第三ニーファイ 3
    脚注
    Theme

    第​3​章

    ガデアントン​ごうとうだん​の​しゅりょう​の​ギデアンハイ、こうふく​して​​を​わたす​よう​に​ラコーニアス​と​ニーファイじん​に​ようきゅう​する。ラコーニアス、ギドギドーナイ​を​ぐん​の​そうれいかん​に​にんめい​する。ニーファイじんえい​の​ため​に​ゼラヘムラ​と​バウンティフル​の​​に​あつまる。げんやく​十六​ねん​から​十八​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、キリスト​の​らいりん​から​十六​ねん​に、くに​の​そうとく​で​ある​ラコーニアス​は、この​ごうとうだん​の​しゅりょう​で​あり、はいしゃ​で​ある​もの​から​がみ​を​った。それ​に​しるされて​いた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

    2 くに​の​そうとく​で​ある​ラコーニアス​かっよ、わたし​は​あなた​に​この​がみ​を​き、あなた​と​あなた​の​たみ​が、​の​けん​で​あり​ゆう​で​ある​と​かんがえて​いる​もの​を​まもる​に​たって​かっ​と​して​いる​こと​に、はなはだ​おおいなる​さん​を​ていする​もの​で​ある。あなたがた​は​ぶん​たち​の​ゆう​と​ぶん​たち​の​しょゆうぶつぶん​たち​の​くに、すなわち​あなたがた​が​その​よう​に​んで​いる​もの​を​まもる​の​に、まるで​かみ​の​​に​よって​ささえられて​いる​か​の​よう​に​しっかり​と​って​いる。

    3 ​しかし、ラコーニアス​かっ。あなたがた​が​わたし​の​​に​したがう​この​よう​に​おおく​の​ゆうかん​な​​たち​に​かえる​と​かんがえる​ほど、おろか​で​うぬぼれ​が​つよい​こと​は、わたし​に​は​残念ざんねん​に​おもわれる。わたし​の​ゆうかん​な​​たち​は​いま​を​​に​けて​ち、『ニーファイじん​の​もと​へ​くだって​って​ほろぼせ』​と​いう​こと​を​おおいに​がれて​いる。

    4 ​わたし​は​すでに​戦場せんじょう​で​​たち​を​ためして、かれら​に​くつ​の​精神せいしん​が​ある​の​を​って​おり、また、あなたがた​が​かれら​に​おこなった​おおく​の​とう​な​あつかい​の​ため​に、かれら​が​あなたがた​に​いつまで​も​わらない​ぞう​を​いだいて​いる​こと​も​って​いる。したがって、かれら​が​あなたがた​に​かって​くだって​け​ば、あなたがた​を​完全かんぜん​に​ほろぼして​しまう​こと​だろう。

    5 ​そこで​わたし​は、あなたがた​の​さいわい​を​おもい​つつ​この​がみ​を​いて、ぶんしん​の​​で​ふうじる​もの​で​ある。それ​は、あなたがた​が​ぶん​の​ただしい​と​おもった​こと​に​たいして​かっ​と​して​おり、また​戦場せんじょう​で​こうけつ​な​精神せいしん​を​しめして​いる​から​で​ある。

    6 ​したがって、わたし​は​あなた​に​がみ​を​き​おくり、あなたがた​が​わたし​の​​の​つるぎ​を​けて​めつぼう​する​より​は、むしろ​この​わたし​の​たみ​に​あなたがた​の​まち​と​​と​しょゆうぶつ​を​わたす​よう​に​のぞむ​だい​で​ある。

    7 ​つまり、あなたがた​が​こうふく​し、我々われわれ​と​連合れんごう​して​我々われわれ​の​みつ​の​わざ​を​よく​り、なか​に​なって​我々われわれ​の​よう​に​なる​こと、すなわち、我々われわれ​の​れい​で​は​なく、なか​に​なり、すべて​の​もの​の​きょうゆうしゃ​に​なる​こと​で​ある。

