第三ニーファイ 7
    脚注
    Theme

    第​7​章

    だい​さばきつかさ​が​ころされ、せい​は​ほろぼされ、たみ​は​ぞく​に​かれる。はん​キリスト​の​ヤコブ、みつけっしゃ​の​おう​と​なる。ニーファイ、あらため​と​キリスト​を​しんじる​しんこう​を​べ​つたえる。てん使​たち、​ニーファイ​を​おしえ​みちびく。ニーファイ、ぶん​の​きょうだい​を​しゃ​の​なか​から​よみがえらせる。おおく​の​ひと​が​あらためて​バプテスマ​を​ける。げんやく​三十​ねん​から​三十三​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に、かれら​が​くに​を​おさめる​おう​を​てなかった​こと​を​しめそう。この​とし、すなわち​だい​三十​ねん​に、かれら​は​さばきつかさ​の​せき​に​いて​いた​くに​の​だい​さばきつかさ​を​ころした。

    2 ​そして、たみ​は​たがいに​分裂ぶんれつ​し、ぞく​と​親族しんぞく​と​友人ゆうじん​ごと​に​それぞれ​ぞく​に​かれた。この​よう​に​して、かれら​は​くに​の​せい​を​ほろぼした。

    3 ​そして​かくぞく​は、かれら​を​おさめる​ぞくちょう​や​どうしゃ​を​にんめい​した。この​よう​に​して、かれら​は​ぞく​の​もの​と​なり、ぞく​の​どうしゃ​と​なった。

    4 ​さて​よ、かれら​の​なか​に​は​ぞく​や​親族しんぞく​や​友人ゆうじん​が​おおぜい​いない​もの​は​だれ​ひと​いなかった​ので、かれら​の​ぞく​は​じょう​に​おおきな​もの​と​なった。

    5 ​さて、この​よう​な​こと​が​すべて​おこなわれた​が、かれら​の​なか​に​は​まだ​せんそう​は​なかった。この​ざいあく​は​すべて、たみ​が​サタン​の​ちから​に​​を​​ゆだねた​ため​に​たみ​に​およんだ​の​で​あった。

    6 ​また、げんしゃ​たち​を​ころした​もの​の​友人ゆうじん​や​親族しんぞく​から​る​みつけっしゃ​の​ため​に、せい​の​条例じょうれい​は​そこなわれて​しまった。

    7 ​また、かれら​が​その​​に​ひどい​あらそい​を​こした​ので、たみ​の​なか​で​ひときわ​​に​かなった​もの​たち​も、ほとんど​みな​すでに​わるく​なって​しまい、まことに、たみ​の​なか​に​じん​は​ほんの​わずか​に​なった。

    8 ​この​よう​に​して​六​ねん​たたない​うち​に、たみ​の​大半たいはん​は、ぶん​の​いた​もの​に​かえる​いぬ​の​よう​に、あるいは​どろ​の​なか​に​ころがる​ぶた​の​よう​に、​に​そむいて​しまった。

    9 ​さて、この​よう​な​ひどい​ざいあく​を​たみ​に​もたらした​この​みつけっしゃ​の​もの​たち​は、ともに​あつまり、ヤコブ​と​ばれた​ひと​の​おとこ​を​ぶん​たち​の​かしら​に​てた。

    10 ​そして、かれら​は​ヤコブ​を​ぶん​たち​の​おう​と​び、かれ​は​この​じゃあく​な​だん​を​おさめる​おう​と​なった。げんしゃ​たち​は​イエス​に​ついて​あかし​を​した​が、この​おとこ​は、その​げんしゃ​たち​に​敵対てきたい​する​こえ​を​げた​しゅぼうしゃ​の​ひと​で​ある。

    11 ​さて、かれら​は、どうめい​を​むすんだ​たみ​の​ぞく​ほど​人数にんずう​が​おおくなかった。たみ​の​ぞく​は​どうめい​して​いた​が、かれら​の​ほう​は​それぞれ​ぞく​ごと​に​どうしゃ​が​さだめて​いた。それでも​かれら​は、みつけっしゃ​に​敵対てきたい​して​いた。かれら​は​​を​まもる​もの​たち​で​は​なかった​に​も​かかわらず、せい​を​ほろぼす​ちかい​を​てた​もの​たち​を​にくむ​こと​で​は​いっ​して​いた。

    12 ​したがって、ヤコブ​は​その​だん​の​おう​で​あった​ので、てき​が​ぶん​たち​より​も​はるか​に​おおい​の​を​る​と、ぶん​の​たみ​に、その​​の​さいほく​へ​げて​き、そこ​で​おうこく​を​きずいて​はんしゃ​を​くわえ(かれ​は​おおく​の​はんしゃ​が​る​よう​に​たみ​に​へつらって​いた)、たみ​の​ぞく​と​たたかう​の​に​十分じゅうぶん​な​ちから​を​たくわえる​よう​に​と​めいじた。そして、かれら​は​その​よう​に​した。

    13 かれら​の​どう​は​じょう​に​はやかった​ので、さまたげられる​こと​なく、たみ​の​​の​とどかない​ところ​へ​って​しまった。この​よう​に​して​だい​三十​ねん​が​わった。ニーファイ​の​たみ​の​状況じょうきょう​は​この​よう​で​あった。

