第三ニーファイ14
戻る 次へ


第14章

イエス,さばかないように,かみもとめるように,にせげんしゃをつけるようにとめいじられる。イエス,おんちちこころおこなものすくいをやくそくされる。マタイによるふくいんしょだいしょうかくげんやく三十四ねん

1 さて,イエスはこれらのことかたえると,もういちぐんしゅうほうなおって,ふたたかれらにくちひらかれた。「まことに,まことに,あなたがたにう。さばいてはならない。ぶんさばかれないためである。

2 あなたがたがさばくそのさばきで,ぶんさばかれ,あなたがたがはかるそのはかりで,あなたがたもはかられるからである。

3 なぜきょうだいにあるちりをながら,ぶんにあるはりみとめないのか。

4 ぶんにははりがあるのに,どうしてきょうだいかって,『あなたのからちりをらせてください』とえようか。よ,ぶんなかはりがあるではないか。

5 ぜんしゃよ,まずぶんからはりりのけなさい。そうすれば,はっきりえるようになって,きょうだいからちりをりのけることができるであろう。

6 せいなるものいぬあたえてはならない。またぶたまえしんじゅげてはならない。かれらはそれらをあしみつけ,なおって,あなたがたをくであろう。

7 もとなさい。そうすれば,あたえられるであろう。さがしなさい。そうすれば,いだすであろう。たたきなさい。そうすれば,ひらかれるであろう。

8 すべてもとめるものあたえられ,さがものいだし,たたくものにはひらかれるからである。

9 あなたがたのなかに,ぶんがパンをもとめるのに,いしあたえるものがあろうか。

10 うおもとめるのに,へびあたえるものがあろうか。

11 このように,あなたがたはわるものであっても,ぶんどもには,おくものをすることをっているとすれば,てんにおられるあなたがたのちちはなおさら,もとめてくるものいものをくださらないことがあろうか。

12 だから,なにごとでもひとからしてほしいとのぞむことは,ひとびとにもそのとおりにしなさい。これがりっぽうであり,げんしゃである。

13 せまもんからはいりなさい。ほろびにいたもんおおきく,そのみちひろ。そして,そこからはいってものおおい。

14 いのちいたもんせまく,そのみちほそ。そして,それをいだすものすくない

15 にせげんしゃをつけなさい。かれらはひつじころもてあなたがたのところにるが,そのうちがわごうよくなおおかみである。

16 あなたがたは,そのによってかれらをけるであろう。いばらからぶどうを,あざみからいちじくをあつめるものがあろうか。

17 そのように,すべてむすび,わるわるむすぶ。

18 わるむすぶことはないし,わるむすぶこともありない。

19 むすばないはことごとくたおされて,なかまれる。

20 このように,あなたがたはそのによってかれらをけるのである。

21 わたしにかって,『しゅよ,しゅよ』とものみなてんおうこくはいるのではなく,ただ,てんにおられるわたしのちちこころおこなものだけがはいるのである。

22 そのには,おおくのものがわたしにかって,『しゅよ,しゅよ,わたしたちはあなたのによってげんしたではありませんか。あなたのによってあくれいし,あなたのによっておおくのおどろくべきわざおこなったではありませんか』とであろう。

23 そのとき,わたしはかれらにはっきりこうおう。『わたしはあなたがたをまったくらないざいあくおこなものたちよ,わたしのもとからなさい。』

24 それで,わたしのこれらのこといておこなものを,わたしはいわうえいえてたかしこひとにたとえよう。

25 あめり,こうずいせ,かぜいてそのいえちつけたが,それはたおれなかったいわだいとしていたからである。

26 また,わたしのこれらのこといておこなわないものみなすなうえいえてたおろかなひとにたとえられる。

27 あめり,こうずいこり,かぜいてそのいえちつけると,それはたおれてしまった。そして,そのたおかたはひどかった。」