第三ニーファイ2
戻る 次へ


第2章

あくまわしいおこないがたみなかえる。ニーファイじんとレーマンじんけっそくして,ガデアントンのごうとうたいしてえいする。かいしゅうしたレーマンじんはだしろくなり,ニーファイじんばれる。げんやくねんから十六ねんいたる。

1 さて,だい九十五ねんり,たみまえいたあのかずかずのしるしとわすはじめ,またしるし,すなわちてんからのだいおどろかなくなってきた。そして,かれらのこころはかたくなになり,おもいはくらみ,かれらはかつてきしたすべてのことをしんじなくなった。

2 すなわち,そのしるしはたみこころまどわしあざむために,ひとによって,またあくちからによっておこなわれたものであるという,おろかなおもいをこころいだくようになった。このようにしてサタンはふたたたみこころはいした。そして,かれらのをくらまし,かれらをまどわして,キリストのきょうおろかでむなしいものであるとしんじさせた。

3 そこでたみは,あくまわしいおこないをかさね,さらにこれからもしるし,すなわちしめされることをしんじなかった。そしてサタンは,ほうぼうめぐってたみこころまどわし,ゆうわくし,たみにこのおおきなあくおこなわせた。

4 このようにして,だい九十六ねんり,まただい九十七ねんも,だい九十八ねんも,だい九十九ねんった。

5 また,ニーファイじんたみおうモーサヤだいからすでに百ねんった。

6 リーハイがエルサレムをってからすでに六百九ねんった。

7 キリストがられるしるしがげんしゃたちによってげられたが,そのしるしがしめされたときから九ねんった。

8 ニーファイじんはしるしがしめされたこのときから,すなわちキリストのらいりんからかれらのときかぞはじめた。したがって,九ねんぎた。

9 ニーファイはろくについてせきにんっていたが,そのちちのニーファイはゼラヘムラのかえってくにじゅうどこにもたらなかった。

10 そして,たみなかおおくのせんきょうげんおこなわれたにもかかわらず,たみぜんとしてあくつづけていた。このようにして,だいねんり,だい十一ねんざいあくのうちにった。

11 そしてだい十三ねんには,くにじゅういたところせんそうあらそいがはじまった。ガデアントンのごうとうがおびただしいかずになり,たみなかおおくのものころし,おおくのまちらし,くにじゅうおおくのぎゃくさつひろめたので,たみみな,ニーファイじんもレーマンじんも,かれらにたいしてることがひつようになった。

12 そのため,しゅしていたレーマンじんみな同胞はらからであるニーファイじんけっそくし,ぶんたちのいのちおんなどもまもるために,またぶんたちのけんきょうかいとっけんれいはいとっけんゆうまもるために,かたなくガデアントンのごうとうたいしてった。

13 そして,このだい十三ねんまえに,ニーファイじんは,じょうはげしくなったこのせんそうのためにぜんめつにさらされた。

14 さて,ニーファイじんごうりゅうしていたレーマンじんは,ニーファイじんなかかぞえられ,

15 かれらののろいられ,かれらのはだはニーファイじんのようにしろなった。

16 また,かれらのわかおとこたちとむすめたちはじょううるわしくなり,ニーファイじんなかかぞえられ,ニーファイじんばれた。このようにしてだい十三ねんわった。

17 そして,だい十四ねんはじめにもごうとうたちとニーファイのたみあいだせんそうつづき,ますますはげしくなった。それでも,ニーファイのたみごうとうたちにたいしていくぶんゆうったため,ぶんたちのからかれらをやまかれらのかくかえした。

18 このようにして,だい十四ねんわったが,だい十五ねんかれらはニーファイのたみかってた。そして,ニーファイのたみあくおおくのあらそいとのために,ガデアントンのごうとうはニーファイのたみたいしてなんゆうった。

19 このようにして,だい十五ねんわった。このようにたみおおくのなんけ,めつぼうつるぎかれらのうえにせまっていて,かれらはまさにそのつるぎによってたれようとしていた。これはかれらのざいあくのためである。