    14 ​さて、だい​三十一​ねん​に、たみ​は​ぞく​と​親族しんぞく​と​友人ゆうじん​ごと​に​ぞく​に​かれて​いた。それでも​かれら​は、たがいに​せんそう​を​しない​と​いう​め​を​むすんで​いた。ところが、かれら​の​ほう​や​とうほうほう​は、かれら​の​ぞくちょう​と​どうしゃ​の​おもい​の​まま​に​さだめられて​いた​ので、いっ​して​いなかった。しかし​かれら​は、ぞく​が​ほか​の​ぞく​を​侵害しんがい​して​は​ならない​と​いう、じょう​に​きびしい​ほう​を​さだめて​いた​ので、ある​てい​は​へい​で​あった。に​も​かかわらず、かれら​の​こころ​は​しゅ​なる​かみ​から​それて​いた。そして​かれら​は、げんしゃ​たち​に​いし​を​げつけ、げんしゃ​たち​を​ぶん​たち​の​なか​から​した。

    15 ​さて、​ニーファイ​は​てん使​の​おとずれ​を​け、しゅ​の​こえ​も​き、てん使​を​て​見証けんしょうしゃ​と​なり、キリスト​の​つとめ​に​ついて​る​ちから​を​あたえられ、また​たみ​が​​から​あく​と​まわしい​おこない​に​早々はやばや​と​もどった​こと​を​もくげき​した。

    16 ​したがって、かれ​は​たみ​の​こころ​が​かたくな​で、おもい​を​くらませて​いる​こと​を​かなしく​おもい、その​とし​に​たみ​の​なか​に​て​って、あらため​と、しゅ​イエス・​キリスト​を​しんじる​しんこう​に​よる​つみ​の​ゆるし​に​ついて​大胆だいたん​に​あかし​し​はじめた。

    17 かれ​は​おおく​の​こと​を​たみ​に​おしえた​が、それ​を​ぜんしるす​こと​は​できない。また、いち​で​は​じゅうぶん​で​ある​から、この​しょ​に​は​しるさない。ニーファイ​は、ちから​と​おおきな​権能けんのう​を​もって​おしえた。

    18 ​そこで​たみ​は、かれ​が​ぶん​たち​より​も​おおきな​ちから​を​って​いた​ので、かれ​に​はら​を​てた。しゅ​イエス・​キリスト​を​しんじる​かれ​の​しんこう​が​じょう​に​ふかかった​ので、てん使​が​かれ​を​おしえ​みちびき、その​ため​かれら​は、かれ​の​こと​を​しんじない​わけ​に​は​いかなかった​から​で​ある。

    19 ​また​かれ​は、イエス​の​​に​よって​あくれい​と​けがれた​れい​を​し、また、たみ​に​いし​を​げつけられて​ころされた​ぶん​の​きょうだい​を、しゃ​の​なか​から​よみがえらせた。

    20 たみ​は​それ​を​​に​し、もくげき​し、かれ​に​ちから​が​ある​こと​で​はら​を​てた。また​かれ​は、たみ​の​​の​まえ​で​イエス​の​​に​よって​さらに​おおく​の​せき​を​おこなった。

    21 ​そして​だい​三十一​ねん​が​った。そして、しゅ​に​​した​もの​は​ごく​わずか​で​あった​が、こころ​を​あらためた​もの​は​みなぶん​たち​が​しんじて​いる​イエス・​キリスト​の​うち​に​ある​かみ​の​ちから​と​たま​を​あたえられた​こと​を、たみ​に​じっさい​に​しめした。

    22 あくれい​を​された​ものびょう​や​にくたい​の​よわさ​を​いやされた​もの​は​みなかみ​の​たま​の​はたらき​を​けて​いやされた​こと​を​たみ​に​じっさい​に​げた。また​かれら​は、数々かずかず​の​しるし​を​しめし、たみ​の​なか​で​しょう​の​せき​を​おこなった。

    23 ​この​よう​に​して、だい​三十二​ねん​も​った。だい​三十三​ねん​の​はじめ​に、ニーファイ​は​たみ​に​さけび、あらため​と​つみ​の​ゆるし​を​べ​つたえた。

    24 ​ところで、あらため​に​みちびかれた​もの​で​みず​で​​バプテスマ​を​けなかった​もの​は​ひと​も​いなかった​こと​も、おぼえて​おいて​もらいたい。

    25 ​したがって​ニーファイ​は、人々ひとびと​を​この​つとめ​に​聖任せいにん​した。かれら​の​もと​に​る​人々ひとびと​が​すべて​みず​で​バプテスマ​を​けられる​よう​に​する​ため​で​あった。この​バプテスマ​は、これ​を​ける​人々ひとびと​が​あらためて​つみ​の​ゆるし​を​けた​こと​を、かみ​の​まえ​に、また​たみ​に​たいして​りっしょう​し、あかし​する​もの​で​ある。

    26 ​この​とし​の​はじめ​に、あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​けた​人々ひとびと​が​おおく​いた。この​よう​に​して、その​とし​の​大半たいはん​が​った。