アルマ書 32
    脚注

    第​32​章

    アルマ、おおく​の​くるしみ​を​けて​謙遜けんそん​に​なった​まずしい​人々ひとびと​を​おしえる。しんこう​と​は​まだ​て​いない​真実しんじつ​の​こと​を​のぞむ​こと​で​ある。アルマ、てん使​たち​が​おとこ​も​おんな​も、ども​たち​を​も​おしえ​みちびく​こと​を​あかし​する。アルマ、こと​を​たね​に​たとえる。それ​は​えて​やしない​を​あたえ​なければ​ならない。そう​すれ​ば​それ​は​せいちょう​して​​に​なり、永遠えいえん​の​いのち​の​​を​る​こと​が​できる。げんぜんやく​七十四​ねん

    1 ​さて、アルマ​と​どうりょう​たち​は​て​って、ゾーラムじん​の​会堂かいどう​や​かれら​の​いえ​に​はいり、人々ひとびと​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえ​はじめた。かれら​は​また、とおり​で​も​こと​を​べ​つたえた。

    2 ​そして、人々ひとびと​の​なか​で​おおく​の​ろう​を​かさねた​すえかれら​は​まずしい​階層かいそう​の​人々ひとびと​の​なか​で​せいこう​を​おさめ​はじめた。よ、これら​の​人々ひとびと​は、ふく​が​まつ​で​ある​ため​に​会堂かいどう​から​されて​いた​から​で​ある。

    3 ​これら​の​人々ひとびと​は​ふく​が​まつ​な​ため​けがれた​もの​と​なされ、会堂かいどう​に​はいって​かみ​を​れいはい​する​こと​を​ゆるされて​いなかった。かれら​は​まずしく、同胞はらから​から​かす​の​よう​に​なされて​いた​ので、この​の​もの​に​かんして​まずしく、こころ​が​謙遜けんそん​で​あった。

    4 ​さて、アルマ​が​オナイダ​の​おか​で​人々ひとびと​に​おしえ、かたって​いた​とき​に、いまべた​人々ひとびと、すなわち​この​の​もの​に​かんして​まずしい​ため​に​こころ​が​謙遜けんそん​に​なって​いる​人々ひとびと​が、おおきな​れ​を​して​アルマ​の​もと​に​やって​た。

    5 ​そして、かれら​は​アルマ​の​もと​に​やって​る​と、その​群衆ぐんしゅう​の​ちゅうしん​に​なって​いる​ひと​の​ひと​が​アルマ​に​った。「まことに、ここ​に​いる​わたし​の​なか​は、​どう​すれ​ば​よい​の​でしょう​か。この​人々ひとびと​は、貧乏びんぼう​で​ある​ため​に​すべて​の​ひと​から​くだされて​います。とりわけ​さい​たち​に​きらわれて​います。さい​たち​は、わたしたち​が​ぶん​の​​を​使つかって​おおいに​はたらいて​てた​会堂かいどう​から、わたしたち​を​し​ました。わたしたち​が​ひどく​貧乏びんぼう​だから​と​いう​こと​で、わたしたち​を​した​の​です。わたしたち​に​は​かみ​を​れいはい​する​しょ​が​どこ​に​も​あり​ません。​どう​すれ​ば​よい​でしょう​か。」

    6 ​アルマ​は​これ​を​く​と、かえって​かれ​の​ほう​に​めん​と​かい、じょう​に​よろこび​ながら​じっと​かれ​を​めた。かれら​が​おおく​の​くるしみ​を​けて​こころ​が​​へりくだって​おり、こと​を​く​よう​の​できて​いる​こと​が、アルマ​に​かった​から​で​ある。

    7 ​そこで​アルマ​は、もう​ほか​の​群衆ぐんしゅう​に​それ​じょうかたる​の​を​やめ、しかし、​の​まえ​に​いる、こころ​から​あらためて​いる​かれら​に​かって​​を​ばして​大声おおごえ​で​った。

    8 「わたし​の​る​ところ、いま​あなたがた​の​こころ​は​​へりくだって​いる。もし​そう​なら​ば、あなたがた​は​さいわい​で​ある。

    9 よ、あなたがた​の​なか​の​ひと​は、『どう​すれ​ば​よい​でしょう​か。わたしたち​は​会堂かいどう​から​され、ぶん​たち​の​かみ​を​れいはい​でき​ません』​と​った。

    10 よ、あなたがた​に​たずねたい。あなたがた​は​ぶん​たち​の​会堂かいどう​で​しか​かみ​を​れいはい​する​こと​が​できない​と​おもって​いる​の​か。

