第三ニーファイ 2
    脚注
    Theme

    第​2​章

    あく​と​まわしい​おこない​が​たみ​の​なか​に​える。ニーファイじん​と​レーマンじん​は​けっそく​して、ガデアントン​の​ごうとう​に​たいして​えい​する。改宗かいしゅう​した​レーマンじんはだ​が​しろく​なり、ニーファイじん​と​ばれる。げんやく​五​ねん​から​十六​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい​九十五​ねん​も​り、たみ​は​まえ​に​いた​あの​数々かずかず​の​しるし​と​​を​わすれ​はじめ、また​しるし、すなわち​てん​から​の​​に​だい​に​おどろかなく​なって​きた。そして、かれら​の​こころ​は​かたくな​に​なり、おもい​は​くらみ、かれら​は​かつて​き​した​すべて​の​こと​を​しんじなく​なった。

    2 ​すなわち、その​しるし​は​たみ​の​こころ​を​まどわし​あざむく​ため​に、ひと​に​よって、また​あく​の​ちから​に​よって​おこなわれた​もの​で​ある​と​いう、おろか​な​おもい​を​こころ​に​いだく​よう​に​なった。この​よう​に​して​サタン​は​ふたたび​たみ​の​こころ​を​はい​した。そして、かれら​の​​を​くらまし、かれら​を​まどわして、キリスト​の​きょう​は​おろか​で​むなしい​もの​で​ある​と​しんじ​させた。

    3 ​そこで​たみ​は、あく​と​まわしい​おこない​を​かさね、さらに​これから​も​しるし、すなわち​​が​しめされる​こと​を​しんじなかった。そして​サタン​は、ほうぼう​を​めぐって​たみ​の​こころ​を​まどわし、ゆうわく​し、たみ​に​この​​で​おおきな​あく​を​おこなわせた。

    4 ​この​よう​に​して、だい​九十六​ねん​が​り、また​だい​九十七​ねん​も、だい​九十八​ねん​も、だい​九十九​ねん​も​った。

    5 ​また、ニーファイじん​の​たみ​の​おう​モーサヤ​の​だい​から​すでに​百​ねん​が​った。

    6 ​リーハイ​が​エルサレム​を​って​から​すでに​六百九​ねん​が​った。

    7 ​キリスト​が​​に​られる​しるし​が​げんしゃ​たち​に​よって​げられた​が、その​しるし​が​しめされた​とき​から​九​ねん​が​った。

    8 ​ニーファイじん​は​しるし​が​しめされた​この​とき​から、すなわち​キリスト​の​らいりん​から​かれら​の​とき​を​かぞえ​はじめた。したがって、九​ねん​が​ぎた。

    9 ​ニーファイ​は​ろく​に​ついて​責任せきにん​を​って​いた​が、その​ちち​の​ニーファイ​は​ゼラヘムラ​の​​に​かえって​ず、くにじゅう​どこ​に​も​たらなかった。

    10 ​そして、たみ​の​なか​で​おおく​の​宣教せんきょう​と​げん​が​おこなわれた​に​も​かかわらず、たみ​は​ぜん​と​して​あく​を​つづけて​いた。この​よう​に​して、だい十​ねん​も​り、だい十一​ねん​も​ざいあく​の​うち​に​った。

    11 ​そして​だい十三​ねん​に​は、くにじゅういたる​ところ​で​せんそう​と​あらそい​が​はじまった。ガデアントン​の​ごうとう​が​おびただしい​かず​に​なり、たみ​の​なか​の​おおく​の​もの​を​ころし、おおく​の​まち​を​らし、くにじゅう​に​おおく​の​虐殺ぎゃくさつ​を​ひろめた​ので、たみ​は​みな、ニーファイじん​も​レーマンじん​も、かれら​に​たいして​​を​る​こと​が​ひつよう​に​なった。

    12 ​その​ため、しゅ​に​​して​いた​レーマンじん​は​みな同胞はらから​で​ある​ニーファイじん​と​けっそく​し、ぶん​たち​の​いのち​と​おんなども​を​まもる​ため​に、また​ぶん​たち​の​けん​と​きょうかい​の​とっけんれいはい​の​とっけん​と​ゆう​を​まもる​ため​に、かたなく​ガデアントン​の​ごうとう​に​たいして​​を​った。

    13 ​そして、この​だい十三​ねん​が​る​まえ​に、ニーファイじん​は、じょう​に​はげしく​なった​この​せんそう​の​ため​に​全滅ぜんめつ​の​​に​さらされた。

    14 ​さて、ニーファイじん​に​ごうりゅう​して​いた​レーマンじん​は、ニーファイじん​の​なか​に​かぞえられ、

    15 かれら​の​​のろい​は​られ、かれら​の​はだ​は​ニーファイじん​の​よう​に​しろく​なった。

    16 ​また、かれら​の​わかい​おとこ​たち​と​むすめ​たち​は​じょう​に​うるわしく​なり、ニーファイじん​の​なか​に​かぞえられ、ニーファイじん​と​ばれた。この​よう​に​して​だい十三​ねん​が​わった。

    17 ​そして、だい十四​ねん​の​はじめ​に​も​ごうとう​たち​と​ニーファイ​の​たみ​の​あいだ​の​せんそう​は​つづき、ますます​はげしく​なった。それでも、ニーファイ​の​たみ​は​ごうとう​たち​に​たいして​いくぶんゆう​に​った​ため、ぶん​たち​の​​から​かれら​を​やま​や​かれら​の​かくれ​​に​かえした。

    18 ​この​よう​に​して、だい十四​ねん​が​わった​が、だい十五​ねん​に​かれら​は​ニーファイ​の​たみ​に​かって​て​た。そして、ニーファイ​の​たみ​の​あく​と​おおく​の​あらそい​と​​の​ため​に、ガデアントン​の​ごうとう​は​ニーファイ​の​たみ​に​たいして​なん​も​ゆう​に​った。

    19 ​この​よう​に​して、だい十五​ねん​が​わった。この​よう​に​たみ​は​おおく​の​なん​を​け、めつぼう​の​つるぎ​は​かれら​の​うえ​に​せまって​いて、かれら​は​まさに​その​つるぎ​に​よって​たれよう​と​して​いた。これ​は​かれら​の​ざいあく​の​ため​で​ある。