いっさい​を​しるして​いる​すべて​の​聖文せいぶん​を​って​いる​なら​ば、キリスト​の​こと​の​とおり​に、これら​の​こと​が​かならず​こる​こと​が​かる​で​あろう。

    34 ​イエス​の​こと​と、イエス​が​えらんで​たみ​の​なか​に​つかわされた​人々ひとびと​の​こと​に​き​したがわない​もの​は、わざわい​で​ある。イエス​の​こと​と、イエス​が​つかわされた​人々ひとびと​の​こと​を​れない​もの​は、イエス​を​も​れない​から​で​ある。イエス​は​わり​の​​に、かれら​を​れる​こと​は​なさらない​で​あろう。

    35 かれら​は​まれない​ほう​が、かれら​の​ため​に​よかった​で​あろう。あなたがた​は​とう​な​あつかい​を​けた​かみ​の​せい​から​のがれる​こと​が​できる​と​おもう​か。かみ​は​かつて​人々ひとびと​に​あし​の​した​に​みつけられ、その​ため​に​すくい​が​もたらされた​の​で​は​なかった​か。

    36 ​さて​よ、わたし​は​しゅ​が​えらばれた​人々ひとびと、すなわち​てん​に​げられた​三にん​に​ついて、す​べき​じょうたい​から​​の​じょうたい​に​きよめられた​か​どう​か​らない​と​まえ​に​べた​が、

    37 ​しかし​よ、わたし​は​そう​しるした​のちしゅ​に​たずねた。すると​しゅ​は​わたし​に、ある​へん​が​かれら​の​からだ​に​しょうじ​なければ​ならない、そう​で​なければ、かれら​は​かならず​​を​あじわう​と​いう​こと​を​あきらか​に​して​くださった。

    38 かれら​が​​を​あじわわない​よう​に、ある​へん​が​かれら​の​からだ​に​しょうじ、かれら​は​​の​つみ​に​たいする​がい​に​くるしみ​も​かなしみ​も​けない​よう​に​なった​の​で​ある。

    39 ​ところで、この​へん​は​わり​の​​に​こる​へん​と​どうよう​の​もの​で​は​なかった​が、かれら​に​へん​が​しょうじた​ので、サタン​は​かれら​を​はい​する​ちから​を​まったく​てず、かれら​を​ゆうわく​できなかった。そして、かれら​は​にく​に​あって​きよめられ、せい​なる​もの​と​なり、​の​ちから​も​かれら​を​めて​おく​こと​が​できなかった。

    40 ​この​じょうたい​で、かれら​は​キリスト​の​さばき​の​​まで​とどまる​こと​に​なった。そして、その​かれら​は​さらに​おおきな​へん​を​けて、御父おんちち​の​おうこく​に​れられ、​と​そこ​を​る​こと​が​なく、永遠えいえん​に​かみ​と​ともに​てん​に​む​こと​に​なる​の​で​ある。

    True