    11 ​そして、さらに​たずねたい。あなたがた​は​しゅう​に​一​しか​かみ​を​れいはい​して​は​ならない​と​おもって​いる​の​か。

    12 ​あなたがた​に​う。会堂かいどう​から​されて​いる​こと​は、あなたがた​が​謙遜けんそん​に​なれる​ので、また​​を​られる​ので​よい​こと​で​ある。あなたがた​が​​を​る​こと​は​ひつよう​だから​で​ある。あなたがた​が​いま​へりくだった​こころ​で​いる​の​は、されて​いる​ため​で​あり、また​じょう​に​まずしい​ため​に​同胞はらから​から​くだされて​いる​ため​で​ある。あなたがた​は、やむをず​へりくだって​いる。

    13 ​さて、やむをず​へりくだって​いる​ので、あなたがた​は​さいわい​で​ある。ひと​は​ときどき、やむをず​へりくだって​いて​も​あらためよう​と​する​から​で​ある。そして、あらためる​ひと​は​だれでも、かならず​あわれみ​を​ける。そして、あわれみ​を​けて​さい​まで​しのぶ​ひと​は​すくわれる。

    14 ​わたし​は、あなたがた​が​やむをず​へりくだって​いる​ので​さいわい​で​ある​と​った​が、こと​の​ため​に​みずから​すすんで​こころ​から​へりくだる​人々ひとびと​は、なおさら​さいわい​で​ある​と​おもわない​か。

    15 ​まことに、みずから​すすんで​こころ​から​へりくだり、つみ​を​あらため、さい​まで​しのぶ​ひと​は​しゅくふく​を​ける。まことに​この​よう​な​ひと​は、じょう​に​まずしい​ため​に​やむをず​へりくだって​いる​人々ひとびと​より​も、なおさら​しゅくふく​を​ける。

    16 ​したがって、やむをず​​へりくだる​の​で​は​なく、みずから​へりくだる​人々ひとびと​は​さいわい​で​ある。いや、こころ​を​かたくな​に​する​こと​なく、また​こと​を​る​よう​に​けられたり、る​よう​に​いられたり​して​はじめて​しんじる​と​いう​の​で​は​なく、すすんで​かみ​の​こと​を​しんじ、バプテスマ​を​ける​ひと​は​さいわい​で​ある。

    17 ​まことに、もし​てん​から​​しるし​を​せて​くれれ​ば、それ​が​たしか​な​こと​が​かる​から​しんじよう​と​う​人々ひとびと​が​おおぜい​いる。

    18 ​さて、わたし​は​たずねる。これ​は​しんこう​で​あろう​か。よ、わたし​は​そう​で​は​ない​と​こたえる。もし​ひと​が​ある​ものごと​を​って​いる​なら​ば、それ​を​しんじる​ゆう​は​ない。すでに​って​いる​から​で​ある。

    19 ​さて、かみ​の​こころ​を​って​いながら​それ​を​おこなわない​ひと​は、ただ​しんじて​いる​だけ​で、あるいは​しんじる​ゆう​が​ある​だけ​で​そむいて​しまう​より​も、どれ​ほど​ひどい​のろい​を​ける​こと​で​あろう。

    20 ​この​こと​に​ついて、あなたがた​は​判断はんだん​しなければ​ならない。よ、わたし​は​あなたがた​に​う。両者りょうしゃ​は​それぞれ​どうよう​に​さばかれ、ひと​は​みな各々おのおの​の​おこない​に​おうじて​むくわれる​の​で​ある。

    21 ​さて、しんこう​に​ついて​わたし​が​すでに​かたった​よう​に、しんこう​と​は​ものごと​を​完全かんぜん​に​る​こと​で​は​ない。したがって、もし​しんこう​が​あれ​ば、あなたがた​は​まだ​て​いない​真実しんじつ​の​こと​を​のぞむ​の​で​ある。

    22 ​さて​よ、あなたがた​に​う。この​こと​を​おぼえて​おいて​ほしい。それ​は、かみ​は​ぶん​の​​を​しんじる​すべて​の​ひと​に​あわれみ​を​かけられる​と​いう​こと​で​ある。したがって、かみ​は​まず​はじめ​に、あなたがた​が、まことに​かみ​の​こと​を​しんじる​こと​を​のぞんで​おられる。

    23 ​さて、かみ​は​てん使​に​よって、人々ひとびと​に、まことに​おとこ​ばかり​で​なく​おんな​に​も​ぶん​の​こと​を​つたえられる。それ​だけ​で​は​ない。しゃ​や​がくしゃ​を​はずかしめる​こと​が、これまで​なん​も​おさない​ども​に​あたえられて​きた。

