アルマ書21


アロンとミュロカイとかれらのどうりょうたちがレーマンじんおしえをいたことについてのはなし

つぎだい二十一-二十五しょうがそれにそうとうする。

第21章

アロン,アマレカイじんにキリストとキリストのしょくざいについておしえる。アロンとかれどうりょうたち,ミドーナイでとうごくされる。アロンたち,かいほうされたのちかいどうおしえ,おおくのひとかいしゅうさせる。ラモーナイ,イシマエルのひとびとしんきょうゆうみとめる。げんぜんやく九十ねんから七十七ねんいたる。

1 さて,アンモンとかれどうりょうたちがレーマンじんくにさかいでそれぞれわかれたとき,よ,アロンは,レーマンじんがエルサレムとけたしてたびをした。そこはかれらのせんまれたにちなんでけられたところで,はるかとおくモルモンのさかいせっしていた。

2 レーマンじんとアマレカイじんアミュロンたみは,そこにおおきなまちきずき,エルサレムとけた。

3 ところで,レーマンじんはもともとそうとうにかたくなであったが,アマレカイじんとアミュロンじんはことのほかかたくなであったので,かれらはレーマンじんこころをさらにかたくなにさせ,あくまわしいおこないにふけるようにさせた。

4 さて,アロンはエルサレムのまちくと,さいしょにアマレカイじんおしえをはじめた。アロンはかれらのかいどうおしえをはじめたが,それはかれらがニーホルきょうだんかいどういくつもてていたからである。アマレカイじんとアミュロンじんおおくがニーホルのきょうだんぞくしていたのであった。

5 そこでアロンが,ひとびとおしえをくために,かれらのかいどうの一つにはいってかれらにかたっていたときに,よ,一人ひとりのアマレカイじんがり,アロンとろんはじめた。「おまえがあかししたのはなんのことだ。おまえはてん使ったのか。なぜてん使われわれにもあらわれないのか。よ,このたみはおまえのたみよりもくないとうのか。

6 おまえはまた,われわれあらためないかぎりほろびるとったが,どうしておまえにわれわれこころおもいとこころざしかるのか。われわれあらためなければならないゆうがあることがどうしておまえにかるのか。われわれにかなったたみでないことがどうしておまえにかるのか。よ,われわれせいどうてたし,かみれいはいするためにあつまっている。われわれは,かみがすべてのひとすくわれることをしんじている。」

7 そこでアロンはかれに,「あなたは,かみおんじんるいつみからあがなうためにられるということをしんじていますか」とたずねた。

8 するとそのひとはアロンにった。「われわれは,おまえにそのようなことがかるとはしんじない。われわれはそのようなおろかなつたえはしんじない。また,おまえにしょうらいのことがかるともしんじないし,おまえのせんわれわれせんが,ぶんたちがかたったしょうらいのことについてかっていたとはしんじない。」

9 そこでアロンは,キリストのらいりんしゃふっかつについてのせいぶんかれらにせつめいし,キリストのくるしみと,キリストのによるしょくざいによるほかに,じんるいのためのあがないはありないことをはなはじめた。

10 そして,アロンがこれらのことをかれらにかしたところ,かれらはアロンにいかりをしめし,またかれをあざけりはじめた。そして,かれらはかれかたことこうとしなかった。

11 そこでアロンは,かれらがぶんことこうとしないのをて,かいどうり,アナイ・アンタイとばれているむらおとずれた。そこでかれは,ひとびとことつたえていたミュロカイにい,またアンマとかれどうりょうたちにった。それからかれらは,ことについておおくのひとろんった。

12 そしてかれらは,ひとびとこころをかたくなにするのをて,そこをり,ミドーナイのおとずれた。そしてかれらは,おおくのひとことつたえ,わずかなひとかれらのおしえたことしんじた。

13 にもかかわらず,アロンとかれどうりょうたちのなかすうにんは,らえられてろうれられた。また,のこりのどうりょうたちは,ミドーナイのからしゅうへんのがれてった。

14 そして,ろうれられたひとびとおおくのくるしみけたが,のちにラモーナイとアンモンのによってすくされた。そして,べるものものあたえられたのである。

15 それから,かれらはことらせるためにふたたった。かれらがはじめてろうからすくされただいじょうのとおりであり,かれらがくるしんだだいじょうのとおりである。

16 そしてかれらは,しゅたまみちびかれるところへならばどこへでもき,かれらがはいることのできたアマレカイじんのすべてのかいどうで,またレーマンじんのすべてのしゅうかいで,かみことつたえた。

17 そこで,しゅかれらにしゅくふくさずけてくださるようになり,かれらはおおくのひとしんらせることができた。すなわち,かれらはおおくのひとに,かくつみのあることと,かれらのせんつたえがただしくないことをなっとくさせた。

18 そして,アンモンとラモーナイは,ミドーナイのからラモーナイとかれたみぎのであるイシマエルのかえった。

19 ラモーナイおうは,アンモンをぶんつかえさせようとせず,ぶんしもべでいることをゆるそうとしなかった。

20 またおうは,イシマエルのいくつものかいどうてさせた。またかれぶんたみ,すなわちぶんとうにあるひとびとをともにあつめさせた。

21 そこでかれは,あつまったひとびとよろこび,かれらにおおくのことをおしえた。また,かれらがぶんもとにあるたみであることと,ぶんちちであるおうあっせいけないゆうたみであることをかれらにらせた。ラモーナイおうちちかれに,イシマエルのとそのしゅうへんぜんにいるひとびとおさめることをみとめたからである。

22 ラモーナイおうはまた,ぶんとうにあるであればどこででも,ぶんたちののぞむままに,しゅなるぶんたちのかみれいはいするゆうかれらにあることをらせた。

23 そしてアンモンは,ラモーナイおうたみおしえをいた。かれは,にかかわることについてあらゆることがらたみおしえた。アンモンはちからかぎかれらにすすめ,またかれらはかれことこころめて,ねっしんかみいましめをまもった。