第三ニーファイ3
戻る 次へ


第3章

ガデアントンごうとうだんしゅりょうのギデアンハイ,こうふくしてわたすようにラコーニアスとニーファイじんようきゅうする。ラコーニアス,ギドギドーナイをぐんそうれいかんにんめいする。ニーファイじんえいのためにゼラヘムラとバウンティフルのあつまる。げんやく十六ねんから十八ねんいたる。

1 さて,キリストのらいりんから十六ねんに,くにそうとくであるラコーニアスは,このごうとうだんしゅりょうであり,はいしゃであるものからがみった。それにしるされていたことつぎのとおりである。

2 くにそうとくであるラコーニアスかっよ,わたしはあなたにこのがみき,あなたとあなたのたみが,けんでありゆうであるとかんがえているものをまもるにたってかっとしていることに,はなはおおいなるさんていするものである。あなたがたはぶんたちのゆうぶんたちのしょゆうぶつぶんたちのくに,すなわちあなたがたがそのようにんでいるものをまもるのに,まるでかみによってささえられているかのようにしっかりとっている。

3 しかし,ラコーニアスかっ。あなたがたがわたしのしたがうこのようにおおくのゆうかんたちにかえるとかんがえるほど,おろかでうぬぼれがつよいことは,わたしにはざんねんおもわれる。わたしのゆうかんたちはいまけてち,『ニーファイじんのもとへくだってってほろぼせ』ということおおいにがれている。

4 わたしはすでにせんじょうたちをためして,かれらにくつせいしんがあるのをっており,また,あなたがたがかれらにおこなったおおくのとうあつかいのために,かれらがあなたがたにいつまでもわらないぞういだいていることもっている。したがって,かれらがあなたがたにかってくだってけば,あなたがたをかんぜんほろぼしてしまうことだろう。

5 そこでわたしは,あなたがたのさいわいをおもいつつこのがみいて,ぶんしんふうじるものである。それは,あなたがたがぶんただしいとおもったことにたいしてかっとしており,またせんじょうこうけつせいしんしめしているからである。

6 したがって,わたしはあなたにがみおくり,あなたがたがわたしのつるぎけてめつぼうするよりは,むしろこのわたしのたみにあなたがたのまちしょゆうぶつわたすようにのぞだいである。

7 つまり,あなたがたがこうふくし,われわれれんごうしてわれわれみつわざをよくり,なかになってわれわれのようになること,すなわち,われわれれいではなく,なかになり,すべてのものきょうゆうしゃになることである。

8 よ,わたしはあなたがたに,もしこのようにおこなうならば,あなたがたはほろぼされないとちかってやくそくする。しかし,もしこのようにおこなわなければ,わたしはちかってうが,らいげつめいれいくだして,ぐんたいをあなたがたにかってくだってかせよう。わたしのぐんたいをとどめることなく,じょめいすることもなく,あなたがたをころし,あなたがたがぜつめつするまでつるぎびせることだろう。

9 よ,わたしはギデアンハイである。わたしはこのガデアントンみつけっしゃはいしゃである。わたしはこのけっしゃけっしゃわざものであることをっている。これらはむかしからあり,われわれつたえられたものである。

10 ラコーニアス殿どの。わたしはあなたにこのがみおくる。あなたがたは,ながすことなくしょゆうぶつわたし,あなたがたからはんしたこのたみが,ぶんたちのけんとうけんかいふくできるようにしてもらいたい。このたみは,あなたがたがとうにもとうけんあたえなかったためにはんしたのである。したがって,もしあなたがたがこのようにしなければ,わたしはこのたみけたとうあつかいにほうふくしよう。わたしはギデアンハイである。」

11 さて,ラコーニアスは,このがみるとじょうおどろいた。ギデアンハイがだいたんにも,ニーファイじんしょゆうけんようきゅうし,たみきょうはくし,またとうあつかいをすこしもけたことのないものたちのためにとうあつかいのほうふくをするとべていたからである。これらのものたちは,そのじゃあくまわしいごうとうたちのところへはんしてったことで,みずからにそんがいまねいただけであった。