    24 ​さて、わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、あなたがた​は​いまくるしめられ、されて​いる​ので、どう​すれ​ば​よい​か​わたし​から​いて​りたい​と​のぞんで​いる。ところで、わたし​は​じつ​に​よって​だけ​あなたがた​の​こと​を​判断はんだん​しよう​と​して​いる​と​おもわれたく​ない。

    25 ​つまり、あなたがた​ぜんいん​が​やむをず​へりくだって​いる​の​で​は​ない​と​いう​こと​で​ある。どの​よう​な​境遇きょうぐう​に​あって​も​すすんで​へりくだろう​と​する​人々ひとびと​が、あなたがた​の​なか​に​何人なんにん​も​いる​こと​を、わたし​は​たしか​に​しんじて​いる​から​で​ある。

    26 ​さて、しんこう​に​ついて​わたし​が​った​よう​に、しんこう​と​は​完全かんぜん​に​る​こと​で​は​ない。わたし​の​こと​に​ついて​も​その​とおり​で​ある。しんこう​が​完全かんぜん​に​る​こと​で​は​ない​の​と​おなじ​よう​に、あなたがた​は​わたし​の​こと​が​たしか​で​ある​こと​も​さいしょ​から​完全かんぜん​に​る​こと​は​できない。

    27 ​しかし​よ、もし​あなたがた​が​​を​まし、のうりょく​を​くして​わたし​の​こと​を​ためし、ごく​わずか​な​しんこう​で​も​はたらかせよう​と​する​なら​ば、たとえ​しんじよう​と​する​のぞみ​を​つ​だけ​で​も​よい。わたし​の​こと​の​いちぶん​で​も​れる​こと​が​できる​ほど​の​しんこう​に​なる​まで、その​のぞみ​を​そだてて​ゆけ。

    28 ​さて、こと​を​一つ​の​たね​に​たとえて​みよう。さて、もし​あなたがた​が​こころ​の​なか​に​しょ​を​もうけて、たね​を​そこ​に​える​よう​に​する​なら​ば、よ、それ​が​ほんとう​の​たね、すなわち​い​たね​で​あり、また​あなたがた​が​しゅ​の​たま​に​さからおう​と​する​しんこう​に​よって​それ​を​てる​よう​な​こと​が​なければ、よ、その​たね​は​あなたがた​の​こころ​の​なか​で​ふくらみ​はじめる​で​あろう。そして、あなたがた​は​たね​が​ふくらみ​つつ​ある​の​を​かんじる​と、こころ​の​なか​で​つぎ​の​よう​に​おもう​で​あろう。『これ​は​い​たね、すなわち​こと​は​い​もの​に​ちがいない。これ​は​わたし​の​こころ​を​ひろげ、わたし​の​かいりょく​に​ひかり​を​そそぎ、まことに、それ​は​わたし​に​い​ち​を​あたえ​はじめて​いる。』

    29 ​さて​よ、これ​に​よって​あなたがた​の​しんこう​は​さない​で​あろう​か。わたし​は​あなたがた​に​う。しんこう​は​す、と。に​も​かかわらず、まだ​完全かんぜん​に​る​と​いう​ところ​まで​は​かない。

    30 ​しかし​よ、その​たね​が​ふくらんで​​を​し、せいちょう​し​はじめる​と、あなたがた​は​その​たね​を​い​もの​で​ある​と​おもう​に​ちがいない。よ、それ​が​ふくらんで​​を​し、せいちょう​して​いる​から​で​ある。さて​よ、これ​は​あなたがた​の​しんこう​を​つよめない​で​あろう​か。まことに、それ​は​あなたがた​の​しんこう​を​つよめる​で​あろう。あなたがた​は、『これ​は​い​たね​で​ある​こと​が​かる』​と​う。よ、それ​が​​を​し、せいちょう​し​はじめて​いる​から​で​ある。

    31 ​ところで​よ、あなたがた​は​これ​が​い​たね​で​ある​と​かくしん​して​いる​で​あろう​か。かくしん​して​いる​と、わたし​は​あなたがた​に​う。たね​は​その​たねどく​の​かたち​を​しょうじる​から​で​ある。

    32 ​したがって、もし​たね​が​​を​して​せいちょう​する​なら​ば、それ​は​い​たね​で​ある。しかし、​を​さなければ、よ、それ​は​い​たね​で​は​ない​ので​てられる。

    33 ​さて​よ、あなたがた​は​すでに​ためして​たね​を​え、その​たね​が​ふくらんで​​を​し、せいちょう​し​はじめて​いる​ので、その​たね​が​い​もの​で​ある​こと​を​る​に​ちがいない。

