アルマ書2


第2章

アムリサイ,おうになろうとするが,たみこえによりきょぜつされる。アムリサイにしたがものたち,アムリサイをおうにする。アムリサイじん,ニーファイじんせんそうけ,かされる。レーマンじんぐんたいとアムリサイじんぐんたいれんごうするが,かされる。アルマ,アムリサイをころす。げんぜんやく八十七ねん

1 さて,さばきつかさのとうだいねんはじめに,たみなかあらそいがこった。これは,アムリサイというおとこのためにこったものである。このおとこじょうこうかつおとこ,まことに,ぞくかんしていえばかしこおとこであり,かつてつるぎギデオンころし,ほうりつによってけいにされたおとこきょうだんぞくしていた。

2 さて,このアムリサイは,わるによっておおくのひとせてぶんにつかせた。そして,そのにんずうじょうおおかったので,かれらはおおいにせいりょくし,アムリサイをててたみおさめるおうにしようとしはじめた。

3 さて,これはきょうかいひとびとにとっても,また,アムリサイのせっとくせられなかったすべてのひとにとっても,ゆうりょすべきことであった。ほうりつによれば,このようなことはたみこえによってめなければならないということを,かれらはっていたからである。

4 したがって,もしたみるようなことになれば,アムリサイはじゃあくおとこであったので,きょうかいけんとっけんたみからうばつもりであった。かみきょうかいほろぼすことがかれもくてきであったからである。

5 さて,ひとびとくにいたところおのおのおもいのままに,アムリサイにかたするものはんたいするものかれてあつまり,そこには,ひどいろんそうおどろくほどのあらそられた。

6 このようにして,かれらはあつまってこのけんについてとうひょうし,そのとうひょうをさばきつかさたちのまえいた。

7 そして,たみこえはアムリサイにはんたいであったので,かれたみおさめるおうになれなかった。

8 さてこれは,かれはんたいであったひとびとにはおおいによろこばしいことであった。しかし,アムリサイはぶんこうせるものたちをせんどうし,ぶんこうせないひとびとたいしていかりをいだかせた。

9 そして,かれらはあつまり,アムリサイをぶんたちのおうにんじた。

10 さて,アムリサイはかれらをおさめるおうになると,同胞はらからたいしてるようにかれらにめいじた。かれたみぶんしたがわせようとして,このようにおこなったのである。

11 ところで,アムリサイのたみはアムリサイのべつされて,アムリサイじんばれ,のこりのものニーファイじん,すなわちかみたみばれた。

12 ニーファイじんはアムリサイじんって,かれらとたたかいをまじえるようをした。まことに,かれらはつるぎづきとうゆみ,またいしいしげ,そのほかあらゆるそうした。

13 このように,かれらはアムリサイじんめてたときのために,かれらとたたかいをまじえるようをした。また,にんずうおうじてたいちょうだいたいちょうれんたいちょうにんめいされた。

14 また,アムリサイもあらゆるぶんへいそうさせ,ぶんたみをつかさどるとうそつかんかんにんめいし,同胞はらからたたからせた。

15 そしてアムリサイじんは,ゼラヘムラののそばをながれるシドンがわひがしにあるアムナイフのおかにやってて,そこでニーファイじんたたかいをはじめた。

16 さて,アルマはニーファイのたみだいさばきつかさであり,そうとくであったので,ぶんたみとともに,すなわちたいちょうれんたいちょうたちとともに,まことにぐんたいひきいて,たたかうためにアムリサイじんかってった。

17 そして,かれらはシドンがわひがしおかでアムリサイじんころはじめた。しかし,アムリサイじんじょうちからでニーファイじんたたかったので,おおくのニーファイじんがアムリサイじんまえたおれた。

18 それでも,しゅがニーファイじんつよくされたので,かれらはアムリサイじんおおぜいころし,アムリサイじんかれらのまえからはじめた。

19 そこで,ニーファイじんしゅうじつアムリサイじんついげきし,おおくのものころしたので,アムリサイじんせんしゃは一まん二千五百三十二にんおよび,またニーファイじんせんしゃも六千五百六十二にんおよんだ。

