アルマ書 21
脚注
テーマ

アロン​と​ミュロカイ​と​かれら​の​どうりょう​たち​が​レーマンじん​に​おしえ​を​いた​こと​に​ついて​の​はなし

つぎ​の​だい​二十一-二十六​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

第​21​章

アロン、アマレカイ​じん​に​キリスト​と​キリスト​の​贖罪しょくざい​に​ついて​おしえる。アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち、ミドーナイ​で​とうごく​される。アロン​たち、かいほう​された​のち会堂かいどう​で​おしえ、おおく​の​ひと​を​改宗かいしゅう​させる。ラモーナイ、イシマエル​の​​の​人々ひとびと​に​信教しんきょう​の​ゆう​を​みとめる。げんぜんやく​九十​ねん​から​七十七​ねん​に​いたる。

1 ​さて、アンモン​と​かれ​の​どうりょう​たち​が​レーマンじん​の​くに​の​さかい​で​それぞれ​わかれた​とき、アロン​は、レーマンじん​が​エルサレム​と​けた​​を​して​たび​を​した。そこ​は​かれら​の​せん​の​まれた​​に​ちなんで​けられた​ところ​で、はるか​とおく​モルモン​の​​と​さかい​を​せっして​いた。

2 ​レーマンじん​と​アマレカイ​じん​と​​アミュロン​の​たみ​は、そこ​に​おおきな​まち​を​きずき、エルサレム​と​けた。

3 ​ところで、レーマンじん​は​もともと​そうとう​に​かたくな​で​あった​が、アマレカイ​じん​と​アミュロン​じん​は​ことのほか​かたくな​で​あった​ので、かれら​は​レーマンじん​の​こころ​を​さらに​かたくな​に​させ、あく​と​まわしい​おこない​に​ふける​よう​に​させた。

4 ​さて、アロン​は​エルサレム​の​まち​に​く​と、さいしょ​に​アマレカイ​じん​に​おしえ​を​き​はじめた。アロン​は​かれら​の​会堂かいどう​で​おしえ​を​き​はじめた​が、それ​は​かれら​が​​ニーホル​の​教団きょうだん​の​会堂かいどう​を​いくつ​も​てて​いた​から​で​ある。アマレカイ​じん​と​アミュロン​じん​の​おおく​が​ニーホル​の​教団きょうだん​に​ぞくして​いた​の​で​あった。

5 ​そこで​アロン​が、人々ひとびと​に​おしえ​を​く​ため​に、かれら​の​会堂かいどう​の​一つ​に​はいって​かれら​に​かたって​いた​とき​に、ひと​の​アマレカイ​じん​が​がり、アロン​と​ろんじ​はじめた。「おまえ​が​あかし​した​の​は​なんの​こと​だ。おまえ​は​てん使​に​った​の​か。なぜ​てん使​は​我々われわれ​に​も​あらわれない​の​か。この​たみ​は​おまえ​の​たみ​より​も​くない​と​う​の​か。

6 ​おまえ​は​また、我々われわれ​が​あらためない​かぎり​ほろびる​と​った​が、どうして​おまえ​に​我々われわれ​の​こころ​の​おもい​と​こころざし​が​かる​の​か。我々われわれ​に​あらため​なければ​ならない​ゆう​が​ある​こと​が​どうして​おまえ​に​かる​の​か。我々われわれ​が​​に​かなった​たみ​で​ない​こと​が​どうして​おまえ​に​かる​の​か。よ、我々われわれ​は​聖堂せいどう​を​てた​し、かみ​を​れいはい​する​ため​に​あつまって​いる。我々われわれ​は、かみ​が​すべて​の​ひと​を​すくわれる​こと​を​しんじて​いる。」

7 ​そこで​アロン​は​かれ​に、「あなた​は、かみ​の​おん​が​じんるい​を​つみ​から​あがなう​ため​に​られる​と​いう​こと​を​しんじて​います​か」と​たずねた。

8 ​すると​その​ひと​は​アロン​に​った。「我々われわれ​は、おまえ​に​その​よう​な​こと​が​かる​と​は​しんじない。我々われわれ​は​その​よう​な​おろか​な​つたえ​は​しんじない。また、おまえ​に​将来しょうらい​の​こと​が​かる​と​も​しんじない​し、おまえ​の​せん​と​我々われわれ​の​せん​が、ぶん​たち​が​かたった​将来しょうらい​の​こと​に​ついて​かって​いた​と​は​しんじない。」

9 ​そこで​アロン​は、キリスト​の​らいりん​と​しゃ​の​ふっかつ​に​ついて​の​聖文せいぶん​を​かれら​に​説明せつめい​し、キリスト​の​​と​くるしみ​と、キリスト​の​​に​よる​贖罪しょくざい​に​よる​ほか​に、じんるい​の​ため​の​あがない​は​​ありない​こと​を​はなし​はじめた。