    34 ​さて​よ、あなたがた​の​しき​は​完全かんぜん​で​あろう​か。その​とおり、あなたがた​の​しき​は​その​こと​に​かんして​は​完全かんぜん​で​ある​が、あなたがた​の​しんこう​は​ねむった​まま​で​ある。この​ゆう​は​あなたがた​が​って​いる。と​いう​の​は、あなたがた​は、こと​が​あなたがた​の​こころ​を​たかめた​の​を​って​おり、また​あなたがた​は、それ​が​すでに​​を​し、あなたがた​の​かいりょく​に​ひかり​が​そそがれ、あなたがた​の​こころ​が​ひろがり​はじめて​いる​の​を​って​いる​から​で​ある。

    35 ​おお、それ​なら​ば、この​こと​は​ほんとう​で​は​ない​だろう​か。わたし​は​あなたがた​に​う。たしか​に​ほんとう​で​ある、と。なぜなら、それ​は​ひかり​だから​で​ある。ひかり​は​なん​で​あろう​と​ぜん​で​ある。と​いう​の​は、その​よう​に​け​が​つく​から​で​あり、こう​して​あなたがた​は、それ​が​ぜん​で​ある​こと​を​かならず​る​よう​に​なる。さて​よ、この​ひかり​を​経験けいけん​した​のち、あなたがた​の​しき​は​完全かんぜん​で​あろう​か。

    36 よ、そう​で​ない​と​あなたがた​に​おう。あなたがた​は​ぶん​の​しんこう​を​てて​は​ならない。あなたがた​は、たね​が​い​もの​か​どう​か​を​ろう​と​して、ただ​しんこう​を​はたらかせて​その​たね​を​えて​みた​だけ​だから​で​ある。

    37 ​そして​よ、​が​せいちょう​し​はじめる​と、あなたがた​は、『この​​が​き、せいちょう​し、わたしたち​の​ため​に​​を​むすぶ​よう​に、十分じゅうぶん​に​ちゅう​して​やしない​を​あたえよう』​と​う​で​あろう。さて​よ、あなたがた​が​十分じゅうぶん​に​ちゅう​して​やしない​を​あたえれば、それ​は​き、せいちょう​し、​を​むすぶ​で​あろう。

    38 ​しかし、もし​あなたがた​が​その​​に​かまわず、やしない​そだてる​こと​に​こころ​を​くばらなければ、よ、それ​が​く​こと​は​ない​で​あろう。そして、太陽たいよう​の​あつさ​が​およんで​その​​を​ねっする​と、その​​は​まったく​​が​ない​ので​れて​しまう​で​あろう。そこで​あなたがた​は、その​​を​いて​てる。

    39 ​さて​これ​は、たね​が​くなかった​から​で​も​なければ、​が​このましい​もの​で​なかった​から​で​も​ない。ただ、あなたがた​の​​が​やせて​いる​ため​で​ある。あなたがた​が​その​​に​やしない​を​あたえよう​と​しない​ので、​を​る​こと​が​できない​の​で​ある。

    40 ​この​よう​に、もし​しんこう​の​​を​もって​​を​たい​しながら​こと​を​やしなおう​と​しなければ、あなたがた​は​けっして​いのち​の​​の​​を​る​こと​が​できない。

    41 ​しかし、あなたがた​が​こと​に​やしない​を​あたえよう​と​すれ​ば、つまり、その​​が​せいちょう​を​はじめる​とき​に、じょう​な​ねつ​と、忍耐にんたい​を​ともなう​しんこう​を​はたらかせて​その​​を​たい​しながら​やしない​を​あたえよう​と​すれ​ば、それ​は​く​で​あろう。そして​よ、それ​は​せいちょう​して​永遠えいえん​の​いのち​を​もたらす​​に​なる​で​あろう。

    42 ​あなたがた​は、こと​が​ぶん​の​なか​に​く​よう​に、ねつ​と​しんこう​と​忍耐にんたい​を​もって​それ​を​やしなう​ので、よ、やがて​その​​を​る​で​あろう。その​​は​もっとも​​が​あり、どんな​あまい​もの​より​も​あまく、どんな​しろい​もの​より​も​しろく、どんな​きよい​もの​より​も​きよい。また、あなたがた​は​ち​りる​まで​その​​を​べて、もう​える​こと​も、かわく​こと​も​ない​で​あろう。

    43 ​それで、わたし​の​同胞はらから​よ、その​とき​に​あなたがた​は、その​​が​あなたがた​の​ため​に​​を​むすぶ​の​を​ち​ながら​しめした、あなたがた​の​しんこう​と​ねつ​と​忍耐にんたい​と​寛容かんよう​の​むくい​を​れる​の​で​ある。」