第三ニーファイ7
戻る 次へ


第7章

だいさばきつかさがころされ,せいほろぼされ,たみぞくかれる。はんキリストのヤコブ,みつけっしゃおうとなる。ニーファイ,あらためとキリストをしんじるしんこうつたえる。てん使たち,ニーファイにつかえる。ニーファイ,ぶんきょうだいしゃなかからよみがえらせる。おおくのひとあらためてバプテスマをける。げんやく三十ねんから三十三ねんいたる。

1 さてよ,わたしはあなたがたに,かれらがくにおさめるおうてなかったことをしめそう。このとし,すなわちだい三十ねんに,かれらはさばきつかさのせきいていたくにだいさばきつかさをころした。

2 そして,たみたがいにぶんれつし,ぞくしんぞくゆうじんごとにそれぞれぞくかれた。このようにして,かれらはくにせいほろぼした。

3 そしてかくぞくは,かれらをおさめるぞくちょうどうしゃにんめいした。このようにして,かれらはぞくものとなり,ぞくどうしゃとなった。

4 さてよ,かれらのなかにはぞくしんぞくゆうじんおおぜいいないものはだれ一人ひとりいなかったので,かれらのぞくじょうおおきなものとなった。

5 さて,このようなことがすべておこなわれたが,かれらのなかにはまだせんそうはなかった。このざいあくはすべて,たみがサタンのちからゆだねたためにたみおよんだのであった。

6 また,げんしゃたちをころしたものゆうじんしんぞくからみつけっしゃのために,せいじょうれいそこなわれてしまった。

7 また,かれらがそのにひどいあらそいをこしたので,たみなかでひときわにかなったものたちも,ほとんどみなすでにわるくなってしまい,まことに,たみなかじんはほんのわずかになった。

8 このようにして六ねんたたないうちに,たみたいはんは,ぶんいたものにかえいぬのように,あるいはどろなかころがるぶたのように,そむいてしまった。

9 さて,このようなひどいざいあくたみにもたらしたこのみつけっしゃものたちは,ともにあつまり,ヤコブとばれた一人ひとりおとこぶんたちのかしらてた。

10 そして,かれらはヤコブをぶんたちのおうび,かれはこのじゃあくだんおさめるおうとなった。げんしゃたちはイエスについてあかしをしたが,このおとこは,そのげんしゃたちにてきたいするこえげたしゅぼうしゃ一人ひとりである。

11 さて,かれらは,どうめいむすんだたみぞくほどにんずうおおくなかった。たみぞくどうめいしていたが,かれらのほうはそれぞれぞくごとにどうしゃさだめていた。それでもかれらは,みつけっしゃてきたいしていた。かれらはまもものたちではなかったにもかかわらず,せいほろぼすちかいをてたものたちをにくむことではいっしていた。

12 したがって,ヤコブはそのだんおうであったので,てきぶんたちよりもはるかにおおいのをると,ぶんたみに,そのさいほくげてき,そこでおうこくきずいてはんしゃくわえ(かれおおくのはんしゃるようにたみにへつらっていた),たみぞくたたかうのにじゅうぶんちからたくわえるようにとめいじた。そして,かれらはそのようにした。

13 かれらのどうじょうはやかったので,さまたげられることなく,たみとどかないところってしまった。このようにしてだい三十ねんわった。ニーファイのたみじょうきょうはこのようであった。

14 さて,だい三十一ねんに,たみぞくしんぞくゆうじんごとにぞくかれていた。それでもかれらは,たがいにせんそうをしないというめをむすんでいた。ところが,かれらのほうとうほうほうは,かれらのぞくちょうどうしゃおもいのままにさだめられていたので,いっしていなかった。しかしかれらは,ぞくがほかのぞくしんがいしてはならないという,じょうきびしいほうさだめていたので,あるていへいであった。にもかかわらず,かれらのこころしゅなるかみからそれていた。そしてかれらは,げんしゃたちにいしげつけ,げんしゃたちをぶんたちのなかからした。

15 さて,ニーファイてん使おとずれをけ,しゅこえき,てん使けんしょうしゃとなり,キリストのつとめについてちからあたえられ,またたみからあくまわしいおこないにはやばやもどったことをもくげきした。

16 したがって,かれたみこころがかたくなで,おもいをくらませていることをかなしくおもい,そのとしたみなかって,あらためと,しゅイエス・キリストをしんじるしんこうによるつみゆるしについてだいたんあかしはじめた。

17 かれおおくのことをたみおしえたが,それをぜんしるすことはできない。また,いちではじゅうぶんであるから,このしょにはしるさない。ニーファイは,ちからおおきなけんのうをもっておしえた。

18 そこでたみは,かれぶんたちよりもおおきなちからっていたので,かれはらてた。しゅイエス・キリストをしんじるかれしんこうじょうふかかったので,てん使かれつかえ,そのためかれらは,かれことしんじないわけにはいかなかったからである。

19 またかれは,イエスのによってあくれいけがれたれいし,また,たみいしげつけられてころされたぶんきょうだいを,しゃなかからよみがえらせた。

20 たみはそれをにし,もくげきし,かれちからがあることではらてた。またかれは,たみまえでイエスのによってさらにおおくのせきおこなった。

21 そしてだい三十一ねんった。そして,しゅしたものはごくわずかであったが,こころあらためたものみなぶんたちがしんじているイエス・キリストのうちにあるかみちからたまあたえられたことを,たみじっさいしめした。

22 あくれいされたものびょうにくたいよわさをいやされたものみなかみたまはたらきをけていやされたことをたみじっさいげた。またかれらは,かずかずのしるしをしめし,たみなかしょうせきおこなった。

23 このようにして,だい三十二ねんった。だい三十三ねんはじめに,ニーファイはたみさけび,あらためとつみゆるしをつたえた。

24 ところで,あらためにみちびかれたものみずバプテスマけなかったもの一人ひとりもいなかったことも,おぼえておいてもらいたい。

25 したがってニーファイは,ひとびとをこのつとめにせいにんした。かれらのもとにひとびとがすべてみずでバプテスマをけられるようにするためであった。このバプテスマは,これをけるひとびとあらためてつみゆるけたことを,かみまえに,またたみたいしてりっしょうし,あかしするものである。

26 このとしはじめに,あらためのためのバプテスマをけたひとびとおおくいた。このようにして,そのとしたいはんった。