10 ​そして、アロン​が​これら​の​こと​を​かれら​に​かした​ところ、かれら​は​アロン​に​いかり​を​しめし、また​かれ​を​あざけり​はじめた。そして、かれら​は​かれ​の​かたる​こと​を​こう​と​しなかった。

11 ​そこで​アロン​は、かれら​が​ぶん​の​こと​を​こう​と​しない​の​を​て、会堂かいどう​を​り、アナイ・​アンタイ​と​ばれて​いる​むら​を​おとずれた。そこ​で​かれ​は、人々ひとびと​に​こと​を​べ​つたえて​いた​ミュロカイ​に​い、また​アンマ​と​かれ​の​どうりょう​たち​に​った。それから​かれら​は、こと​に​ついて​おおく​の​ひと​と​ろんじ​った。

12 ​そして​かれら​は、人々ひとびと​が​こころ​を​かたくな​に​する​の​を​て、そこ​を​り、ミドーナイ​の​​を​おとずれた。そして​かれら​は、おおく​の​ひと​に​こと​を​べ​つたえ、わずか​な​ひと​が​かれら​の​おしえた​こと​を​しんじた。

13 ​に​も​かかわらず、アロン​と​かれ​の​どうりょう​たち​の​なか​の​すうにん​は、らえられて​ろう​に​れられた。また、のこり​の​どうりょう​たち​は、ミドーナイ​の​​から​周辺しゅうへん​の​​へ​のがれて​った。

14 ​そして、ろう​に​れられた​人々ひとびと​は​おおく​の​くるしみ​を​けた​が、のち​に​ラモーナイ​と​アンモン​の​​に​よって​すくい​された。そして、べる​もの​と​る​もの​を​あたえられた​の​で​ある。

15 ​それから、かれら​は​こと​を​げ​らせる​ため​に​ふたたび​て​った。かれら​が​はじめて​ろう​から​すくい​された​だい​は​じょう​の​とおり​で​あり、かれら​が​くるしんだ​だい​も​じょう​の​とおり​で​ある。

16 ​そして​かれら​は、しゅ​の​たま​に​みちびかれる​ところ​へ​なら​ば​どこ​へ​で​も​き、かれら​が​はいる​こと​の​できた​アマレカイ​じん​の​すべて​の​会堂かいどう​で、また​レーマンじん​の​すべて​の​集会しゅうかい​で、かみ​の​こと​を​べ​つたえた。

17 ​そこで、しゅ​が​かれら​に​しゅくふく​を​さずけて​くださる​よう​に​なり、かれら​は​おおく​の​ひと​に​しん​を​らせる​こと​が​できた。すなわち、かれら​は​おおく​の​ひと​に、かく​に​つみ​の​ある​こと​と、かれら​の​せん​の​つたえ​が​ただしくない​こと​を​なっとく​させた。

18 ​そして、アンモン​と​ラモーナイ​は、ミドーナイ​の​​から​ラモーナイ​と​かれ​の​たみ​の​ぎ​の​​で​ある​イシマエル​の​​へ​かえった。

19 ​ラモーナイ​おう​は、アンモン​を​ぶん​に​つかえ​させよう​と​せず、ぶん​の​しもべ​で​いる​こと​を​ゆるそう​と​しなかった。

20 ​また​おう​は、イシマエル​の​​に​いくつ​も​の​会堂かいどう​を​て​させた。また​かれ​は​ぶん​の​たみ、すなわち​ぶん​の​とう​に​ある​人々ひとびと​を​ともに​あつめ​させた。

21 ​そこで​かれ​は、あつまった​人々ひとびと​を​て​よろこび、かれら​に​おおく​の​こと​を​おしえた。また、かれら​が​ぶん​の​もと​に​ある​たみ​で​ある​こと​と、ぶん​の​ちち​で​ある​おう​の​圧制あっせい​を​けない​ゆう​の​たみ​で​ある​こと​を​かれら​に​げ​らせた。ラモーナイ​おう​の​ちち​が​かれ​に、イシマエル​の​​と​その​周辺しゅうへん​の​ぜん​に​いる​人々ひとびと​を​おさめる​こと​を​みとめた​から​で​ある。

22 ​ラモーナイ​おう​は​また、ぶん​の​とう​に​ある​​で​あれ​ば​どこ​で​で​も、ぶん​たち​の​のぞむ​まま​に、しゅ​なる​ぶん​たち​の​かみ​を​れいはい​する​ゆう​が​かれら​に​ある​こと​を​げ​らせた。

23 ​そして​アンモン​は、ラモーナイ​おう​の​たみ​に​おしえ​を​いた。かれ​は、​に​かかわる​こと​に​ついて​あらゆる​ことがら​を​たみ​に​おしえた。アンモン​は​ちから​の​かぎり​かれら​に​き​すすめ、また​かれら​は​かれ​の​こと​を​こころ​に​めて、熱心ねっしん​に​かみ​の​いましめ​を​まもった。