第三ニーファイ 25
    脚注
    Theme

    第​25​章

    再臨さいりん​の​とき​に​は、たかぶる​もの​と​あくにん​は​わら​の​よう​に​かれる。エリヤ​は​おおいなる​おそるべき​​の​まえ​に​もどって​る。マラキしょだい四​しょう​と​かく​せよ。げんやく​三十四​ねん

    1 「『「よ、​の​よう​に​える​​が​る。すべて​たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​は、わら​の​よう​に​なる。やがて​る​​が​かれら​を​き​くして、​も​えだ​も​のこさない」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    2 「しかし、わたし​の​​を​おそれる​あなたがた​の​ため​に、​の​おん​は​つばさ​に​いやし​を​たずさえて​あらわれる。あなたがた​は​て​って、ぎゅうしゃ​の​なか​の​うし​の​よう​に​そだつ。

    3 ​そして​あなたがた​は、あくにん​を​みつける。わたし​が​これ​を​おこなう​​に、かれら​は​あなたがた​の​あしもと​で​はい​と​なる」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    4 「あなたがた​は、わたし​が​ぜん​イスラエル​の​ため​に​​ホレブ​で​わたし​の​しもべ​モーセ​に​めいじた​モーセ​の​りっぽう​と、おきて​と​裁決さいけつ​を​おもし​なさい。

    5 よ、しゅ​の​おおいなる​おそるべき​​が​る​まえ​に、わたし​は​げんしゃ​エリヤ​を​あなたがた​に​つかわす。

    6 かれ​は​せん​の​こころ​を​そん​に​け​させ、そん​の​こころ​を​その​せん​に​け​させる。これ​は、わたし​が​て、のろい​を​もって​​を​つ​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​ある。」』」