アルマ書 2
脚注
テーマ

第​2​章

アムリサイ、おう​に​なろう​と​する​が、たみ​の​こえ​に​より​拒絶きょぜつ​される。アムリサイ​に​したがう​もの​たち、アムリサイ​を​おう​に​する。アムリサイ​じん、ニーファイじん​に​せんそう​を​け、ち​かされる。レーマンじん​の​ぐんたい​と​アムリサイ​じん​の​ぐんたい​が​連合れんごう​する​が、ち​かされる。アルマ、アムリサイ​を​ころす。げんぜんやく​八十七​ねん

1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい五​ねん​の​はじめ​に、たみ​の​なか​に​あらそい​が​こった。これ​は、アムリサイ​と​いう​おとこ​の​ため​に​こった​もの​で​ある。この​おとこ​は​じょう​に​こうかつ​な​おとこ、まことに、ぞく​の​​に​かんして​いえ​ば​かしこい​おとこ​で​あり、かつて​つるぎ​で​​ギデオン​を​ころし、ほうりつ​に​よって​けい​に​された​おとこ​の​教団きょうだん​に​ぞくして​いた。

2 ​さて、この​アムリサイ​は、わる​に​よって​おおく​の​ひと​を​せて​ぶん​に​つかせた。そして、その​人数にんずう​が​じょう​に​おおかった​ので、かれら​は​おおいに​勢力せいりょく​を​し、アムリサイ​を​てて​たみ​を​おさめる​おう​に​しよう​と​し​はじめた。

3 ​さて、これ​は​きょうかい​の​人々ひとびと​に​とって​も、また、アムリサイ​の​せっとく​に​せられなかった​すべて​の​ひと​に​とって​も、ゆうりょ​す​べき​こと​で​あった。ほうりつ​に​よれ​ば、この​よう​な​こと​は​たみ​の​こえ​に​よって​め​なければ​ならない​と​いう​こと​を、かれら​は​って​いた​から​で​ある。

4 ​したがって、もし​たみ​の​​を​る​よう​な​こと​に​なれ​ば、アムリサイ​は​じゃあく​な​おとこ​で​あった​ので、きょうかい​の​けん​と​とっけん​を​たみ​から​うばう​つもり​で​あった。かみ​の​きょうかい​を​ほろぼす​こと​が​かれ​の​もくてき​で​あった​から​で​ある。

5 ​さて、人々ひとびと​は​くに​の​いたる​ところ​で​各々おのおのおもい​の​まま​に、アムリサイ​に​かた​する​もの​と​反対はんたい​する​もの​が​かれて​あつまり、そこ​に​は、ひどい​ろんそう​と​おどろく​ほど​の​あらそい​が​られた。

6 ​この​よう​に​して、かれら​は​あつまって​この​けん​に​ついて​投票とうひょう​し、その​投票とうひょう​を​さばきつかさ​たち​の​まえ​に​いた。

7 ​そして、たみ​の​こえ​は​アムリサイ​に​反対はんたい​で​あった​ので、かれ​は​たみ​を​おさめる​おう​に​なれなかった。

8 ​さて​これ​は、かれ​に​反対はんたい​で​あった​人々ひとびと​に​は​おおいに​よろこばしい​こと​で​あった。しかし、アムリサイ​は​ぶん​に​こう​を​せる​もの​たち​を​せんどう​し、ぶん​に​こう​を​せない​人々ひとびと​に​たいして​いかり​を​いだかせた。

9 ​そして、かれら​は​あつまり、アムリサイ​を​ぶん​たち​の​おう​に​にんじた。

10 ​さて、アムリサイ​は​かれら​を​おさめる​おう​に​なる​と、同胞はらから​に​たいして​​を​る​よう​に​かれら​に​めいじた。かれ​は​たみ​を​ぶん​に​したがわせよう​と​して、この​よう​に​おこなった​の​で​ある。

11 ​ところで、アムリサイ​の​たみ​は​アムリサイ​の​​で​べつ​されて、​アムリサイ​じん​と​ばれ、のこり​の​もの​は​​ニーファイじん、すなわち​かみ​の​たみ​と​ばれた。

12 ​ニーファイじん​は​アムリサイ​じん​の​​を​って、かれら​と​たたかい​を​まじえる​よう​を​した。まことに、かれら​は​つるぎ​と​づきとうゆみ​と​、また​いし​と​いしげ、その​ほか​あらゆる​​で​そう​した。

