第三ニーファイ8
戻る 次へ


第8章

ぼうふうしんせんぷうぜんだいへんどうで,キリストのじゅうけいしょうめいされる。おおくのものほろびる。くらやみみっかんおおう。のこったものたち,ぶんうんめいなげく。げんやく三十三ねんから三十四ねんいたる。

1 さて,わたしたちのろくによれば,そして,わたしたちはこのろくしんじつであることをっているが,よ,それはろくいだのがただしいひとであったからである—そのひとは,イエスのによってじっさいおおくのせきおこなった。そして,ぶんざいあくからことごとくきよめられなければ,イエスのによってせきおこなえるひとはだれもいなかった。—

2 さて,わたしたちのときけいさんについてこのひとちがいをしていなければ,だい三十三ねんった。

3 そしてたみは,レーマンじんげんしゃサムエルによってらされたしるし,すなわちおもてみっかんくらやみつづときを,おおきなたいをもってのぞむようになった。

4 また,じょうおおくのしるしあらわれていたにもかかわらず,たみなかにひどいうたがいとろんそうこった。

5 さて,だい三十四ねんがつよっに,ぜんでこれまでにまったくられていないようなおおきなあらしこった。

6 また,はげしくすさまじいぼうふうもあった。また,すさまじいかみなりがあり,まさにくほどにぜんうごかした

7 さらに,ぜんでこれまでにまったくられていないようなじょうきょうれついなずまがあった。

8 そして,ゼラヘムラのまちがついた。

9 モロナイのまちうみふかみにしずんで,そこにものはおぼれた。

10 また,がモロナイハのまちうえがり,そのまちのあったところおおきなやまができた。

11 なんぽうにもたいへんおそろしいかいがあった。

12 しかしよ,ほっぽうにはもっとたいへんおそろしいかいがあった。よ,ぼうふうせんぷうかみなりいなずまぜんじょうはげしいしんどうのために,ぜんめんわってしまった。

13 かいどうかいされ,へいたんみちそこなわれ,おおくのたいらなしょふくはげしいところとなり,

14 おおくのおおきなれたまちしずおおくのまちけ,またおおくのまちうごいてたてものたおれ,そこにものに,ほうぼうてるにまかされた。

15 のこったまちしょうあったが,それでもそれらのまちけたがいじょうおおきく,それらのまちおおくのものんだ。

16 また,せんぷうによってはこられたものもかなりいた。ひとびとかれらがはこられたことはっているが,どこへはこばれてったのかだれもらない。

17 このように,ぼうふうかみなりいなずましんどうのために,ぜんおもてかたちえてしまった。

18 そしてよ,ほうぼういわは二つにけて,ぜんおもておよんだので,ぜんめんくだけたへんとして,ひびとして,としてられるようになった。

19 そして,かみなりいなずまあらしぼうふうしんどうはやんだ。よ,これらはおよそかんつづいた。そのかんはもっとながかったとひとびともいたが,このようなたいへんおそろしいごとはすべて,およそ三かんつづいた。そののちよ,おもてくらくなった。

20 そして,ぜんめんふかくらやみがあり,それまでにたおれなかったたみがそのあんこくきりれると,それをかんじることができるほどであった。

21 また,くらやみのためにひかりはまったくそんざいすることができず,ろうそくも,たいまつもともすことができなかった。また,りょうしつじゅうぶんかんそうしたにもをつけることができなかったので,ひかりはまったくなかった。

22 おもてにあるあんこくきりじょうふかかったので,どんなひかりえず,も,かすかなひかりも,たいようも,つきも,ほしえなかった。

23 そして,ひかりのまったくえないじょうたいみっかんつづき,すべてのたみなかおおきなかなしみとわめきごえごええなかった。まことに,たみおよんだくらやみおおきなかいのために,たみのうめきごえおおきかった。

24 そして,あるところではたみが,「おお,このたいへんおそろしいまえあらためておけばよかった。そうすれば,われわれ同胞はらからいのちたすけられ,あのおおきなまちゼラヘムラかれることはなかっただろう」とさけぶのがかれ,

25 またべつところでは,「おお,このたいへんおそろしいまえあらためておき,げんしゃたちをころさず,いしげつけず,さなければよかった。そうすれば,われわれははも,うるわしいむすめたちも,どもたちもいのちたすけられ,あのおおきなまちモロナイハでめられることはなかっただろう」とさけぶのがかれた。このように,たみおおいに,またひどくうめきくるしんだ。