第三ニーファイ 10
    脚注
    Theme

    第​10​章

    ​が​なんかん​も​しずか​で​あった​こと。キリスト​の​こえ​が​こえ、めんどり​が​ひな​を​あつめる​よう​に​ぶん​の​たみ​を​あつめる​こと​を​やくそく​される。まもられた​もの​は、ひときわ​​に​かなった​人々ひとびと​で​あった。げんやく​三十四​ねん​から​三十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、この​​の​すべて​の​ひと​が​これら​の​こと​を​き、それ​に​ついて​しょうにん​と​なった。そして、これら​の​こと​の​のち​は​なんかん​も​しずか​で​あった。

    2 たみ​が​あまり​の​おどろき​に、親族しんぞく​を​うしなった​の​を​なげく​こと、また​き​わめく​こと​を​やめて​しまった​から​で​ある。その​ため​に、ぜん​は​なんかん​も​しずか​で​あった。

    3 ​そして、ふたたび​たみ​に​こえ​が​こえた。すべて​の​ひと​は​それ​を​き、それ​に​ついて​の​しょうにん​と​なった​が、その​こえ​は​つぎ​の​よう​に​かたられた。

    4 「おお、ヤコブ​の​そん​で​あり、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​もの​で​ある、くずれ​ちた​これら​の​おおきな​まち​の​たみ​よ。めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に、わたし​は​あなたがた​を​いくたびあつめ、やしなって​きた​こと​か。

    5 ​さらに​また、めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に、わたし​は​あなたがた​を​いくたびあつめよう​と​した​こと​か。まことに、おお、つみ​を​おかして​きた​イスラエル​の​いえ​の​たみ​よ。まことに、おお、おなじ​よう​に​つみ​を​おかして​きた​エルサレム​に​む​イスラエル​の​いえ​の​たみ​よ。まことに、めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に、わたし​は​あなたがた​を​いくたびあつめよう​と​した​こと​か。しかし、あなたがた​は​おうじよう​と​しなかった。

    6 ​おお、わたし​が​いのち​を​たすけた​イスラエル​の​いえ​よ。あなたがた​が​あらため、十分じゅうぶん​に​かたい​けつ​を​もって​わたし​に​ち​かえる​なら​ば、めんどり​が​はね​の​した​に​ひな​を​あつめる​よう​に、わたし​は​あなたがた​を​いくたび​も​あつめよう。

    7 ​しかし、おお、イスラエル​の​いえ​よ、もし​あらためて​ち​かえらなければ、あなたがた​の​じゅうきょ​の​ある​ところ​は、あなたがた​の​せん​に​てた​せいやく​が​たされる​とき​まで​てた​ところ​と​なる​で​あろう。」

    8 ​さて、たみ​は​これら​の​こと​を​いた​のちよ、親族しんぞく​と​友人ゆうじん​を​うしなった​こと​で​ふたたび​なみだ​を​ながし、き​わめき​はじめた。

    9 ​そして​みっ​たった。そして​あさ​に​なる​と、くらやみ​は​​の​おもて​から​り、​が​れ​うごく​の​は​やみ、いわ​が​ける​の​も​やみ、おそろしい​うなり​は​しずまり、騒々そうぞうしい​おと​は​すべて​やんだ。

    10 ​は​ふたたび​わさって​その​まま​に​なった。また、いのち​を​たすけられた​人々ひとびと​の​なげき​や​き​かなしむ​こえ​も​やんだ。そして、かれら​の​なげき​は​よろこび​に​わり、かれら​の​かなしみ​は、かれら​の​あがなぬし​なる​しゅ​イエス・​キリスト​へ​の​さん​と​感謝かんしゃ​に​わった。

    11 げんしゃ​たち​に​よって​べられた​聖文せいぶん​は​ここ​まで​じょうじゅ​した。

    12 ​この​とき​に​いのち​を​たすけられた​の​は、​ひときわ​​に​かなった​人々ひとびと​で​ある。かれら​は​げんしゃ​たち​を​れた​人々ひとびと​で、げんしゃ​たち​に​いし​を​げつけなかった。また、せい​たち​の​​を​ながした​こと​も​なかった。

    13 かれら​は​いのち​を​たすけられ、​の​なか​に​しずめられる​こと​も​められる​こと​も​なかった。う み​の​ふかみ​に​おぼれる​こと​も​なく、​で​かれ​も​せず、ちて​し​つぶされて​ぬ​こと​も​なかった。また、かれら​は​旋風せんぷう​に​はこび​られる​こと​も​なく、める​けむり​と​あんこく​の​きり​に​ち​たおされる​と​いう​こと​も​なかった。

    14 ​さて、む​もの​は​かい​しなさい。聖文せいぶん​を​って​いる​もの​は​聖文せいぶん​を​調しらべて、​と​けむりぼうふう旋風せんぷう、それに​人々ひとびと​を​のみ​む​​の​けた​あな​に​よる​これら​の​​と​かい​が​すべて、おおく​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん​を​じょうじゅ​する​もの​で​ない​か​どう​か​たしかめなさい。

    15 よ、あなたがた​に​う。まことに、おおく​の​げんしゃ​が、キリスト​の​らいりん​の​とき​の​これら​の​こと​に​ついて​あかし​し、そして​これら​の​こと​を​あかし​した​ため​に​ころされた。

    16 ​まことに、げんしゃ​ゼノス​は​これら​の​こと​に​ついて​あかし​し、ゼノク​も​これら​の​こと​に​ついて​べ、かれら​は​とくに、かれら​の​そん​の​のこり​の​もの​で​ある​わたしたち​に​ついて​あかし​した。

    17 よ、わたしたち​の​せん​ヤコブ​も、ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​に​ついて​あかし​した。わたしたち​は​ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​で​は​ない​だろう​か。わたしたち​に​ついて​あかし​する​これら​の​こと​は、せん​リーハイ​が​エルサレム​から​ってた​真鍮しんちゅう​の​はん​に​しるされて​は​いない​だろう​か。

    18 ​さて、だい​三十四​ねん​の​すえ​に、いのち​を​たすけられた​ニーファイ​の​たみ​と、レーマンじん​と​ばれた​いのち​を​たすけられた​人々ひとびと​に​おおきな​めぐみ​が​あたえられ、かれら​の​こうべ​に​おおきな​しゅくふく​が​そそがれた​こと​を、よ、わたし​は​あなたがた​に​しめそう。キリスト​は​てん​に​のぼられて​から​すぐに、じっさい​に​かれら​に​しん​を​あらわし、

    19 かれら​に​ぶん​の​からだ​を​しめし、おしえ​と​みちびき​を​さずけられた。キリスト​の​つとめ​に​ついて​の​はなし​は​のち​に​しるす​こと​に​する。したがって、いま​は​わたし​の​こと​を​わり​に​する。