12 さてよ,そうとくであるこのラコーニアスはまことにただしいひとであり,ごうとうようきゅうきょうはくおそれなかった。そこでかれは,ごうとうはいしゃギデアンハイのがみにせず,ぶんたみに,ごうとうたちがくだってるときにそなえてしゅちからさけもとめるようにさせた。

13 まことに,かれはすべてのたみなかこくし,べつにして,おんなどもだいしょうちくれ,それにすべてのものを一かしょあつめるようにつたえた。

14 そしてかれは,たみかこむとりでをいくつもきずかせ,それをじょうけんにさせた。またかれは,ニーファイじんと,レーマンじん,すなわちニーファイじんなかかぞえられたすべてのレーマンじんりょうほうからぐんたいを,りとしてしゅうはいしてたみまもらせ,にちごうとうからかれらをまもらせた。

15 まことに,かれたみった。「しゅきておられるように,あなたがたはざいあくをすべてあらためてしゅさけもとめなければ,あのガデアントンのごうとうからけっしてすくわれない。」

16 ラコーニアスのことげんは,まことにおおいなるおどろくべきものであり,たみぜんいんおそれをしょうじさせた。そこでかれらは,ラコーニアスのことのとおりにおこなおうとちからかぎりょくした。

17 さて,ラコーニアスは,ニーファイじんぜんぐんたいれんたいちょうにんめいし,ごうとうたちがからめてるときにぐんたいできるようにした。

18 また,すべてのれんたいちょうなかさいこうものである,ニーファイじんぜんぐんそうれいかんにんめいされた。そのひとギドギドーナイといった。

19 ニーファイじんなかには,(かれらがあくはたらいているだいべつにして)けいげんれいっているひとれんたいちょうにんめいするというならわしがあった。したがって,このギドギドーナイもだいさばきつかさとおなじように,たみなかだいげんしゃであった。

20 そこで,たみはギドギドーナイにった。「しゅいのってください。そして,わたしたちがやまのぼってき,ごうとうたちをめて,かれしんほろぼせるようにしてください。」

21 しかし,ギドギドーナイはかれらにった。「しゅゆるされない。もしわたしたちがかれらにかってのぼってけば,しゅはわたしたちをかれらのわたされるであろう。だからわたしたちは,ぶんたちのちゅうおうじゅんし,わたしたちのぜんぐんあつめよう。かれらにかってかないで,かれらがかってるまでとう。しゅきておられるように,わたしたちがこのようにすれば,しゅかれらをわたしたちのわたしてくださる。」

22 さて,だい十七ねんすえに,ラコーニアスのこくおもていたところされた。そしてたみは,ぶんたちのうましゃちく,すべてのだいしょうちくれ,こくもつ,そのほかすべてのものたずさえて,なんぜんにんとなく,なんまんにんとなくすすんでき,かれらはみなてきふせぐためにあつまるようにていされたところかった。

23 ていされたは,ゼラヘムラのと,ゼラヘムラのとバウンティフルのあいだであり,バウンティフルのとデソレションのあいだきょうかいにまでたっしていた。

24 そして,ニーファイじんばれるじょうおおぜいひとびとがこのあつまった。ラコーニアスがなんぽうかれらをあつめさせたのは,ほっぽうにひどいのろいがおよんでいたためである。

25 そしてかれらは,てきたいしてぼうかため,おないちだんとなってんだ。またかれらは,ラコーニアスのかたったことおそれて,ぶんたちのすべてのつみあらためた。そして,しゅなるかれらのかみいのりをささげ,てきくだってるときにぶんたちをすくってくださるようにねがった。

26 かれらはぶんたちのてきのことでふかうれいをいだいた。また,ギドギドーナイはかれらにあらゆるつくらせ,ぶんしたがってよろいとたてだてかためさせた。