13 ​この​よう​に、かれら​は​アムリサイ​じん​が​めて​た​とき​の​ため​に、かれら​と​たたかい​を​まじえる​よう​を​した。また、人数にんずう​に​おうじて​隊長たいちょう​と​だい隊長たいちょう連隊長れんたいちょう​が​にんめい​された。

14 ​また、アムリサイ​も​あらゆる​​で​ぶん​の​へい​を​そう​させ、ぶん​の​たみ​を​つかさどる​統率とうそつかん​と​かん​を​にんめい​し、同胞はらから​と​たたかう​​を​らせた。

15 ​そして​アムリサイ​じん​は、​ゼラヘムラ​の​​の​そば​を​ながれる​​シドン​がわ​の​ひがし​に​ある​アムナイフ​の​おか​に​やって​て、そこ​で​ニーファイじん​と​たたかい​を​はじめた。

16 ​さて、アルマ​は​ニーファイ​の​たみ​の​だい​さばきつかさ​で​あり、そうとく​で​あった​ので、ぶん​の​たみ​と​ともに、すなわち​隊長たいちょう​や​連隊長れんたいちょう​たち​と​ともに、まことに​ぐんたい​を​ひきいて、たたかう​ため​に​アムリサイ​じん​に​かって​った。

17 ​そして、かれら​は​シドン​がわ​の​ひがし​の​おか​で​アムリサイ​じん​を​ころし​はじめた。しかし、アムリサイ​じん​が​じょう​な​ちから​で​ニーファイじん​と​たたかった​ので、おおく​の​ニーファイじん​が​アムリサイ​じん​の​まえ​に​たおれた。

18 ​それでも、しゅ​が​ニーファイじん​の​​を​つよく​された​ので、かれら​は​アムリサイ​じん​を​おおぜいころし、アムリサイ​じん​は​かれら​の​まえ​から​げ​はじめた。

19 ​そこで、ニーファイじん​は​しゅうじつ​アムリサイ​じん​を​追撃ついげき​し、おおく​の​もの​を​ころした​ので、アムリサイ​じん​の​せんしゃ​は​一まん二千五百三十二​にん​に​および、また​ニーファイじん​の​せんしゃ​も​六千五百六十二​にん​に​およんだ。

20 ​そして​アルマ​は、もはや​アムリサイ​じん​を​追撃ついげき​できなく​なる​と、たみ​に​​ギデオン​の​たに​で​てんまく​を​らせた。この​たに​は、​ニーホル​の​​に​よって​つるぎ​で​ころされた​あの​ギデオン​に​ちなんで​けられた​ところ​で​ある。この​たに​で、ニーファイじん​は​その​てんまく​を​った。

21 ​また、アルマ​は​密偵みってい​を​つかわして​アムリサイ​じん​の​のこり​の​もの​を​わせ、かれら​の​けいかく​と​陰謀いんぼう​を​ろう​と​した。そう​する​こと​に​よって、かれら​に​たいする​ぼう​を​かため、ぶん​の​たみ​が​ほろびる​の​を​ふせごう​と​した​の​で​ある。

22 ​さて、アムリサイ​じん​の​宿しゅくえい​を​うかがう​ため​に​つかわされた​の​は、ゼラム、アムノル、マンタイ、リムハー​と​いう​​の​もの​たち​で​あった。これら​の​もの​たち​は、アムリサイ​じん​の​宿しゅくえい​を​うかがう​ため​に、ぶん​たち​の​へい​を​れて​かけた。

23 ​さて、その​よくじつかれら​は​おおいに​おどろき、また​ひどく​おそれて、ニーファイじん​の​宿しゅくえい​に​おおいそぎ​で​かえって​て​った。

24 「まことに、わたしたち​は​​アムリサイ​じん​の​ぐん​を​って​き​ました​が、なんとも​おどろいた​こと​に、​ニーファイ​の​​へ​く​ちゅう​の、ゼラヘムラ​の​​の​かみ​に​たる​マイノン​の​​で、レーマンじん​の​大軍たいぐん​を​​ました。まことに、アムリサイ​じん​は​かれら​と​連合れんごう​して​います。