20 そしてアルマは,もはやアムリサイじんついげきできなくなると,たみギデオンのたにてんまくらせた。このたには,ニーホルによってつるぎころされたあのギデオンにちなんでけられたところである。このたにで,ニーファイじんはそのてんまくった。

21 また,アルマはみっていつかわしてアムリサイじんのこりのものわせ,かれらのけいかくいんぼうろうとした。そうすることによって,かれらにたいするぼうかため,ぶんたみほろびるのをふせごうとしたのである。

22 さて,アムリサイじん宿しゅくえいをうかがうためにつかわされたのは,ゼラム,アムノル,マンタイ,リムハーというものたちであった。これらのものたちは,アムリサイじん宿しゅくえいをうかがうために,ぶんたちのへいれてかけた。

23 さて,そのよくじつかれらはおおいにおどろき,またひどくおそれて,ニーファイじん宿しゅくえいおおいそぎでかえってった。

24 「まことに,わたしたちはアムリサイじんぐんってきましたが,なんともおどろいたことに,ニーファイちゅうの,ゼラヘムラのかみたるマイノンので,レーマンじんたいぐんました。まことに,アムリサイじんかれらとれんごうしています。

25 そして,かれらはそのでわたしたちの同胞はらからおそい,同胞はらからちくれとさいれて,かれらのまえをわたしたちのまちしてげています。いそがなければかれらはわたしたちのまちせんりょうし,わたしたちのちちさいたちをころしてしまうことでしょう。」

26 そこでニーファイのたみてんまくたずさえ,ギデオンのたにて,ぶんたちのまちであるゼラヘムラまちかった。

27 そしてよ,かれらがシドンがわわたっていたときに,まるでうみすなのようにおびただしいレーマンじんとアムリサイじんが,かれらをほろぼそうとおそいかかってた。

28 にもかかわらず,ニーファイじんしゅによってつよくされ,またかれらがてきからすくされるようにとしゅねつれついのったので,しゅかれらのたんがんいてつよくしてくださり,レーマンじんとアムリサイじんかれらのまえたおれた。

29 さて,アルマはアムリサイと一たい一で,つるぎたたかった。かれらはたがいにはげしくたたかった。

30 そして,かみひとであったアルマは,つよしんこうされ,さけんでった。「おお,しゅよ,わたしをあわれんでいのちたすけ,わたしがあなたの使つかわれるものとなってこのたみすくい,まもることができるようにしてください。」

31 さて,アルマはこのようにえると,ふたたびアムリサイとたたかった。そして,アルマはつよくされたので,つるぎでアムリサイをころした。

32 かれはまたレーマンじんおうともたたかった。しかし,レーマンじんおうはアルマのまえからかえり,ぶんえいへいしてアルマとたたかわせた。

33 しかし,アルマはぶんえいへいとともにレーマンじんおうえいへいたたかい,ついにかれらをころし,またかえした。

34 このようにして,かれはそのの,いや,シドンがわ西にしきしさまたげとなるものをいっそうし,ころされたレーマンじんたいをシドンのみずんだ。そうすることによって,かれたみかわわたり,シドンがわ西にしがわでレーマンじんおよびアムリサイじんたたかしょられるようにしたのである。

35 さて,かれらがぜんいんかわわたえると,レーマンじんとアムリサイじんかぞれないほどおおぜいであったにもかかわらず,かれらのまえからはじめた。

36 そして,レーマンじんとアムリサイじんは,ニーファイじんまえから,さかいのはるかこう,西にしきたへとしたので,ニーファイじんちからかぎかれらをついげきしてころした。

37 まことに,かれらはいたところたたかいをまじえ,ころされ,われ,西にしきたへとらされて,ついにハーモンツといういた。そこはえたもうじゅうれをしてんでいるいちであった。

38 そしておおくのものは,しょうしていたためにそのに,それらのけものそらぶはげたかにわれてしまった。のちに,かれらのほねさがされて,じょうげられた。