第三ニーファイ25
戻る 次へ

第25章

さいりんときには,たかぶるものあくにんはわらのようにかれる。エリヤはおおいなるおそるべきまえもどってる。マラキしょだいしょうかくげんやく三十四ねん

1 「『「よ,のようにえるる。すべてたかぶるものあくおこなものは,わらのようになる。やがてかれらをくして,えだのこさない」と,ばんぐんしゅう。

2 「しかし,わたしのおそれるあなたがたのために,おんつばさいやしをたずさえてあらわれる。あなたがたはって,ぎゅうしゃなかうしのようにそだ

3 そしてあなたがたは,あくにんみつける。わたしがこれをおこなに,かれらはあなたがたのあしもとではいとなる」と,ばんぐんしゅう。

4 「あなたがたは,わたしがぜんイスラエルのためにホレブでわたしのしもべモーセにめいじたモーセのりっぽうと,おきてさいけつおもしなさい。

5 よ,しゅおおいなるおそるべきまえに,わたしはげんしゃエリヤをあなたがたにつかわす。

6 かれせんこころそんけさせそんこころをそのせんけさせる。これは,わたしがて,のろいをもってつことのないようにするためである。」』」