25 ​そして、かれら​は​その​​で​わたしたち​の​同胞はらから​を​おそい、同胞はらから​は​ちく​の​れ​と​さい​を​れて、かれら​の​まえ​を​わたしたち​の​まち​を​して​げて​います。いそがなければ​かれら​は​わたしたち​の​まち​を​占領せんりょう​し、わたしたち​の​ちち​と​さい​たち​を​ころして​しまう​こと​でしょう。」

26 ​そこで​ニーファイ​の​たみ​は​てんまく​を​たずさえ、ギデオン​の​たに​を​て、ぶん​たち​の​まち​で​ある​​ゼラヘムラ​の​まち​へ​かった。

27 ​そして​よ、かれら​が​シドン​がわ​を​わたって​いた​とき​に、まるで​う み​の​すな​の​よう​に​​おびただしい​レーマンじん​と​アムリサイ​じん​が、かれら​を​ほろぼそう​と​おそい​かかって​た。

28 ​に​も​かかわらず、ニーファイじん​は​しゅ​の​​に​よって​つよく​され、また​かれら​が​てき​の​​から​すくい​される​よう​に​と​しゅ​に​熱烈ねつれつ​に​いのった​ので、しゅ​は​かれら​の​嘆願たんがん​を​いて​つよく​して​くださり、レーマンじん​と​アムリサイ​じん​は​かれら​の​まえ​に​たおれた。

29 ​さて、アルマ​は​アムリサイ​と​一​たい​一​で、つるぎ​で​たたかった。かれら​は​たがいに​はげしく​たたかった。

30 ​そして、かみ​の​ひと​で​あった​アルマ​は、つよい​しんこう​に​​され、さけんで​った。「おお、しゅ​よ、わたし​を​あわれんで​いのち​を​たすけ、わたし​が​あなた​の​​に​使つかわれる​もの​と​なって​この​たみ​を​すくい、まもる​こと​が​できる​よう​に​して​ください。」

31 ​さて、アルマ​は​この​よう​に​い​える​と、ふたたび​アムリサイ​と​たたかった。そして、アルマ​は​つよく​された​ので、つるぎ​で​アムリサイ​を​ころした。

32 かれ​は​また​レーマンじん​の​おう​と​も​たたかった。しかし、レーマンじん​の​おう​は​アルマ​の​まえ​から​げ​かえり、ぶん​の​衛兵えいへい​を​して​アルマ​と​たたかわせた。

33 ​しかし、アルマ​は​ぶん​の​衛兵えいへい​と​ともに​レーマンじん​の​おう​の​衛兵えいへい​と​たたかい、ついに​かれら​を​ころし、また​かえした。

34 ​この​よう​に​して、かれ​は​その​​の、いや、シドン​がわ​の​西にし​の​きし​の​さまたげ​と​なる​もの​を​いっそう​し、ころされた​レーマンじん​の​たい​を​シドン​の​みず​に​んだ。そう​する​こと​に​よって、かれ​の​たみ​が​かわ​を​わたり、シドン​がわ​の​西側にしがわ​で​レーマンじん​および​アムリサイ​じん​と​たたかう​しょ​を​られる​よう​に​した​の​で​ある。

35 ​さて、かれら​が​ぜんいんかわ​を​わたり​える​と、レーマンじん​と​アムリサイ​じん​は​かぞえ​れない​ほど​おおぜい​で​あった​に​も​かかわらず、かれら​の​まえ​から​げ​はじめた。

36 ​そして、レーマンじん​と​アムリサイ​じん​は、ニーファイじん​の​まえ​から、さかい​の​​の​はるか​こう、西にし​と​きた​の​​へ​と​した​ので、ニーファイじん​は​ちから​の​かぎり​かれら​を​追撃ついげき​して​ころした。

37 ​まことに、かれら​は​いたる​ところ​で​たたかい​を​まじえ、ころされ、われ、西にし​へ​きた​へ​と​らされて、ついに​ハーモンツ​と​いう​​に​き​いた。そこ​は​えた​もうじゅう​が​れ​を​して​んで​いる​​の​いち​で​あった。

38 ​そして​おおく​の​もの​は、しょう​して​いた​ため​に​その​​で​に、それら​の​けもの​や​そら​を​ぶ​はげたか​に​われて​しまった。のち​に、かれら​の​ほね​が​さがし​されて、じょう​に​げられた。