第三ニーファイ 18
    脚注

    第​18​章

    イエス、ニーファイじん​の​なか​に​せいさん​を​さだめられる。ニーファイじん、イエス​の​​に​よって​つねに​いのる​よう​に​めいじられる。ふさわしくない​まま​で​イエス​の​にく​を​べ、イエス​の​​を​む​もの​は、ばつ​の​さだめ​を​ける。​たち、聖霊せいれい​を​さずける​ちから​を​あたえられる。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は​​たち​に、いくらか​の​​パン​と​ぶどう​しゅ​を​ってる​よう​に​めいじられた。

    2 ​そして、かれら​が​パン​と​ぶどう​しゅ​を​り​に​って​いる​あいだ​に、イエス​は​群衆ぐんしゅう​に、​に​こし​を​ろす​よう​めいじられた。

    3 ​そして、​たち​が​​パン​と​ぶどう​しゅ​を​ってる​と、イエス​は​パン​を​り、それ​を​いて​しゅくふく​された。それから​イエス​は、​たち​に​あたえて、べる​よう​に​めいじられた。

    4 かれら​が​べて​たされる​と、イエス​は​群衆ぐんしゅう​に​も​あたえる​よう​に​めいじられた。

    5 ​そして、群衆ぐんしゅう​が​べて​たされる​と、イエス​は​​たち​に​われた。「よ、あなたがた​の​なか​の​ひと​を​聖任せいにん​しよう。わたし​は​その​ひと​に​ちから​を​さずけ、かれ​が​パン​を​いて​しゅくふく​し、わたし​の​きょうかい​の​人々ひとびと、すなわち​しんじて​わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​すべて​の​ひと​に、それ​を​あたえる​こと​が​できる​よう​に​しよう。

    6 ​また​あなたがた​は、わたし​が​した​よう​に、すなわち、わたし​が​パン​を​いて​しゅくふく​し、それ​を​あなたがた​に​あたえた​よう​に、いつも​これ​を​おこなう​よう​に​つとめ​なさい。

    7 ​あなたがた​は、わたし​が​あなたがた​に​しめした​わたし​の​からだ​を​ねん​して、これ​を​おこない​なさい。それ​は、あなたがた​が​いつも​わたし​を​おぼえて​いる​と​いう​こと​を、ちち​に​しめす​あかし​と​なる​で​あろう。そして、あなたがた​は、いつも​わたし​を​おぼえて​いる​なら​ば、わたし​の​たま​を​ける​で​あろう。」

    8 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたる​と、​たち​に、うつわ​の​ぶどう​しゅ​を​って​む​よう​に​げ、さらに​群衆ぐんしゅう​に​も​あたえて​ませる​よう​に​めいじられた。

    9 ​そこで、​たち​は​その​よう​に​して、んで​たされた。また、かれら​は​群衆ぐんしゅう​に​も​あたえ、群衆ぐんしゅう​も​んで​たされた。

    10 ​たち​が​これ​を​なし​える​と、イエス​は​かれら​に​われた。「あなたがた​は​これ​を​おこなった​ので、さいわい​で​ある。これ​は​わたし​の​いましめ​を​まもる​こと​で​ある。また​これ​は、わたし​の​めいじた​こと​を​あなたがた​が​よろこんで​おこなう​と​いう​こと​を、ちち​に​しょうめい​する​もの​で​ある。

    11 ​これ​を​あなたがた​は、あらためて​わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​人々ひとびと​の​ため​に​いつも​おこない​なさい。あなたがた​は、わたし​が​あなたがた​の​ため​に​ながした​わたし​の​​の​ねん​として、それ​を​おこない​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​いつも​わたし​を​おぼえて​いる​と​いう​こと​を、ちち​に​しょうめい​する​こと​が​できる。そして、あなたがた​は、いつも​わたし​を​おぼえて​いる​なら​ば、わたし​の​たま​を​ける​で​あろう。

    12 ​わたし​は​あなたがた​に、これら​の​こと​を​おこなう​よう​に​と​いう​いましめ​を​あたえる。あなたがた​は​いつも​これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、わたし​の​いわ​の​うえ​に​てられて​いる​ので、さいわい​で​ある。