    8 よ、わたし​は​あなたがた​に、もし​この​よう​に​おこなう​なら​ば、あなたがた​は​ほろぼされない​と​ちかって​やくそく​する。しかし、もし​この​よう​に​おこなわなければ、わたし​は​ちかって​う​が、来月らいげつ命令めいれい​を​くだして、ぐんたい​を​あなたがた​に​かって​くだって​かせよう。わたし​の​ぐんたい​は​​を​とどめる​こと​なく、助命じょめい​する​こと​も​なく、あなたがた​を​ころし、あなたがた​が​絶滅ぜつめつ​する​まで​つるぎ​を​びせる​こと​だろう。

    9 よ、わたし​は​ギデアンハイ​で​ある。わたし​は​この​ガデアントン​みつけっしゃ​の​はいしゃ​で​ある。わたし​は​この​けっしゃ​と​けっしゃ​の​わざ​が​い​もの​で​ある​こと​を​って​いる。これら​は​むかし​から​あり、我々われわれ​に​つたえられた​もの​で​ある。

    10 ​ラコーニアス​殿どの。わたし​は​あなた​に​この​がみ​を​き​おくる。あなたがた​は、​を​ながす​こと​なく​​と​しょゆうぶつ​を​わたし、あなたがた​から​はん​した​この​たみ​が、ぶん​たち​の​けん​と​とうけん​を​回復かいふく​できる​よう​に​して​もらいたい。この​たみ​は、あなたがた​が​とう​に​も​とうけん​を​あたえなかった​ため​に​はん​した​の​で​ある。したがって、もし​あなたがた​が​この​よう​に​しなければ、わたし​は​この​たみ​が​けた​とう​な​あつかい​に​ほうふく​しよう。わたし​は​ギデアンハイ​で​ある。」

    11 ​さて、ラコーニアス​は、この​がみ​を​る​と​じょう​に​おどろいた。ギデアンハイ​が​大胆だいたん​に​も、ニーファイじん​の​​の​しょゆうけん​を​ようきゅう​し、たみ​を​きょうはく​し、また​とう​な​あつかい​を​すこしも​けた​こと​の​ない​もの​たち​の​ため​に​とう​な​あつかい​の​ほうふく​を​する​と​べて​いた​から​で​ある。これら​の​もの​たち​は、その​じゃあく​な​まわしい​ごうとう​たち​の​ところ​へ​はん​して​った​こと​で、みずから​に​損害そんがい​を​まねいた​だけ​で​あった。

    12 ​さて​よ、そうとく​で​ある​この​ラコーニアス​は​まことに​ただしい​ひと​で​あり、ごうとう​の​ようきゅう​も​きょうはく​も​おそれなかった。そこで​かれ​は、ごうとう​の​はいしゃ​ギデアンハイ​の​がみ​を​​に​せず、ぶん​の​たみ​に、ごうとう​たち​が​くだって​る​とき​に​そなえて​しゅ​に​ちから​を​さけび​もとめる​よう​に​させた。

    13 ​まことに、かれ​は​すべて​の​たみ​の​なか​に​こく​を​し、​は​べつに​して、おんなども​と​大小だいしょう​の​ちく​の​れ、それに​すべて​の​もの​を​いっ​かしょ​に​あつめる​よう​に​つたえた。

    14 ​そして​かれ​は、たみ​を​かこむ​とりで​を​いくつ​も​きずかせ、それ​を​じょう​に​けん​に​させた。また​かれ​は、ニーファイじん​と、レーマンじん、すなわち​ニーファイじん​の​なか​に​かぞえられた​すべて​の​レーマンじん​の​両方りょうほう​から​る​ぐんたい​を、り​として​しゅう​に​はい​して​たみ​を​まもらせ、にちごうとう​から​かれら​を​まもらせた。

    15 ​まことに、かれ​は​たみ​に​った。「しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、あなたがた​は​ざいあく​を​すべて​あらためて​しゅ​に​さけび​もとめ​なければ、あの​ガデアントン​の​ごうとう​の​​から​けっして​すくわれない。」

    16 ​ラコーニアス​の​こと​と​げん​は、まことに​おおいなる​おどろく​べき​もの​で​あり、たみ​の​ぜんいん​に​おそれ​を​しょうじ​させた。そこで​かれら​は、ラコーニアス​の​こと​の​とおり​に​おこなおう​と​ちから​の​かぎり​りょく​した。

