第三ニーファイ1
戻る 次へ


だい三ニーファイ

ニーファイのしょ
このニーファイは,ヒラマンのむすであったニーファイのむすである

そのヒラマンはヒラマンのむすであり,そのヒラマンはアルマのむすであり,アルマはアルマのむすであり,そのアルマはリーハイのむすニーファイのそんであり,リーハイはユダのおうゼデキヤのせいだいねんにエルサレムをひとである。

第1章

ヒラマンのむすニーファイはゼラヘムラのり,そのむすニーファイがろくぐ。しるしとがたくさんあったにもかかわらず,あくにんじんころそうとする。キリストのこうたんよるる。しるしがしめされ,あたらしいほしあらわれる。いつわりとあざむきがし,ガデアントンのごうとうおおくのものころす。げんやくねんから四ねんいたる。

1 さて,だい九十一ねんった。それはリーハイがエルサレムをったときから六百ねんであり,そのとしには,ラコーニアスがだいさばきつかさであり,くにそうとくであった。

2 ヒラマンのむすニーファイは,しんちゅうはんと,それまでがれてきたすべてのろくと,リーハイがエルサレムをってらいしんせいぞんされてきたすべてのしなじなかんするせきにんを,ちょうなんニーファイにゆだねて,ゼラヘムラのっていた。

3 かれはそのったが,かれどこへったかはだれもらない。そして,かれむすニーファイがちちわってろくを,すなわちこのたみろくいだ。

4 さて,だい九十二ねんはじめには,よ,げんしゃたちのげんがさらにかんぜんじょうじゅはじめた。たみなかにさらにおおきなしるしと,さらにおおきなせきおこなわれはじめたからである。

5 しかし,レーマンじんサムエルによってべられたことじょうじゅするときったとものたちが何人なんにんかいた。

6 かれらは同胞はらからのことをよろこはじめて,「よ,ときり,サムエルのことじょうじゅしていない。だから,あなたがたがこのことをよろこび,しんじたのは,むなしいことだった」とった。

7 そしてかれらは,くにじゅうにひどいそうどうこした。そこで,しんじていたひとびとは,べられていることがなんらかのゆうこらないようなことがありはしないかと,じょうなやはじめた。

8 しかしよ,かれらは,まるでよるのない一にちのような二ちゅうかっとしてもうけ,ぶんたちのしんこうがむなしいものでなかったことをろうとした。

9 さて,しんこうしんのないものたちはある一にちとくさだめ,げんしゃサムエルによってげられたしるしがそのまでにあらわれなければ,これらのつたえをしんじているすべてのひところことにした。

10 さて,ニーファイのむすニーファイは,ぶんたみのこのあくて,こころじょううれいをおぼえた。

11 そこでかれは,ってし,ぶんたみのために,すなわちせんつたえをしんじていることでころされようとしているひとびとのために,ねつれつかみさけもとめた。

12 そしてかれは,しゅうじつねつれつしゅさけもとめた。するとよ,しゅこえかれこえてわれた。

13 あたまげて,げんしなさい。よ,ときちかい。こん,しるしがしめされ,,わたしはる。そしてわたしは,せいなるげんしゃたちのくちとおしてかたってきたすべてのことをじょうじゅすることを,ひとびとしめす。

14 よ,わたしは,はじめからひとらにらせてきたすべてのことをじょうじゅするため,またちちりょうほうおもいをおこなうために,わたししんたみのもとへく。わたししんのゆえにちちこころおこない,わたしのにくのゆえにおもいをおこなう。よ,ときちかい。こん,しるしがしめされるであろう。」

15 さて,ニーファイにくだされたことげられたとおりにじょうじゅし,よ,たいようしずんでもすこしもくらくならなかった。こうしてよるになってもくらくならなかったので,たみおどろいた。

16 そして,げんしゃたちのことしんじなかったおおくのものたお,まるでんだようになった。げんしゃたちのことしんじたものたちにたいしてくわだてたさつがいだいけいかくやぶれてしまったことがかったからである。また,かつてげられたしるしがすでにあらわれたからである。

17 そしてかれらは,かみおんもなく姿すがたあらわされるにちがいないということをるようになった。まことに,ようするにきたでもみなみでも,西にしからひがしいたるまでぜんおもてにいるひとびとみなじょうおどろいてたおれた。

18 かれらはげんしゃたちがながねんこれらのことについてあかししてきたこと,またかつてげられたしるしがすでにあらわれたことをったからである。そしてかれらは,ぶんたちのざいあくしんこうのためにおそはじめた。

19 そして,そのよるひとばんじゅうすこしもくらくならず,まるでひるのようにあかるかった。そしてあさには,いつものとおりにふたたたいようのぼった。そこでかれらは,しるしがあたえられていたので,そのしゅまれになったことをった。

20 そして,げんしゃことのとおりに,すべてのことがことごとくじょうじゅした。

21 そして,一つのあたらしいほしもそのことのとおりにあらわれた。

22 さて,このとき,サタンはたみこころをかたくなにし,かれらがたそれらのかずかずのしるしとしんじないようにさせるために,たみなかいつわりをひろはじめた。しかし,これらのいつわりとあざむきにもかかわらず,たみたいはんしんじて,しゅした。

23 さて,ニーファイはたみなかき,またほかにもおおくのものき,あらためのためのバプテスマをほどこし,それによってたみなかつみおおきなゆるがあった。このようにして,たみはそのふたたへいたもつようになった。

24 そして,もうモーセのりっぽうまもひつようがないことを,せいぶん使つかってりっしょうしようとつとめながら,おしえをはじめたすうにんものがいたほかは,なんあらそいもなかった。このすうにんものは,せいぶんかいしていなかったので,このことをかいしたのである。

25 さて,かれらはもなくこころあらため,ぶんたちがおもちがいをしていたことをなっとくした。りっぽうはまだじょうじゅしていないことと,それはことごとくじょうじゅしなければならないことがかれらにらされたからである。りっぽうじょうじゅしなければならず,まことに,それがすべてじょうじゅするまでいってんいっかくもむなしくなることはないということかれらにあたえられた。したがって,このとしのうちにかれらはぶんたちのおもちがいをり,ぶんたちのあやまりをこくはくした。

26 このように,すべてのせいなるげんしゃたちのげんことのとおりにかずかずのしるしがあらわれ,たみよろこびのおとずれがもたらされて,だい九十二ねんった。

27 そして,だい九十三ねんへいおんったが,ただガデアントンのごうとうやまやまんでいて,このらしまわっていた。かれらのとりでとかくじょうけんであったので,たみかれらをかせなかった。そのためかれらはおおくのさつじんおかし,たみなかでひどいさつりくおこなった。

28 そしてだい九十四ねんに,ニーファイじんおおくのはんしゃたちがかれらのところへんだため,かれらはじょうはじめた。このことはこののこっているニーファイじんふかうれいをあたえた。

29 また,レーマンじんなかにもふかうれいをあたえることがらがあった。よ,かれらにはせいじんになったどもたちとねんれいすすんできたどもたちがおおぜいいたが,かれらはひとちすると,あるゾーラムじんたちいつわりとへつらいのことまどわされ,あのガデアントンのごうとうなかになった。

30 このようにレーマンじんくるしんだ。そして,わかものたちのあくのために,かれらのしんこうおとろはじめた。