    13 ​しかし、あなたがた​の​なか​で、これ​じょう​の​こと、あるいは​これ​に​およばない​こと​を​おこなう​もの​は、わたし​の​いわ​の​うえ​に​てられて​おらず、すな​の​だい​の​うえ​に​てられて​いる​の​で​ある。あめ​が​り、洪水こうずい​が​こり、かぜ​が​いて​これら​の​もの​に​ちつける​と、かれら​は​たおれて​しまう。また​ごく​の​もん​は、かれら​を​れる​ため​に​いつでも​ひらかれて​いる。

    14 ​だから、あなたがた​に​あたえる​よう​に​ちち​が​わたし​に​めいじられた​わたし​の​いましめ​を​まもる​なら​ば、あなたがた​は​さいわい​で​ある。

    15 ​まことに、まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​あく​に​ゆうわく​されない​よう​に、また​あく​に​らえられない​よう​に、つねに​​を​まして​いて​いのらなくて​は​ならない。

    16 ​わたし​が​あなたがた​の​なか​で​いのった​よう​に、あなたがた​も​わたし​の​きょうかい​で、あらためて​わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​わたし​の​たみ​の​なか​で​いのり​なさい。よ、わたし​は​ひかり​で​ある。わたし​は​あなたがた​の​ため​に​はん​を​しめした。」

    17 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​​たち​に​かたり​える​と、ふたたび​群衆ぐんしゅう​の​ほう​に​なおって、われた。

    18 よ、まことに、まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​は​ゆうわく​に​おちいらない​よう​に、つねに​​を​まして​いて​いのらなければ​ならない。​サタン​は​あなたがた​を​むぎ​の​よう​に​ふるい​に​かける​こと​を​ねがって​いる​から​で​ある。

    19 ​だから​あなたがた​は、わたし​の​​に​よって​つねに​ちち​に​いのらなければ​ならない。

    20 あたえられる​と​しんじて、わたし​の​​に​よって​ちち​に​もとめる​もの​は、せいとう​で​あれ​ば、よ、なんでも​あなたがた​に​あたえられる。

    21 ​あなたがた​の​さい​が​しゅくふく​を​ける​よう​に、あなたがた​の​ぞく​の​なか​で、わたし​の​​に​よって​つねに​ちち​に​いのり​なさい。

    22 よ、あなたがた​は​しばしば​ともに​つどい​なさい。また、ともに​つどう​とき​に​は、どんな​ひと​も​あなたがた​の​ところ​に​る​の​を​きんじて​は​ならない。かれら​が​あなたがた​の​ところ​に​る​の​を​ゆるし​なさい。きんじて​は​ならない。

    23 ​むしろ​あなたがた​は​かれら​の​ため​に​いのり​なさい。かれら​を​して​は​ならない。もし​かれら​が​しばしば​あなたがた​の​ところ​に​る​なら​ば、かれら​の​ため​に​わたし​の​​に​よって​ちち​に​いのり​なさい。

    24 ​あなたがた​の​ひかり​を​かかげて、​の​人々ひとびと​に​かがやき​わたる​よう​に​しなさい。よ、あなたがた​の​かかげる​ひかり​と​は、わたし​で​ある。すなわち、わたし​が​おこなう​の​を​あなたがた​が​た、その​おこない​で​ある。よ、あなたがた​は​わたし​が​ちち​に​いのる​の​を​た。みなたり​に​て​いる。

    25 ​また、あなたがた​が​た​よう​に、わたし​は​あなたがた​の​​だれ​に​も​る​よう​に​めいじる​こと​なく、むしろ​わたし​の​もと​に​て、れる​よう​に、また​る​よう​に​めいじた。あなたがた​も​​の​人々ひとびと​に​その​よう​に​しなさい。この​いましめ​を​やぶる​もの​は​だれでも、ゆうわく​に​おちいる​こと​を​みずから​ゆるす​もの​で​ある。」

    26 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ぶん​が​えらばれた​​たち​に​もう​いち​を​けて​われた。

    27 よ、まことに、まことに、あなたがた​に​う。わたし​は​あなたがた​に​もう​一つ​の​いましめ​を​あたえる。そののち、わたし​は​ちち​の​みもと​に​かえり、ちち​から​あたえられて​いる​​ほか​の​命令めいれい​を​たさなければ​ならない。

