モロナイ書 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    長老ちょうろう​と​さい​が​せいさん​の​パン​を​しゅくふく​する​ほうほう​に​ついて​の​説明せつめいげんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 長老ちょうろう​と​さい​が、きょうかいいん​に​キリスト​の​にく​と​​を​け​あたえた​ほうほう​は、つぎ​の​とおり​で​ある。かれら​が​キリスト​の​めいじられた​とおり​に​しっこう​した​ので、わたしたち​は​この​ほうほう​が​ただしい​こと​を​って​いる。長老ちょうろう​または​さい​が​それ​を​しっこう​した。

    2 かれら​は​きょうかいいん​と​ともに​ひざまずき、キリスト​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのって​った。

    3 永遠えいえん​の​ちち​なる​かみ​よ、わたしたち​は​おん​イエス・​キリスト​の​​に​よって​あなた​に​ねがい​もとめ​ます。この​​パン​を​いただく​すべて​の​人々ひとびと​が、おん​の​からだ​の​ねん​に​これ​を​いただける​よう​に、また、すすんで​おん​の​​を​け、いつも​おん​を​おぼえ、おん​が​あたえて​くださった​いましめ​を​まもる​こと​を、永遠えいえん​の​ちち​なる​かみ​よ、あなた​に​しょうめい​して、いつも​おん​の​たま​を​けられる​よう​に、この​パン​を​しゅくふく​し、きよめて​ください。アーメン。」