    17 ​さて、ラコーニアス​は、ニーファイじん​の​ぜんぐんたい​に​連隊長れんたいちょう​を​にんめい​し、ごうとう​たち​が​​から​めて​る​とき​に​ぐんたい​を​​できる​よう​に​した。

    18 ​また、すべて​の​連隊長れんたいちょう​の​なか​の​さいこう​の​もの​で​ある、ニーファイじん​の​ぜんぐん​の​そうれいかん​も​にんめい​された。その​ひと​の​​は​​ギドギドーナイ​と​いった。

    19 ​ニーファイじん​の​なか​に​は、(かれら​が​あく​を​はたらいて​いる​だい​は​べつ​に​して)けい​と​げん​の​れい​を​って​いる​ひと​を​連隊長れんたいちょう​に​にんめい​する​と​いう​ならわし​が​あった。したがって、この​ギドギドーナイ​も​だい​さばきつかさ​と​おなじ​よう​に、たみ​の​なか​の​だい​な​げんしゃ​で​あった。

    20 ​そこで、たみ​は​ギドギドーナイ​に​った。「しゅ​に​いのって​ください。そして、わたしたち​が​やま​や​​に​のぼって​き、ごうとう​たち​を​めて、かれら​しん​の​​で​ほろぼせる​よう​に​して​ください。」

    21 ​しかし、ギドギドーナイ​は​かれら​に​った。「しゅ​は​ゆるされない。もし​わたしたち​が​かれら​に​かって​のぼって​け​ば、しゅ​は​わたしたち​を​かれら​の​​に​わたされる​で​あろう。だから​わたしたち​は、ぶん​たち​の​​の​ちゅうおう​で​じゅん​し、わたしたち​の​ぜんぐん​を​あつめよう。かれら​に​かって​て​かないで、かれら​が​かって​る​まで​とう。しゅ​が​きて​おられる​よう​に​たしか​に、わたしたち​が​この​よう​に​すれ​ば、しゅ​は​かれら​を​わたしたち​の​​に​わたして​くださる。」

    22 ​さて、だい十七​ねん​の​すえ​に、ラコーニアス​の​こく​が​​の​おもて​の​いたる​ところ​に​された。そして​たみ​は、ぶん​たち​の​うま​と​しゃちく、すべて​の​大小だいしょう​の​ちく​の​れ、こくもつ、その​ほか​すべて​の​もの​を​たずさえて、なんぜんにん​と​なく、なんまんにん​と​なく​すすんで​き、かれら​は​みなてき​を​ふせぐ​ため​に​あつまる​よう​に​てい​された​ところ​へ​かった。

    23 てい​された​​は、ゼラヘムラ​の​​と、ゼラヘムラ​の​​と​バウンティフル​の​​の​あいだ​の​​で​あり、バウンティフル​の​​と​デソレション​の​​の​あいだ​の​きょうかい​に​まで​たっして​いた。

    24 ​そして、ニーファイじん​と​ばれる​じょう​に​おおぜい​の​人々ひとびと​が​この​​に​あつまった。ラコーニアス​が​南方なんぽう​の​​に​かれら​を​あつめ​させた​の​は、北方ほっぽう​の​​に​ひどい​のろい​が​およんで​いた​ため​で​ある。

    25 ​そして​かれら​は、てき​に​たいして​ぼう​を​かため、おなじ​​に​一団いちだん​と​なって​んだ。また​かれら​は、ラコーニアス​の​かたった​こと​を​おそれて、ぶん​たち​の​すべて​の​つみ​を​あらためた。そして、しゅ​なる​かれら​の​かみ​に​いのり​を​ささげ、てき​が​め​くだって​る​とき​に​ぶん​たち​を​すくって​くださる​よう​に​ねがった。

    26 かれら​は​ぶん​たち​の​てき​の​こと​で​ふかい​うれい​を​いだいた。また、ギドギドーナイ​は​かれら​に​あらゆる​​を​つくらせ、ぶん​の​​に​したがって​よろい​と​たて​と​だて​で​​を​かため​させた。