    28 ​さて​よ、わたし​が​あなたがた​に​あたえる​いましめ​は​これ​で​ある。すなわち、あなたがた​は、わたし​の​にく​と​​を​け​あたえる​とき、だれ​で​あって​も​​ふさわしくない​まま​で​わたし​の​にく​と​​に​​あずかる​こと​を、しょう​の​うえ​で​ゆるして​は​ならない​と​いう​こと​で​ある。

    29 ​ふさわしくない​まま​で​わたし​の​にく​を​べ、​を​む​もの​は、そう​する​こと​で​ぶん​に​ばつ​の​さだめ​を​まねく​から​で​ある。だから、ある​ひと​が​わたし​の​にく​を​べ、​を​む​の​に​ふさわしくない​と​かった​なら​ば、あなたがた​は​その​ひと​に​きんじ​なさい。

    30 ​それでも​あなたがた​は、その​ひと​を​あなたがた​の​なか​から​す​こと​なく、おしえ​みちびき、また​その​ひと​の​ため​に​わたし​の​​に​よって​ちち​に​いのり​なさい。もし​その​ひと​が​あらためて、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​ける​なら​ば、あなたがた​は​その​ひと​を​れて、わたし​の​にく​と​​を​け​あたえ​なさい。

    31 ​しかし、あらため​なければ、その​ひと​が​わたし​の​たみ​を​ほろぼす​こと​の​ない​よう​に、あなたがた​は​その​ひと​を​わたし​の​たみ​の​なか​に​かぞえて​は​ならない。よ、わたし​は​ぶん​の​ひつじ​を​って​おり、わたし​の​ひつじ​は​かぞえられて​いる​から​で​ある。

    32 ​それでも、あなたがた​は​つづき​おしえ​みちびく​こと​が​できる​よう​に、その​ひと​を​会堂かいどう​や​れいはい​の​しょ​から​して​は​ならない。かれら​が​ち​かえって​あらため、十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​わたし​の​もと​に​もどって​る​よう​に​ならない​と​は​れない​から​で​ある。かれら​が​そう​する​なら​ば、わたし​は​かれら​を​いやそう。だから​あなたがた​は、かれら​に​すくい​を​もたらす​もの​に​なり​なさい。

    33 つみ​の​せんこく​を​ける​こと​の​ない​よう​に、あなたがた​は​わたし​が​めいじた​これら​の​こと​を​まもり​なさい。なぜなら、ちち​から​つみ​に​さだめられる​もの​は​わざわい​だから​で​ある。

    34 ​わたし​が​あなたがた​に​これら​の​いましめ​を​あたえる​の​は、これまで​あなたがた​の​なか​に​ろんそう​が​あった​から​で​ある。あなたがた​の​なか​に​これから​ろんそう​が​なければ、あなたがた​は​さいわい​で​ある。

    35 いま、わたし​は​ちち​の​みもと​に​く。​あなたがた​の​ため​に​ちち​の​みもと​に​く​こと​が​ひつよう​だから​で​ある。」

    36 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ぜん​に​ぶん​が​えらばれた​​たち​ぜんいん​に​ひと​ずつ​​で​れ、れ​ながら​かれら​に​何事なにごと​か​を​われた。

    37 群衆ぐんしゅう​は​イエス​の​われた​こと​を​かなかった​ので、かれら​は​あかし​しなかった。しかし​​たち​は、聖霊せいれい​を​さずける​ちから​を​イエス​から​さずけられた​と​あかし​した。わたし​は​この​あかし​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を、のち​に​あなたがた​に​しめそう。

    38 ​さて、イエス​が​かれら​ぜんいん​に​​で​れられる​と、くも​が​あらわれて​群衆ぐんしゅう​を​おおった​ので、かれら​は​イエス​を​る​こと​が​できなかった。

    39 ​そして、群衆ぐんしゅう​が​おおわれて​いる​あいだ​に、イエス​は​かれら​の​もと​を​り、てん​に​のぼられた。​たち​は​イエス​が​ふたたび​てん​に​のぼって​かれた​の​を​て、その​こと​を​あかし​した。